SuG 公式ブログ

SuG LINE公式ブログ。最新情報からスタッフやメンバーからの書き込みまで充実のLINE公式ブログオープン!

誕生日から夏にかけて。

LA→シンガポール→台湾→メキシコ→タイ→高松→広島→福岡→大阪→名古屋→上海→北京→仙台→東京

激動の2016。

サーカス団みたいだ。

カナブンもこんな生活だったのかな。

一番大切なことってなんだろうって、何度も確かめながら過ごしている。


強く握りしめ続けていないと、失くしてしまいそうだから。


子供の頃。落とすのが不安で不安で、ポケットの中の大事な何かをずっと掴んでいたっけ。

それでも、失くしてしまったり、それがなんであったか自体忘れてしまったり。



随分、自分勝手な大切だなあと思う。



死ぬまで大切なものなんてないだろうけど、死ぬまで大切にしたら、其れになるよね。



背負うべきものを背負って、歌って、描いて、届けたいと思います。



きっと10代の頃だれもが経験する「みんな死んじゃえ」っていう無責任な絶望、、、をテーマに、新曲を描いたんだけど。とても美しい曲になりそうです。


昨日アレンジがあがってきたんだ。


退院直後のteenAge以来に、泣きながら歌詞とメロディを同時に描いた。


はたから見たら、こんないびつで、痛々しいことをよく続けていられるなと思うこともあるけど。


まっすぐに傷ついて、まっすぐに吐き出して、まっすぐに感動したいな。


それは、自分にとってずっと変わってない、大切なこと。


昔も今も。


'死ぬまで'にできるかは、ただ今奮闘中。





さよなら、髪。

髪とか爪とかって不思議。

伸びる、切る。伸びる、切る。

そこに記憶があるのなら、要らないものだけがその末端に蓄積して。


「捨てていければいいのに。」


現代病のひとつに、'好きな人ができない'があるらしい。

二次元に恋する、出会いや別れ方がインスタント的である。
理由はたくさんあるけど、心を埋めるものが多すぎて、埋まらないのかもしれないね。苦しいって探すのに、足りなくてこれじゃないって、また苦しくなる。まるで過呼吸。

もしかしたら、本当は見つかってるかもしれない。全て上手くいく運命じゃなくて、ひとつひとつ逃げずに時に傷つけあって不器用でも二人のが形を知っていけば、'運命'になりうるんじゃないか。そういうメッセージを込めて、書いた曲でもあります。

漫画や映画に、人生だって負けたくない。

だから、あたしたちでつくっちゃえばいいんだよ、運命なんか。


ときには現実に抗ったり、自分のわがままをぶつけすぎてしまったり、すぐに逃げてしまったり、心が開くのがめんどうになったり、失った時のことを想像して臆病になったり。

だけど。それでも。
繋ぎ合いつづければ、運命じゃなかった恋も、運命に変えられるんじゃないか。

これは、何も恋愛だけに限ったことじゃないね。
どんなことでも、きっと強く思って離さなければ、運命にできるって、信じてる。


 



ひとつでも多くの運命が、芽生えますように。

↑このページのトップへ