Szk_130101その方が普段どんな運転をしているかは、お乗りの車を見れば一目瞭然です(^_^)タイヤの減り方やコンパウンドの溶け具合。あとはブレーキパッドの粉の飛び方やマフラーの焼け方等でも判別出来ます。あまりジロジロ拝見するのも失礼なのでPIT-inしリフトに上がっている時等にお客様に気付かれない様チラ見するのが癖化しております。(ゴメンナサイ)しかし、写真の様な状態は最悪です(-_-;誰の車かは弊社のHPをよくチェックして頂けている方ならすぐお判りになると思うのですが(^0^;あの綺麗なシルバーキャリパーが完全に熱で焼け薄黄金色に変化しちゃってます。最初はノーマルブレーキがあり得ないほど効かなくて×で次にbrembo着けたら今度はパッドが持たないで××でもって今度はパッドを強化したら一気にキャリパーに熱が入ってブレーキフルードが×××(って言うか爆!)ここまでくれば大したモンです。やっぱり最近の車は重いなぁーってのもありますがPOWERの増大とそのPOWERをどこまで使うか、いやっ、使っちゃうかの問題ですね!これでまだ普通のラジアルしか装着していませんので、Sタイヤ履いたら、どーなっちゃうかは少々不安が残る所でもございます・・・(-_-;

Szk_123501_1最近「ちょいワルオヤジ」という言葉をよく耳にします。まぁオヤジの方はおいといて(非常に微妙なスタンスの所にいるもんですから・・・笑)この「ちょいワル」にはフツーに考えると2種類の人種が存在するハズです。まずは、今まで凄ェーマジメ一徹に塾行って、受験受かって、大学入って、上場企業就職して、でもふと「僕の人生このままじゃあつまらない。ちょっとワル系の路線に足でも踏み込んでみるかっ!」というパターンのちょいワル君(A型としましょう)と、逆にガキの頃からもともと全然勉強とかしなくて、悪友と遊んでばっかりだったやつが運だけで結構まぁまぁな学校に合格しちゃって(^-^;その後就職して社会の荒波にもまれ、髪の毛7:3とかに無理矢理分けさせられて(笑)十何年経って、馴染んできたら立派な社会人にはなったけど、何となく「お前、昔悪かったろ?!」がバレバレで(爆)まっいいか!と最近少しそのワルさをウリにしてみたりするちょいワル君(B型)がいると思います。で、最近一般的に使われている「ちょいワル」はA型君をたくさん創ろう!という運動(営業?)に見えますが、Studieに来るお客様だけを見てると失礼ながら(_ _;B型多いですよね?(^_^;何でですかね?僕なりに分析すると、自分色をグッとこらえ(偉いッ!)世の中に出来るだけ対応させてきたけどココだけは曲げられねぇーッ!!!ってのが唯一の車の趣味だからな気がします。ウンウン、大事な事ですねッ!僕達はネジでもロボットでも無く世界で一つだけの花ですからッ(^_^)何でこんな事急に思ったかと言いますと、今日通勤途中にビルのガラスに映る自分の61見てて「この車ってちょいワルだなッ!」って思ったからです(笑)前記した話とは全く関係無く、ただいつもは極悪な車乗ってるので、それに対しての「ちょいワル」つまりあんまりイジってねぇ?なぁ?って事だけなんですけどねッ(^0^)M6帰ってきたら頑張ってイジりま?っす♪

Szk_122901商品の展示の仕方って店のキャラが出ますよねぇ?(^-^)うちはOPEN当初からカチッカチッという手法ではなく、転がし系です(笑)FIRST CONTACTをして頂きやすくする為にPRICECARDも一切つけてません。「これ幾らですか?」って店員との最初のタッチには滅茶苦茶使いやすいと思いません?(^_^)マフラーなんか今でこそメーカーさんから頂いた立派なラックに綺麗に飾られてますが、旧店舗では床に直置きでした。箱から出して何十本もですから店のど真ん中がマフラーで出来たピラミッドでした!(^0^)よく初めて御来店頂いたお客様から「これ新品ですよね???」って聞かれたのが懐かしいです(笑)で難しいのがステアリングとシートです。共に直接肌が触れるPARTSなので、あまりベタベタ触れる様でも新品として売れなくなっちゃいますし、かと言って遙か彼方に飾ってもよく見えません(爆)シートは最近デモカーが増えたので(現在Studie全店で16台ッ!!!)出来るだけ、それに座って頂く様にしてるのでクリアーッv(-_-)残るはステアリングなのですが、最近の売れ線はAIRBAG対応品がほとんどで、写真の様にAIRBAGを着けないで飾るとイマイチ格好悪いですねっ(^_^;ビシッとコレにAIRBAGついてれば惚れ惚れするほどイケてるんですが、展示の分全部AIRBAG揃えると、それだけで100万円超えちゃいますので仕方なくこうなってます(>_<)まぁ、そんなこんな頭悩ませながら日々営業してるのが、こんなに楽しい商売はありませんっ!!!あぁ?僕達は幸せ者です、ハイっ♪

↑このページのトップへ