私のお客様は年配の方が多くて
ネットを使わないんですけれど、どうやって宣伝したらいいですか?と
ご相談されることがあるんです。

アナログなお客様には
アナログな方法でお知らせするのも悪くないと思います。
ただ、画期的な宣伝方法はなく
電話したり、チラシをまいたり、お手紙書いたり、訪問したり
広告を出すくらいだと思います。

でも、それよりも根本的な原因に
目を向けてほしいんですよね。


お知らせしてないだけってこともあります。
それに・・・




写真を撮って現像するという行為が一般的でなくなっている今のように
ツールは日々変化していきます。
私たちのように個人で活動している人は
コストや手間がかかりにくい方法を積極的に取り入れ
宣伝していかなければ、活動が成り立ちません。




拙著にも書いた、投資・消費・浪費の考え方です。
ビジネスにおける節約とは、お金を使わないことではなく
無駄なお金を減らすことです。
そして、投資や消費に適切なお金をかけて
自分の仕事が滞りなく進められる環境を保つことが大事です。




今や、何でもネットで調べる時代です。
ネット上に商品やサービスについて載っていなければ
世の中にないのも同然という時代がもうそこまでやってきています。

ネットでの情報発信を軽視・敬遠せず
できることからコツコツとやっていきましょう。


*******************
オフィシャルサイト



オンラインサロンハンドメイドビジネス仕事塾



書籍一覧



お仕事講演依頼はこちらから



 

自営業をはじめて7年目に突入した私が痛感するのは
続けるということのむずかしさです。



いいと思う商品やサービスがなくなるのには
色々な理由がありますが
一番大きな理由は「仕事として成立できるレベルで求められていなくなった」ということ。

だから自分が大事にしたいものは
積極的に利用していかなければ
自分の周りから好きなものがどんどん消えてしまうんですね。



相手が喜ぶ応援ができる人は
自分も周りから自分にとって嬉しい応援をしてもらえます。

頑張っている人を応援するのが趣味なんです~と言いながら
相手に求められていない応援ばかりする人は
肝心のときに、自分が望む応援をしてもらえません。

成果につながる可能性がある応援ができる人は
自分の成果も上がっていくものです。





人生を楽しく生きるためには自分が求める成果が必要です。
そして、だれかの成長や発展、成功を心から喜ぶためには
自分自身が幸せで満たされていなければできません。

つまり、自己犠牲に酔っている人は、他人の成功を喜べないんです。



自分の好きな人・モノ・場所などを自分が成果に繋がりやすい形で応援しつつ
応援される自分になるための努力を重ねて成果に繋げること。
自分が幸せじゃないと、人の幸せなんて喜べないし、貢献できないから。

win-winの正体って、これに尽きると思うのです。


*******************
オフィシャルサイト



オンラインサロンハンドメイドビジネス仕事塾



書籍一覧



お仕事講演依頼はこちらから



 

ハンドメイド作家・講師の方に限らないのですが
サービスに対し対価を求めているという意思を出さないのが
カッコイイ、ステキ、徳が高いと思っている人がいるんですよね。

思うのはいいと思うけれど
それって、仕事じゃないよねって伝えてます。


こういうのをハッキリ言うと昔は
「作家の気持ちを分かってない」とか言われました。
「あの店のオーナー、すごい変わってる」とか。

でも、うちで商品を買わずに
よそで買った商品をお店に持ってきて自慢する人や
何時間もしゃべって、何も買わず帰る人と
いつもお買い物をしてくれる人の対応が同じだったら
私は多分、すぐに廃業していたと思います。





私も無料のサービスを利用することは多々ありますが
有料と差があって当然だと思いますし
それ以上を求めるときは、対価を払います。

仕事にするということは
何かの作業に携わることではなく
あなたが携わった作業に対価を払いたいという人から
支持を集めることです。

たとえ自分の本音が
対価に関わらず嬉しかったとしても
対価を払って支持してくれる人に対しての誠実さが欠ければ
あなたの作業・労力に対価を払う人は激減していくでしょう。


えこひいきができない人に足りないのは、この想像力です。



口先だけの感謝は、お客様に伝わります。
心からの感謝には、言動に一貫性があるものなんですよ。


自分を支えてくれる大事なお客様に今日も感謝して頑張りましょう。

*******************
オフィシャルサイト



オンラインサロンハンドメイドビジネス仕事塾



書籍一覧



お仕事講演依頼はこちらから




 

↑このページのトップへ