高橋宏貴 公式ブログ

I'm the drummer of Scars Borough / THE PREDATORS / ELLEGARDEN .





札幌で10歳くらいの男の子と、50歳位の大人の男性が歩いていました。




俺と親父の年齢差もこれ位なので、親父の事思い出しました。





夕方トラックで帰宅すると、俺を乗せて駐車場まで行って、帰りに駄菓子を買ってくれるのが、日課でした。




普段はタバコ吸って、離れて待ってるのに、お菓子を選んでる俺を、外から見てる日があったんです。




ちゃんと買い物できてるのか?




宏貴は何を買っているんだ?






バカかテメーは?





など、色々気持ちがあったと思います。






そこに、知らないおばさんが入ってきて、駄菓子屋のおばちゃんとコソコソ話し始めました。




でも、俺はお菓子に集中していました。





しばらくすると、何だか警察官登場。


































あーたーりーまえーたいそーぅ






親父は、誘拐とか目的の不審者だと思われたんですね。





おめでとうございます。





子供心に親父が何かしたんじゃないか…





と、少し心配になったのも覚えていますが、基本シカト。




俺は、駄菓子でアドレナリンが放出されていたんです。





赤色2号黄色4号万歳。




親父は笑って警官と話していました。




俺がよく職質されるのも、血かもしれませんね。









先日身体年齢が1歳年をとりました。





つまり誕生日ですね。





ありがとうございます。





東京に戻ります。





んじゃまた。











電車内で、3mくらい離れたとこにおじいちゃんがいて、おじいちゃんの携帯が爆音で鳴りました。





おじいちゃん、No躊躇で電話に出ます。





すると会話しながらナゾにウロウロ歩き出して、俺の目の前に来ました。





これは奇跡の物語です。








お『あぁ!






2:40だな!






あぁ!





2:40だ!








あぁ!






























ゲッツ。』







最後に絶対に『ゲッツ』って言いました。





誰か助けてください。





俺は耐えられなくて、その場で笑ってしまいました。





向かい側にいたおばさんと目が合い、おばさんはナゾに俺に会釈。





全米が涙に包まれました。






何なんだこの電車は。






先日渋谷で、人生たぶん4度目の『高橋さんですか?』と、声をかけられました。





ライブハウスではよくありますが、実は街中はほとんど声をかけられた事がありません。





とっさに俺は『違うよ』と、なぜタメ口で否定。




俺は正面きって、ウソをつきました。




誰か助けてください。











写真はLINEの絵文字で、あまりにも赤丸のドラム吉田に似ていたので、ここに記します。




吉田を知らないみなさん、さようなら。




本日は札幌でLIVE。





んじゃまた。






俺はアバウト30歳頃まで実家に住んでいました。




東京生まれだから、出る必要もなくて。




俺の部屋にはテレビはあったけど、アンテナを接続していなくて、自分の部屋では10年間とかDVDだけ観ていました。





でも、テレビの電源コードとか、何かの配線の具合なのか、4chだけほんの少し人影とかが感じれたんです。





98%砂嵐だけど、ほんの少しだけ絵が動くのがわかったんだ。




で、少し酔ってて帰宅。





珍しく気が向いて普通に映る、居間のテレビをスイッチオン。





チャンネル変えてたら、砂嵐チャンネル。





当時の東京だと、2、とか7、5chだね。




で、しばらくそれを眺めてたんだ。





で、考えたの。




各局がチャンネルの "数字" を決めるのに、どんな会議があったんだろ?




とか、砂嵐に意味があるのかな?




とか、何で2chと5chで砂嵐の感じが違うんだろう?





とか、噌根、ビール買ってきて。とか。






で、酔ってたせいもあってか



『俺、何してんだろう?』




なんて考えて




俺はほんのり笑い出したんだ。




砂嵐を観て笑ってる俺を、後ろからお袋が見てたんだよね。





そしたらね



























母『あんた















変な薬やってるんじゃないの!?』















俺『え…?』
























濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ依だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。濡れ衣だよ。







1つ間違いがあります。↑どうぞ。






テレビの砂嵐を観て笑っていた俺にも、過失はあるかもしれません。





ぶっちゃけ、バンドマンゴミ野郎伝説は、こうして作られる場合もあります。






まさにレジェンドです。





俺は今、レジェンドでも何でもないと思いました。





言葉の選び方が適当すぎですねさようなら。










写真は先日の身体年齢の計測をし、まさかの30歳で、ウカれた記念に撮影した物です。




こんな滅茶苦茶な生活してて30歳とは正直、驚きです。





正確さに欠けてる可能性も否めない。





そう思いました。





さて、明日は札幌でLIVE。





千歳に向かいます。





んじゃまた。







↑このページのトップへ