2016.12.13(火)高田馬場AREA

平成維新 拓 presents

『平成revolution party 2016-東京編-』


OPEN 17:00 / START 17:30

前売り:3,500(D代別) / 当日4,000(D代別)


出演

・PERESTROIKA

・ギガマウス

・N@H-ノア-

・More

・貘-baku-

・mitsu


チケット発売

イープラス10/16~

http://pinoko.eplus.jp/eplus/eplus.jp/m/msys/T1U55P0010843P006001P002206082P0030001


お問い合わせ

高田馬場AREA

TEL 03-3361-1069 





オレは正直、一日復活とか一度辞めたバンドの復活に関して興味は無いです。






だからNEGAというバンドは自分の中で、とても大切ではあるけれど、そのバンドを復活したいとは思わない。






それこそ、メンバー全員のレベルが上がって、過去のNEGAよりも上のモノを見せれると言うのであれば話は別だけれど。






今回、YUKKIEからこの拓のイベントのオファーを貰って、最初大阪公演は元 UNDER CODEのメンツとセッションをやってくれないかと言われたんです。






自分の中では凄い悩んだけれど、オレは知る人ぞ知る「セッション嫌い」の人間で、他人の曲を歌うことに意味を見出せないと歌いたくない人間だから。






そんな中、拓のブログを読んでいて、アイツはPERESTROIKA (ネガメンバーでやった裏バンド)を見たがっていたのに、ちゃんと見てもらったことがなかったことに気付いて、オレからメンバーに声を掛けました。






結果、メンバーのスケジュール的に東京での出演になったけれど






PERESTROIKA」というバンドの活動については、今でも自分の中で後悔と成長の想いのあるバンドです。






確実にこのバンドを経たことにより、「NEGA」というバンドが進化した その代償に「ネガ」というバンドを愛してくれたファンを傷付けた。






今更どうこう言ってどうにかなることでもないのだけれど、やっぱり自分の人生において、色んな節目となるバンドだったと思う。







PERESTROIKAの始動には、確実に拓や平成維新メンバーと話したりして、「新しいことへの挑戦」と言う意識が芽生えたからだと思う。






拓はそのバンドを見たがっていた。






けれどそのバンドのLIVEを直接見せることは叶わなかった。






拓のブログを改めて読んでみて、オレは拓にPERESTROIKA というバンドを見て欲しいと思った。






これは自己満足かもしれないけれど、PERESTROIKAを経て復活した NEGAはかなり自分の理想へと近い形に進化したと思う。






そして今現在、THE BLACK SWANでも遠回りしたけれど、最近になってやっとその理想の形に近付きつつあると思う。






それは自分の人生において「PERESTROIKA=再構築」を経たから。






だからこそ、拓の誕生日のこのイベントで、拓が聴きたがっていたPERESTROIKAというバンドをやる意味があるのかなと。






きっとその日のステージに立つまでその真意は理解らない。






でもきっと良い空気感で出来ると信じてる。






きっとオレらのステージを見た拓が、嫉妬すると信じてる。






そんな想いでこのステージに立つよ。






THE BLACK SWANPERESTROIKA共に拓を驚かしてやろう。