goma
お盆休みも終わって、さぁさぁ仕事がはじまりましたね 今日は食材の組み合わせを考えるときのヒントになればと思い、白ごまと黒ごまの違いについて書いてみたいと思います。

白ごまと黒ごま、野菜の風味や、その時食べたい気分によって、私は使い分けをしています。家に常備して、使い分けているひとも多いのではないでしょうか。

じゃあどんな違いがあって、この食材にはこっち、みたいな決まりがあるのかどうか??そのあたりを知っておくと、「今日のごま和えはどっちでやろっかなー」っていうときに役立ちますよね 私の思う2つのごまの違いを下にまとめたいと思います↓↓↓


【 香りの比較 】 
香りに関しては、黒ごまのほうが強いと思います。これは粒のまま食べてみるとわかりやすいのですが、白ごまもごまの香りやローストした風味などをもちろん感じるものの、口に入れてごまを噛んだ時にじんわり広がってくる感じ。黒ごまを噛んだときは、白ごまのロースト感などとは違う、黒ごまらしい芳香をより強く、長い時間、感じられると思います。


【 味の比較 】 
味に関しては、どちらかというと白ごまのほうがコクがあるように思います。ごま自体が持つ油分がごまの美味しさの要ともいえると思うのですが、白ごまと黒ごまを比べると、多くの場合、白ごまのほうが油分が多い=コクがある、ように若干ですが感じられます。


【 じゃあ、どのように使い分けるか 】 
私の普段の使い分けの基準は2つ。一つは香りで選ぶこと、もう一つは色で選ぶやり方です。

香りで選ぶ、というのは、『風味の強い食材には香りの強い黒ごまを選ぶ』だったり、『食材の風味を引き立たせたいときは白ごまを選ぶ』だったりする選び方です。

たとえば、春菊やせり、にんじん、もやしなど、野菜独特の香りの強い野菜に、黒ごまを合わせることで、野菜の風味を前面に出さずに、黒ごまの風味を前に出すことで食べやすくなったりします。

逆に言えば、黒ごまだと黒ごまの香りが強くなっちゃうので、あえて今日は白ごまにして、野菜の風味を楽しもう、という選び方もあっていいと思います。白ごまは香りが穏やかな分、どんな野菜にも合わせやすいという良さもあります!

もう一つの選び方は色で選ぶやり方。これまで香りや味の違いをまとめましたが、ものすごーく差があるというのではなく、若干の違いがある、という程度。だから、あとは食材との色合いで、黒か白かを選んでもいいと思います。


ちょっと長くなっちゃいましたが、白ごま、黒ごま、そんな違いがあると思っています。ぜひ組み合わせを考えるときの参考にしてみてくださいね~


【LINEブログに引っ越したのでぜひ登録を!】

スマホをお使いの方は、ブログ更新情報をLINEで受け取ることもできます。
冨田ただすけ公式アカウントと友だちになって、LINEのタイムラインをチェックしてみてください。

スマホなら下をクリックで友達登録できます↓
友だち追加数