LINEブロガーなら暗黙の了解かな?
拡散したいからなるべくタグはつけたいよね。

無理にとは言わないけどキーワードがあれば
どしどしタグをつけよう!

また、タグは拡散の要なので確認しておこう。

フェイクが多くて悲しい。
残念ながら昔からの話だけど…。

タイトルで釣って煽る。中身はスカスカだ。
煽って稼げれば良いというのは違うだろう?

ただ、興味を持たせるという意味では応用したい。
LINEブログはタイトルと最初の1行が見出しになるから
ここがかなり重要なスタートアップ部分だよ。
もちろん中身の充実させて嘘はつかないこと。

ちなみにネタ記事が好きなら遊びに来てね!

理由はメンズ香水ながらもカップルで使いやすい香りで、
むしろ女性にもおすすめであり、実質男女共用ということ。

また、定番中の定番であるブルガリ・プールオムや
アランドロン・サムライをつけている人が多いと思うけど、
ライジングウェーブは国産という安心感がある。

若い人向けながら香りは素晴らしいので、
まずは試しにライトブルーから始めてほしい。

参考・ライジングウェーブ公式サイト

ほぼ野郎しか出ていない野郎伝説を知っているか?
初代餓狼伝説はヒロイン不在で本当に野郎伝説だと
最近になって気づいたのをきっかけに書き殴ってみる。

まず、でぶやは石ちゃんこと石塚英彦さんとパパイヤ鈴木さんのグルメ番組だ。
準レギュラーとして内山信二くんとアジャコングも出演していた。
あとはブレイク前のカンニング竹山さんもたまに見かけた。
当時はアップ・アイランド・ドラゴン・ソルジャーこと、
上島竜兵、我らが竜ちゃんとキレキャラ被りで指摘されていたのが懐かしい。
食べる量を意識したのかレスラーや力士の人の出演が多かった。

ロケ先でまいうー!を基本としながらも
パパイヤさんの風呂コーナーや謎のキャラによる
ダンスコーナーなど、お約束で固めた安心感があった。
シメはオンザライスでオリジナルのどんぶりを作る。

ナレーションはワンピースのルフィ役などで
おなじみの田中真弓さんだったけど、
途中から先代ドラえもんの大山のぶ代さんに
変更されたから常にキャラの顔が浮かんでいたのも良い思い出。

深夜時代のはレンタルで観たが、大盛りの美学が最高だった。
なお、火曜サプライズでたまに司会の2人を見かけると当時の熱意が蘇る。
ほぼ野郎しかいないイカしたグルメ番組なので、
半年に1回は復活してほしい番組かな。

最後に。
はてなに書かなかったのはバラエティ関係は
LINEブログで書いてみようかなと思ったから!

アメトーークとかの感想は書くと思う。

↑このページのトップへ