これまでに制作させていただいたレシピ本をまとめています。

上から新しい順です。

※amazonのリンクもはってますので、よかったら見てみてください


表紙データ1
「ごはんがおいしい野菜のおかず」
世界文化社2015.6

とにかく作りやすい和食をと思ってたので、
野菜中心の企画がきて、待ってました~!と飛びついた企画です。
工程写真がこれまでになく丁寧で多いのも特徴。
→amazon商品ページ


表紙データ2
「しあわせの白ごはん」
朝日新聞出版2015.3

週刊誌AERAで2年近くにわたった連載をまとめた本。
普段白ごはん.comで紹介していない洋食レシピも多くて、
初連載というこもあって、個人的にすごく思い入れがあります。
→amazon商品ページ


表紙データ4
「冨田ただすけの和定食」
学研パブリッシング2015.2

定番、おもてなし、時短、いろんな定食を考えた本。
こうやって「定食」として改めてまとめてみると、、
やっぱ和食って最強!ってちょっと自信がついた本でもあります(笑)
→amazon商品ページ


61iftIItDVL
「雪平鍋ひとつでラクうま和食」
PHP研究所2014.11

自分が使わない日はない雪平鍋。
あえて特別なことはせずに、
雪平鍋で手軽に作れる和食レシピをまとめようと思いました。
でもデザートは他の本より多いかな(^^)
→amazon商品ページ


表紙データ3
「白ごはん.comの5分15分30分で和のおかず」
講談社2014.9

時間ごとに分かれてるから使いやすくて、
デザインもとっても見やすい本になったなぁと。
2015.5の時点で4刷りまでいってる本です!
※この本は全部自分で撮影までしちゃいました(笑)
→amazon紹介ページ


hitori
「おとなのひとり家ごはん」
日経BPマーケティング2014.8

日経おとなのOFFで特集を何度か組ませていただき、
それにレシピを追加して出版した本。
こんな料理が好きだ!って言える人は間違いなく「おとな」です。
しぶーい和食オンパレードばかりだから(^^)
→amazon商品ページ


liberaru
「家族の顔を見ながら、毎日ごはんを食べたいと思った」
リベラル社2014.4


情緒的なタイトルの割に実はすごーく実用的な本で
素材ごとにタイプの違う4つのレシピを紹介。
これも自分で写真まで撮りました(≧∇≦)
→amazon商品ページ


bentou
「週末仕込み弁当」
SBクリエィティブ2014.2


サラリーマン時代に和弁当ブログをやってて、
その渋い弁当のトーンに常備菜をミックスした内容。
こんな弁当毎日食べたいなぁって本です。
→amazon商品ページ


soshoku
「粗食のきほん」

ブックマン社2013.11

「森のイスキア」の佐藤初女さん、
『粗食のすすめ』の幕内秀夫さん、
このお二人の対談を受けて季節ごとのご飯もの、
汁もののレシピをまとめた本です。
個人的に見るたびに背筋がのびる気持ちになります!
→amazon商品ページ


sirogohanrecipebook
「白ごはん.com 古きよき家庭料理実用書」

バジリコ出版2010.4

バリバリのサラリーマン時代に出した本です。
手書き文字にゴム版画のイラスト多数!
いろんな意味で思い出深い本。
レシピはどれも定番のものばかりをまとめています。
→amazon商品ページ