6日目の朝を迎えた。(残り15$、ルームサービス代-90$)

大きく天気が崩れることも無く、飢え死にすることもなく、ボクはまだ生きていた。

それもこれも、すべてはビー達のおかげだった。

ボクは、異国で合った彼らに奇妙な友情を感じ始めていた。もしかしたら一生の友達に出会ったんじゃないかというくらいの。

不安でいっぱいの中、助けられた事によって、よりそう感じていただけなのかも知れないが。




水着に着替えると、一目散にビーチへと走った。浜には、昨日と同じようにたむろしているビー達の姿。

が、無かった。

はりきって早起きしてしまったから、まだみんな寝ているのかもしれない。ボクは、一人で海を楽しむことにした。

キラキラ光る海面を浮かびながら、今日は彼らと何をして遊ぼうかと考えていた。

時計の針が12時を差し、それと共にお腹の虫が、ぐうぐうと鳴り出した。

遅いな。もしかしたら今日は午後から泳ぎに来るんだろうか?そんな事を考えながら、ずっとビーチに一人で座っていた。

結局、その日は夕方まで待っていたけれど、彼らの姿を見ることはできなかった。
_20170309_210700.JPG



ホテルに帰ると、コレクトコールでおかんに電話した。

使ってしまったルームサービスの支払いを振り込めるかどうかの確認だ。

おかんは前の日に銀行に行き、ボクの伝えた振込先を窓口で伝えたところ、わざわざ奥の部屋に通されて、振込手続きを済ませてくれたようだった。

結局、地元の銀行と、ボクが宿泊しているホテルの振込先の銀行とは取り引きが無かったらしく、一度ニューヨークの銀行に振り込んで、そこから、ホテルの口座に振り込むという形で、決着がついたそうだ。

結果、90$を振り込むのに、日本円で7000円くらいの手数料がかかったらしい。

なんとも萎える話だが、とりあえずおかんに感謝、危機の一つをを乗り切ることができた。



6日目は、海で泳いで、ハンバーガーを食べただけで終わった。

普通に考えれば、それだけで楽しいはずの、南の島の旅なのに、とても寂しかったのは、ビー達に会えなかったからだ。

不安より、寂しさの方が大きかった。そんな6日目の夜だった。
_20170309_210602.JPG

残り一日半(残金9$)



次回、完結。



STANCE PUNKS LIVE」
3.10(金)福山MUSICFACTORY
3.11(土)広島「MUSIC STADIAM-ハルバン´17」
3.12(日)福岡「ONTAQ2017」
3.18(土)駒澤大学
3.26(土)横浜B.B STREET
4.01(土)十三FANDANGO
4.07(金)名古屋UPSET
4.08(土)渋谷STAR LOUNGE
4.14(金)吉祥寺WARP
4.23(日)歌舞伎町MUSIC FESTIVAL
5.04(木)新宿LOFT~火の玉宣言 地下パンクの逆襲vol.4~