作るのは得意だけど売るのが苦手ですっていう
ハンドメイド作家さんがものすごく多いのですが
多分ほとんどのハンドメイド作家さんがそうなんですよね。

でも、売るのって接客技術だけで全てが決まるわけじゃなくて
むしろ他のことでカバーできると思っています。


お客様は商品やサービスを買おうかどうしようか決めるとき
理性で合理的な判断を毎回しているかというとそうではなくて
むしろ、感情で決めてることの方が多いんです。

接客技術のあるひとは、感情を短時間で大きく動かすのが上手な人。
でも、それが苦手でも、下準備が上手な人は
感情を短時間で大きく動かさなくても、売れます。



皆さんも、見ているブログやSNSすべてに反応しているわけじゃないですよね。
むしろ、いいねやコメントなど何らかのアクションをしているのって
見ている量の10分の1とかじゃないですか?

サイレントユーザーの存在はとっても大きくて
お客様が喜ぶ情報や役立つ情報、知りたい情報
そしてあなたに共感できるような人柄のわかる発信があれば
いざというときに、商品やサービスを利用してくれるものです。



半年とか1年のスパンでコツコツ続けていても
反応がなかなか出ない時は
あなたが伝えたい強調している部分がお客様にヒットしていない
可能性があるので、切り口を変えてみるといいですよ。


注意したいのは、アクセス数や反応だけに注目して
商品やサービスから離れすぎてしまうこと。
ちゃんと目的で信頼してもらえなければ、売上には繋がらないので注意です。
 

誰でもあると思うんですけど
一生懸命頑張ろうって思ったけど
何かの拍子に集中力が切れてさぼっちゃうこととか
ついめちゃくちゃ遊んだりとか
節約しなきゃならないのに買い物したりとか。

その時に感じる「罪悪感」をどう処理するかによって
その後の展開って大きく変わると思います。


週末ちょっと体調がイマイチだったので
わたしも仕事がすすまなく、かなりだらだらしてしまいました。
だらだらしながら、罪悪感感じまくり。

「あー、あれしなくちゃならなかったのに・・・」って。

でも、考えてもしょうがないので、切り替えることにしてます。


気づいたらminneでのお買い物、2万超えてたよね。
でもいいの、お気に入りばっかりだから!
そしていっぱい働くからっ!

フル充電、チャージ完了!


私の場合、ネットでもお仕事できるので
極力通常運転でできることは、やるようにしています。
ブログとか、SNSとか。
それだけやっておけば、周りにはばれにくいのです。

それでいいのです。



今はこうして「裏をみせる」ことも仕事の一環なので
必要なところだけを見せていますが
基本的には、個人としてのありのままの自分を公開することはありません。

仕事として求められている自分が、仕事としてのありのままの自分だからです。


昔の私もそうですが
「一貫性があること」がどんな時も正しいと思ってしまうと
それがかなわないときに、「もーだめだ」「やっても意味ない」と
全部投げ出したくなるんですよね。

ゲームでいい点とれなかったら、リセットしてはじめたくなるみたいに。

全体をリセットしなくても
部分部分で「セーブしている」と思っておけば
よーし、あしたからやるぞーって言う気持ちになれるんですよね。
 
ということで今日は私、結構頑張った!挽回した!明日からも頑張れます。

 

がんばらなくていいんだよっていう言葉を間違えて捉えている人は
「頑張らなくていいんだよっていうから頑張らなかったら結果出なかった」
みたいなことを発信しがちだと思う。


例をあげると、心屋さんの神社ミッションとかやって
1万円お賽銭入れたけど何も変わらなかった!
みたいなことを言っている人とかね。

なぜそれをすると効果があるのかとか
ちゃんと自分なりに考えて納得して行動しなければ
結果なんてついてくるはずないです。

自分で決断したことを、あの人がこういったからやったのにダメだった
みたいなことをいってすり替えてしまう人は
まずそのひとのせいにする考え方を何とかしたほうがいいと思う。


ちなみに、変わるために必要で
私的にへぇボタン連打したくなったのは、大前研一さんのこの一節。




家族のいる人とかなら住む場所を変えるのは
難しいかもしれないけれど
あとのふたつは何とかなると思う。

時間配分と付き合う人を変えること。

私もこのふたつは、かなり変えてます。
住む場所を変えられないから、とりあえず活動する場所を変えてます。
いつかそのうち、住む場所も変わるのかな。



もうすぐこの仕事に就いて2年だけど、結果を出してるのはやってる人。
まだそこまで結果は出ていないけど、出そうな人も結構いる。
ちゃんと数稽古を頑張れる人は、なんだかんだで成長します。



私が他人の悪口キライだって結構発信しているのに
がっつり長文の悪口とか送ってくる方がいらっしゃるのだけれど
わたしの記事とか読んでくれているのか不安になります。

私に賛同しているフリして、悪口の共犯にしようという作戦やめてください。
「●●さんについてどう思いますか?」って知らないよ!
会ったこともないし何の被害も受けてないのに
その人に対して思うところなんてないわ!って思います。




ちなみに先日、生徒を珍しく褒めたらすごくうれしかったみたいで
「やる気がアップしすぎて夜中の3時まで製作してました」という
メールがきちゃったのですが、こんな時に使うのです。


「がんばらなくていいんだよ」



*******************
オフィシャルサイト



オンラインサロンハンドメイドビジネス仕事塾



書籍一覧



お仕事講演依頼はこちらから



↑このページのトップへ