皆さんこんばんは( *´︶`*)

野見山杏里です!ここの所寒いですね、是非皆さん寒さ対策してね(><)!!

さて、年が明けましたね⇐(遅い)
皆さん今年1年はどんな年にしようと思ってるのかな…?

私は、たくさんの事に触れてたくさんの事に挑戦する年にしたいと思います(`・ω・´)キリッ
25周年という素敵な年にこうして制服向上委員会の現役メンバーとして関われることは幸せだなと思います。

今月にも初めての挑戦があるのでドキドキしながら準備してます!
またそのことに関しても終ったらブログ書こうと思いますので待っててください(笑)


それではちょっと今月は課題がピンチ!(笑)なので短めにしておきます!
(来月からはまた定期的にブログ更新出来ると思います💧)

イラストとかもたくさん載せたいし気になってる事とかも書きたいのでそっちが気になってる方も、もう少しだけ待っててください(><)!


それではばいばいっノシ
IMG_20170111_171524.jpg
だいぶ去年の夏の日焼けしたの戻ってきたよ…!今年は日焼けしないように気をつけます(笑)

B612_20170108_225520.jpg

酉年〜とり〜(インコだけど(笑))







1483185053244.jpg


皆さんこんばんは!
残すところあと3時間くらいで一年が終わりますね!!


  この2016年も、制服向上委員会は全国各地のイベントや集会に参加させていただきました。
  会場にいらしてくださった方も、なかなか行けなかったという方も、この1年間制服向上委員会を応援してくださり当にありがとうございました!!
  来年は生誕25年という制服向上委員会にとってとても大切な年になると思います!
  今後も全国各地をまわって歌っていきたいと思いますので、是非皆様来年も変わりなく応援頂けると嬉しいです( *´︶`*)




さて、私今年の9月終わりくらいにブログでこんな感じのことを書いてたんです。1年間で自信がついたこととか得たものについてだったと思うんですけど…






MCをすることに対して
イベントの時真ん中で歌ったり踊ることに対して
ステージで笑顔でいられることに対して

この辺りは絶対今年、特に後半の出来事がなければ自信を持てなかったし今も無理です!!ってなってたんじゃないかなぁって思う(笑)
本当に頑張ればある程度のことは何とかなるってわかったよ。
本当に得るものがおっきかった。


絶対続かないって思ってたのに続けられたのは本当に本当に皆さんのおかげです。〜(省略)〜なんだかあれだけど、そこがひとつの私の居場所みたいに思えた






本当にこの通りで、一年を振り返ると

大学受験、大学関連のこと、メンバーが減っていてMCやることが増えたり…新人さんが入ってきたり、FC会報作ってみたり、リーダーになったり、兎が亡くなっちゃったり。

ばっと振り返るだけでこれだけ出てきて…(笑)
頑張れば何とかなる。本当にその通りだなって感じなんです、高校の時一学期に10日近く体調不良起してたのに今年ほぼ無かったですし。

勿論まだMCも不安だけど前よりは怖くないから1年の成長です(笑)


大変なことも沢山あって、嫌だもうやってられないって放り出したくなることもあったけど
それ以上に楽しいなとか嬉しいなって気持ちが膨らんで幸せな思いが私の中に広がっています( *´︶`*)


なので私個人もまた来年も色々と挑戦する、と思うので(笑)
暖かく見守って頂けたら嬉しいです( *´︶`*)






それではまた明日から1年よろしくお願いします...♪*゚











最近の報告てきな写真とか!↓

B612_20161228_223233.jpg
B612_20161227_145354.jpg

ずっと気になってた髪留め買いました♪。.:*・゜もう一つ実はあるからまた今度載せますね(*´ω`*)2枚目はすこし雰囲気変えてみようと努力してみた(笑)

B612_20161229_215707.jpg
ちょっとだけ大人っぽく?見える感じの格好…(笑)
B612_20161228_223013.jpg
このくまパーカーはよく家で着ててお気に入り!また来年もきっと重宝するよ!よろしくね( ̄^ ̄)ゞ


以上〜♪*゚




またねっノシ



B612_20161223_155054.jpg


皆さんこんばんはっ

今年は写真にてサンタ姿のお披露目です...♪*゚
どうかな??


毎年着てたような気がしたけど今回はちょっと羽織る…程度で終わってしまった(><)!

来年は着て赤鼻のトナカイとかやりたいな〜(笑)

↓帽子の紐が長いってレイちゃんが驚いてた(笑)
B612_20161223_155120.jpg

皆さんクリスマスにはどんな思い出があるのかしら?
私は高校生になってからはいつまでサンタさん……から、プレゼントが届く…のかな?ってちょっと冷や冷やしてます(笑)



もう残すところあと1週間で大晦日…


やり残したことのない状態で新年を迎えられるように色々とやり残していることをしていきたいと思います( ̄^ ̄)ゞ!!


それではまたね!ばいばーいっノシ

↓こんなに高い位置で結んだの久々っ
だいぶいたい気がする……(笑)

B612_20161223_155008.jpg



野見山杏里



皆さんこんばんは!
野見山杏里です( *´︶`*)

もうあと1週間とちょっとで1年が終わるなんて信じられない!(笑)
ほんとうに時が経つのは早いなぁ……


  そんなあっという間に過ぎるだろう残り1週間と少し。しかし最近気になることがあります。

それは子供たちの心の貧しさです、
  皆さんもニュースで見ることがあったかと思いますが、原発事故の影響で自主避難され、避難先の学校に通ってる子が、いじめにあっている、あった。
ということ。ここ最近よく見かける気がします。


男の先生が名前に『きん』、と付けて呼んだなんていうニュースもありましたよね。
  大人の人達にも言えることなのかもしれないけど、なんだか心が貧しいな。と思います



  でも、子供がいじめを起こしてしまうのは何かしらの原因があるのではないでしょうか?



  ただ何の理由もなくいじめたくなった。というよりは、何かしら自分の中にイライラしたこととかモヤモヤしたことがあって、いじめてしまうとか、
既にいじめている子に流されて、とか…。


  いじめている子にもその子なりの理由があって、何かしらの行動でSOSを発信してるのではないでしょうか。


勿論そうだとしても、いじめが許されるわけがありません。


  でも特に小、中学校なんて、自制心とか色々なものが育ってく途中だし、不安定な時期だと思います。
  だから親御さんや先生方が子供に目を向けていなくてはいけないのではないでしょうか?

  忙しいからといって話を聞かない、叱ってばかりで褒めることをしない、
など、そんな家庭での問題からいじめにはしる子もいるようです。


  子どもの心の貧困は周りの環境や親御さん先生との関わりの中で生まれるのではないでしょうか。


最近よく見かけるニュース、ふと悲しくなったので今回はこちらを書いてみました。

皆さんはどう思いますか?


   最後に、辛い思いをしてる子達にいち早く気づけるようアンテナをはっていてほしい。そして目を向けていてほしい。
当り前ですが子供をとりまく大人の方々に忘れないでもらいたいと思います。

_20161220_170551.JPG

空いた穴はふさいで隠してもかんたんには、なおりません。
心の貧しさは連鎖し広がることもある。
けれど、その逆に止めることもできるはず。

そんな気持ちを込めて…*:。✡




また更新頻度が落ちててごめんなさい><
また早めに更新できるようにしたいと思います…笑

ばいばいっ|・x・)ノシ


s8XvEifxOL.jpg

みなさん!お久しぶりです
清水花梨です💗


12月10日にお別れ会をやらせて
いただきまして
制服向上委員会を卒業しました

約10年間活動してきた
このグループは私の生活の一部でも
あったので、新しい生活に慣れるまで時間はかかると思いますが
制服向上委員会での活動を通して学んだことはこれから先の人生でも役立つ大切なことことばかりなので10年間の経験をしっかり活かして次に進みたいと思います。

3.11の震災以降は
メンバーも減っていくばかりなのに
出演するイベントは増え、1つ1つのイベントをその時に参加できるメンバーでこなしていくことが精一杯でした。
辛くて、辞めたいと思ったこともたくさんあったけれど
いつもそばで支えてくれた後輩メンバーや、スタッフさん、応援してくださる皆さんのおかげでここまで頑張れました。

今は辛かった事よりも全国各地を回りたくさんの方と出会えたことへの感謝に溢れています。

v81eD2zDpT.jpg

この活動通して学んだことはたくさんあるけれど、その中でも
1人では何もできない
という事を身をもって学びました。


多くの人の支えがあって今の私がいて、決して1人ではここまでこれなかったと実感しています


みなさん
本当にありがとうございました
制服向上委員会のメンバーとして
活動した日々はいつまでも私の宝物です。

それではみなさん
また会える日まで

追伸
11月19日で20歳になりました
大人としてしっかりと自分の意見を持ちたいと思います。

制服向上委員会10代目リーダー
清水花梨

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3095.JPG



↑このページのトップへ