ネ(しめすへん)!に、兄!祝い!
ということで、ミイラズのベストアルバムと ニューミニアルバムが発売されました。炎メラメラ!

なんだか最近はSNSの情報過多がすごいようで、自分のインスタやらツイッターやらで
「発売しまーす」、「ツアーやりまーす」と言っても、ファンの方々に気づいてもらえないことが多いみたいです…。
それだけプロモーションが大事だということだと思います。好きな方にすら届けるのが以外と難しいという。

確かに自分にも思い当たるところがあります。あれ?発売してんのこれ!?みたいな。
生活してるとそれだけのことを考えてる暇ないですからね。SNSはそういう意味ではすごく便利なんですが、
便利すぎてそれに頼ると全然探さなくなっているっていう…。おそロシア!そんな経験ございませんか?

なのでしつこくSNSで発売したことを連呼していますが、発売週間だけなんで我慢しろ。
もう知ってるようぜーなーとか思っても我慢しろ。俺だってやりたくないことやってんだ!てめーらも我慢しろ!
知らない人のためにしっこくしっこくやってるわけです。すいませんねほんと。お付き合いください。

さて、以前軽く書きました(10周年は11年目ってタイトルの記事)がベストアルバムとミニアルバムの解説をしましょうかね。

まずさらっとベストアルバム。
こないだも書きましたがマスタリングしなおしてます。
以前の音源を持ってる方でも買って損なし!音がちゃんと立派になって育って…。ほんとに…。という感じです。
レコーディングをしなおしてるわけではないし、MIXをし直してるわけではないので、音は同じなんですが、
リマスタリングってやつですね、これをするとより現代的になります。しっかりします。結果違う音になります。
特に初期の音源はガラッと変わりました。言うたら10年前の音ですからね。もちろん今でもしっかり聞ける作品だと自信はありますが、それをよりわかりやすく今の音にしてもらっています。それがリマスタリング!

今までの作品を持ってる方はそこらへんの違いも楽しんで欲しいなと思います。

選曲に関しては40曲収録で、ミイラズらしくCD収録時間目一杯入れようという企画でした。
しかしそれでも入れたい曲が溢れてしまっています。惜しくも今回ベストに入らなかった曲があって…。なかなか難しいですねベストアルバム。まぁ初ベストなので、とりあえずは10年の歴史をこの一枚(二枚組ですけど)で楽しんでもらえれば幸いです。


次にミニアルバム。
今回はEDM以降のポップミュージックを目指しました。実にミイラズらしい新しいことにチャレンジした作品になっています。
全然ミイラズじゃねーじゃん!なんて声が聞こえてくるかもしれません。でも僕はこれこそがミイラズだなと確信しています。

今、アメリカではEDMが流行り、その次の時代が到来しています。
EDMがポップミュージックで当たり前に使われるようになり、EDMというジャンルがよりポップにキャッチーにわかりやすく変化しました。

それを聞いた僕は、これは新しいぞ!!と思いました。そして同時にEDMというジャンルを超えて新たなポップミュージックの形が見えました。これはもうEDMじゃないです。その先のポップミュージックです。
特に新しいなと感じた要素は、「サビであんまり歌わない」ってことです。まぁ洋楽では「サビ」って言わないですけどね。
一番盛り上がる部分で、「歌わない」っていう。めっちゃクール。でもちゃんと盛り上がる。
これはEDMの一番盛り上がる部分をうまいこと利用してる感があります。ジャスティンビーバーのソーリーとか聞いてもらえれば分かると思います。「ソーリー」しか歌ってないのにこのサビ感!みたいな。めちゃくちゃ新しいっす。
音像だけでなく、歌の形も変わったなと思いました。ポップスの進化を感じました。
Aメロとかもね、言葉数がただ多いだけではなく、リズム時代が新しくなりました。これもかなり新しい風だなと思います。

一昔前はアメリカのポップミュージックは、正直別に聞かなくてもいいかなって思う感じでした。
しかし近年は違います。ヴァンパイアウィークエンドがカーリーレイジェプセンの曲提供をしていたり、ビヨンセとジャックホワイトがコラボしたり、ジェイムスブレイクも参加してますよね。アメリカのドメジャーのアーティストがそういう風にトラック制作に新たな風を起こしている状況です。そんな中でEDMのDJ達がポップなトラック制作を始めています。ジャスティンビーバーの新作が代表的ですね。そして、メジャーレイザーというアーティストをご存知ですか?
メジャーレイザーは結構前から好きでEDMっていうか新しいレゲエアーティストっていう印象だったんですが、近年ポップソングのプロデュースをするようになってからヤバいです。特にメンバーのディプロが関わっている楽曲はどれも素晴らしい。
ディプロはもともとMIAのトラックメイカーで、かなりハイセンスな音楽を作っていました。近年、ジャスティンビーバーやMØのトラックを制作していますが、かなり新しい。
メジャーレイザー名義でのLean Onという曲は日本でもご存知の方がいるんじゃないでしょうか。この辺の流れはかなり新しい風だなと感じています。ポップソングの新たな形を感じることができます。この曲も一番盛り上がるところで「歌わない。」

ミイラズとしてはこういう新たな風に乗っからない手はないと思います。ここでこの流れに乗らなければ音楽の作り手として大馬鹿ものだと僕は思います。

ミイラズというイメージや、バンドの方向性とか、ファンの好きなジャンル、求められているもの、など、僕の思考を惑わすものが沢山ありました。本当にこの曲をリリースすることが今のミイラズのやるべきことなのか?という迷いはやはりありました。
しかし、テイムインパラがインタビューで「これだけの期待がある中で作曲をするときにプレッシャーはないか?」と聞かれたことに対し、「楽曲の制作中は、周りのすべてのものをシャットダウンして曲作りをする。そうじゃないと曲なんて作れないよ。」という発言をしていたので、ごもっともだなと思った。

確かに、ファンの期待に応えたいと僕は思うし、ファンが望んでないものをリリースして結果嫌われてしまう、というのもすごく怖い。
だからリリースするときはいつも不安。でも、じゃあ望まれているからって、今自分がやりたくないことをするのはどうなんだろう。
それこそファンへの裏切りなんじゃないか?とも思う。しかもやりたくないことを我慢してやるためにミュージシャンになったのか俺は?とも思う。やりたいからこそこの仕事に憧れてきたわけだし、こんなことじゃ本末転倒じゃないかと。

カートコバーンも言ってたよね。
「嘘の自分を好かれるより、ほんとの自分を嫌われた方がいい」って。おいおいかっこよすぎだろ…。

確かに目的は「売れる」ためです。僕は売れるためにこのバンドをやっています。いろんなインタビューでそう発言してきました。でも「売れたい」のは金のためじゃなく、音楽を続けるためです。
福山雅治さんが言ってました。「大好きな音楽を続けるためにどんな方法でもいいから売れるしかない、まず売れないとダメだ、という選択肢を選んだ。」と。僕もそう思います。そう思ってここまで活動してきました。
売れる気がしないことをやり続ける意味はよくわからない。もっと上をミイラズは目指さなくてはいけない。

固定ファンがある程度いるから、ある程度の儲けができて、食っていけるからファンを裏切らなければ食っていける。
だから人気のある曲に似たような作品を作り続けよう。
そんな考えはあかん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
それが最大のファンへの裏切りです。

10年やってるので、「ミイラズってこうだよね」っていうイメージはどうしてもあります。
「言葉数が多い」「攻撃的」とかそんなのが代表的なのかな。
でもそれが時代に置いていかれているものだったら?ただ古いだけのものになってしまっていたら?
それは音楽の作り手をして一番怖いです。

僕は今回の作品は2020年あたり日本で当たり前に鳴り始めるんじゃないかなって思ってます。
だから確かに早すぎるのかもしれません。でも今自分がやりたいことはこれなんだっていう気持ちだけで作りました。
それは一番最初のアルバムを作ったときの気持ちにかなり近いです。

日本では空前のバンドブームって感じが僕はしています。
若手がどんどん出てきては、あっという間にZeppクラスの動員を持っている。
僕はこれ、世界で2000年代初頭から始まったロックンロールリバイバル、バンドブームの流れが今日本で来てるんじゃないかって思っています。そしてそのブームは2010年でほぼ終わりました。だから2020年あたりで廃れ始めるんじゃないかなって思ってます。
海外では今バンドはほとんど流行っていません。廃れてしまっています。
インディーでは数多くいますが、バカ売れするポップな要素をもっているバンドは現れません。The1975が最後なんじゃないかな。
そして、こういうバンドブームが熟した時代が日本で起きているということは、ここからは下がっていくと思います。
いつの時代も流行りは廃れ、飽きられます。

僕はこのミニアルバムがちゃんとした評価を得て欲しいなと思っています。それは2020年あたりかもしれない。
プロモーションはそんなにないし、流行ってもいないけど、これはすげーな、っていう体験をしてもらえる作品になってる自信があります。なのでぜひ聞いて欲しい!新たな音楽を楽しんで欲しい。よろしくお願いします。

もちろんね、僕が作ってるから紛れもなくミイラズでしょこれは、っていう部分は必ずあります。
そこは変えようのない部分だと思うし。何やっても結局ミイラズだよねっていうところにはなると思うんですよ。
そういう意味では絶対にファンを裏切ることはないと思っています。

ベストアルバムとミニアルバム、よろしくお願いします!


とりあえず今日はここまで!
もうちょっと盛り上げていかないとまずいと思っているので、ブログやらインスタらやら更新していきますので、お付き合いください!
それでは!

ミイラズ畠山

僕は今、杏の彼ピピである。ハワイも二人で楽しむ仲である。ヤバピ。
杏は戦闘スタメンにしていて、早く仲良くなりペルソナを強くしておきたかった…という言い訳。
杏は見た目はギャルだが、中身はチャラくないという、そこがむしろ典型的なギャルっぽい感じだ。
今作では前作の反省で杏一筋で行きたいところだ…。ヤバピ。

竜司とは関係MAXだが、相棒にはなれなかった…。やはり相棒は陽介だけか…。いやむしろだからこそ、それがいい。

ペルソナ時間では僕は今9月半ばである。
もうすぐ現実時間に追いつけると思う。

そうなったら1日1日をリアルタイムで進めていくという、意味不明なことをしてみようかと思ったが、やめておこう。
それじゃあ全然進まないピ。

ちなみに彼氏のことを「彼ピ」または「彼ピピ」と呼ぶことを最近知りました。
じゃあ「彼女」のことはなんていうんですか?「カノピョ」?かな?ヤバピッピ。

さて、9月半ばまで進めて、これはとてもいいぞ、思ったことを書いておきます。
とりあえずストーリーがいい感じに謎めいてきました。ペルソナ4的な雰囲気が出てきましたよー。

そして、今作ではスマートフォンが使えます。そして、SNSで仲間とやりとりします。LINEっぽい感じで。
全員と同時に話す感じです。

家に帰ったらメンバーとSNSでみんなで会話。仲間が増えると、くだらない会話が増えます。
ぼけたり突っ込んだり。この感じぃぃぃいぃぃいぃぃぃぃい!!!!!

いい!

そして声を大にしてお勧めはできませんが…。
授業中に仲間とSNSでやりとり。

なるほどー今の若い子たちはこれできるもんな。た、楽しそう!青春だなー。

この感じ!いい!!

これは前作にはなかった新たな青春感がします。いいぞぉ。

さて、もうひとつ思ったことを書いておこう。

今作は、「クソな大人の心を盗んで改心させて犯した罪を自白させる怪盗」が主人公である。

クソな大人とは「部下の手柄を全部自分の手柄にしてしまう上司」や、パワハラ、ブラック企業、なども登場する。
まさに現実の社会問題である。

最近ではなんでもかんでもブラック企業と言ってしまうこともあり、よくわからなかったので、色々と調べてみた。

ブラック企業というイメージは、社会人経験者と、未経験者ではイメージが大きく違うらしい。
パワハラというのも、実際のところハッキリとした境界線がないようだ。

こういう問題は明らかな違法行為以外は問題視されないんだろうなと思う。

会社で何か問題があった場合、どうすればいいか、というのを調べてみた。

どうやら一番やってはいけないのは、その問題に対して真っ向から挑むことのようだ。

例えば、上司があからさまに間違っていることを言っていたとして、それに対して「おかしくないですか?」という風にやってしまうと、「はぁ?じゃあクビね。」ということにもなりかねない。
何か問題があっても取り合ってくれない上司。その上司に対して、おかしいですよ、変えていきましょう、とやっても、何がおかしいのかが伝わらない。

そもそも、その上司の常識や良識がずれているからそういう問題が最初に起こるわけで、そんな人にその問題を提示したところで解決するわけがないという。自分の常識は相手の非常識なのだ。それが仮に世の中的に見て常識だったとしても、その会社の中では非常識と捉えられてしまう。この客観的ジャッジをしてくれる人は内部にはいないのだ。

そして、そういうことをすると負の連鎖でどんどんパワハラが悪化していくというのだ。
問題提示すればするほど問題が増えて行く。

なるほど…。

じゃあどうしたらいいか?外部に相談すべきだそうだ。
労基署とか弁護士とか労働組合とかだそうで。

しかし、そこで相談するにも時間とお金と体力が必要で、相当な覚悟がいることが予想される。
なかなか相手にされないこともあるそうだ。この辺はググってください。

とにかく会社の内部に相談したところで、そういう体質の会社なので、こっち側が常識や良識を肯定したところで、意味がない。
法のギリギリのところで行っていれば問題にはなりづらい。

うーむ。

結局、会社を辞めるか、我慢するか、という人が多いとのことだ。

なるほど。
僕の知り合いも上司が小さい手柄すら持っていってしまう、と言っていた。そんな小さい手柄すら持ってかれるのか、と。

ペルソナ5に登場するキャラクターはゲームなので多少大げさに描かれてはいるが、それでも実際に起きている問題とほぼ変わらないこともある。僕も結構共感出来る話が多かった。

誰もわかってくれない、自分は悪くないのに、相談する場所も相手にしてくれない。誰に相談していいかもわからない。
相談したところで解決に向かわない。
皆さんはそういう気持ち、隠し持っていませんか?我慢していませんか?

やはりこの現代には怪盗が必要である。

皆さんも会社で問題が起きたら怪チャンにお願いするしかないでしょう。きっと彼らならやってくれますよ。
だからペルソナ5をやるしかないでしょう。ヤバピッピ。


つづく…。

僕は今、スマートフォンからこれを書いている。場所はコインランドリーだ。何故なら洗濯機が壊れたからだ。

そして先ほど、洗い終わった洗濯機から洗濯モノを移そうとした瞬間に、入ってきた女性にサクッと乾燥機に入れられてしまった。

うーむ。なるほど。ルール無用だ。
コインランドリーは無法地帯。順番とか人の気持ちとか御構い無しだ。

明らかに洗濯モノを移動しようとしてる僕がいた、というか僕しかいなかったのに、順番とか気にせずに乾燥機を使うその根性。…どうなんすかね?確かにそんなルールはどこにも書いていない。しかし人としてのルールならどうだ?
これ使いますか?とか、何か一声あってもいいのではないか?
いや、むしろ僕が移動しようとしているので、すかさず乾燥機に洗濯物を入れている感じだった。
取られてたまるか、的な感じだ。なんてこった。
しかしまぁ仕方がない。弱肉強食の世界だ。コインランドリー怖い。

洗い終わった洗濯物は行き場のなくなった天使…。
居場所のない悲しみはペルソナ5の主人公達のようだ。
 
さて、ペルソナ5だが、3つのダンジョンをクリアした。
正直、リアルタイムで書くとか無理。ゲームをやりたいからだ。こんなもん書いてるくらいならゲームをやりたい。
巷のゲームブログを書く人達を尊敬する。ここまでやりましたとか、今日はこんな感じですとか。
あんたら偉すぎだよ…。僕には無理。そんな時間があったらゲームやりたいよ。

なので、ダンジョン3つももうクリアしてしまった。
全然リアルタイムじゃない…。まぁこれも仕方ねー。

ちなみに前回音楽について少し書いたが、現状、正直、めっちゃ気に入っている。
ペルソナ4はもはや俺の中で神化してしまっている部分があって、客観的に判断できてない。思い出補正がかかっている部分もあるだろう。ペルソナ4がよすぎて比べたりしたらアカンよね、自分的にもさ。
そりゃ無理があるよねって思いつつ、ストーリーをある程度進めていくと、暗さとか、全然気にならない。むしろ派手になってきている気がする。いい。これだよ、この感じだよ。

あと全体的に思ったのは、女神転生臭がけっこう強くなってると思う。
でもこれはポップな要素だと思う。女神転生の怪しげな雰囲気をポップに消化した感じ。
武器屋の音楽とかそんな感じしね?他にもいくつか感じた。

今作はストーリーを進めていくと、東京のあらゆるところに遊びに行くことができる。
元町中華街まである。

前作は移動できる場所はかなり限られていたが、今作はかなり広い。
地方都市もかなり夢があふれていたが、これはこれでやはりいい!!都会とアトラスの相性はやはりいい…。いいぜぇ。

登場キャラクターは公式サイトにも載っているので、紹介してもネタバレにはならんだろう。
思ったことをずらずらと。

最初に仲間になったリュージは、前作の陽介的な位置と思わせて実は、里中とカンジを足した様なキャラクターかなと。
そして、アン殿は、りせちー的なカンジ。りせちーに知性を足した様な感じっていうか。
で、ユースケは天城的な天然ボケキャラっていうか。
で、生徒会長の誠は天城と思わせて、またちょっと違う感じかな。

俺的には、やっぱり、陽介が恋しいぜ…。ふふ。
俺の相棒は一人だけ。陽介だけなのかぁ!!!!!!!!!!!!!

でもペルソナ5がっつりはまってます。

頭の中でペルソナ5の音楽が自動再生されている日々。どこを歩いていても自然と口ずさんでしまう。
こないだ渋谷に仕事で行くことがあったのだが、自分がペルソナ5やってるんだが、現実の渋谷にいるんだがわからなくなった。
あやうくファミレスで勉強するとこだった。嘘です。

今作は、ストーリーや、サブクエストのダンジョン攻略などで、以外と忙しいのかなという印象で、
わりと自由時間が少ないかも?と思った。いまのところ。
前作をプレイした時は最初に自分のステータスを上げることに必死だったからかもしれないが、
今作は、誰かと仲良くするのも全然進んでないし、ステータスも全然上がってないよ、って感じで。

前作プレイの反省で、いろんな仲間と仲良くしたいのに、あんまり出来てない。くそー。

あるキャラクターとは知識が高くないと仲良くなれなかったから、知識上げるためにけっこうファミレスに通って勉強したりした。
未だに魅力が低いので、あるキャラクターと仲良くできてないし。
これ時間足りんのかなー。今作も前作同様1年間しか時間の猶予がないので、前作よりも時間が足りないような気がする…。

まぁともかく、ペルソナ5は実に楽しい。
ペルソナ4のいいところを残しつつ、新しい要素も取り入れ、より良くなっている。
音楽も申し分ないし、戦闘のテンポ感がかなり良くなっていると思う。ストーリーも進めるにつれて謎が深まり、どんどん進めたくなる。モルガナの話も早く知りたいところだ。

今日のところはこんなところで。
先ほど、海外の方が乾燥機を早めに終わらせて笑顔で譲ってくれたのだ。洗濯の話だよ?現実の話だお?
僕がスマホ片手に乾燥機が空くのをずっと待っていたので気にしてくれたのだろう。ありがとうセンキュー。
最近は日本人より海外の方の優しさを感じることが多い。実際はどうかわからないが自分はなぜかそう感じる。
日本人はいつからこんな風になってしまったんだろう、と思うことが多々ある。
しかし、きっとそんなに変わってないのかもしれない。いつの世もやばピッピである。やばぴっぴだぜ?

さて…。ペルソナ5に関して次に書くのはいつになるかわからない。ネタバレなしだとあんま書くことないし。
とにかくペルソナ5やりたいんだよね今は。わかるっしょ?もうこの瞬間もペルソナ5のことしか考えてないんですよ!!!!
まー、テンションやたら上がったら書きますわ。

とりあえずハロウィンでペルソナ関連のコスプレをしたいとは思っている。俺は里中やりたいな…。


つづく…かな?

↑このページのトップへ