月別アーカイブ / 2016年08月

b0309869_22131545-1
夏休みももう終わりですね。

どこかへ行きたいという家族の希望を受け流しきれず(笑)、先日ちゃこ連れでびわ湖へ行ってきました。

旅の様子は後半で。まずは、そのびわ湖の畔で見つけた小さな雑貨&喫茶のvokkoさんがとても素敵だったので、その紹介をしたいと思います。

vokkoさんははじめてうかがったのですが、北欧ヴィンテージの器を中心に、暮らしまわりの小物や道具がたくさん。ヴィンテージの種類も豊富で、どれも質がよく、お店の奥では美味しいケーキ&コーヒーが楽しめました。

店内の様子はこんな感じ。vokkoさんにお願いして、オフィシャルサイトから写真をお借りしています。オンラインショップは準備中とのことですが、ほんとに素敵なお店なので、びわ湖の近くに行く機会があればぜひ立ち寄ってみてください。
http://www.vokko-net.com/

image-1-e1470389326894-768x1024
あ、書き忘れましたが、店内はワンコNGです。ただ、お店の裏庭の日陰にゲージを置かせてくださったので、当日少し涼しかったこともあり、ゆっくり見ることができました(^^) 

ケーキが数種類あったので、私たちはイチジクタルトをお願いしました。やさしいイチジクの甘みをベースに考えられたであろう控えめな甘さのバランスがとってもよく、これまで食べたイチジクタルトのなかでいちばんおいしかったです。

ここからは我が家の購入品。

うちの娘は耐熱のちっこいガラス製マグカップがどうしても欲しかったらしく、いまは食事時欠かさずこのカップを愛用中。あとはビンテージの渋めの花柄のお皿。
vokko1

他には布類も味わいのあるものがたくさんあって、古いものと新しいものを数点購入。これからの撮影に使っていきたいと思います。
vokko2

ほんとにびわ湖の畔だったので、ちゃこを連れて水遊びもしてきました。風が強くて波が少し立ってて、はじめはびっくりしていましたが、、
blog3

慣れればざぶざぶ入ってました(笑) 次回はしっかり準備をして行って、泳がせてあげようかな(笑)
blog2

他にも道の駅やら、河内風穴という洞窟(ここも犬連れOK。すべるからちょっと危なかったけど…)やら行ってきました。ちゃこも娘も大満足だったようです。
blog
そういえば!昨日でちょうどちゃこを保護団体さんから引き取って1年が経ちました!こうして見ると、成犬になっても子犬みたいな顔つきですね(笑) これから少しずつちゃこにとっても過ごしやすい季節に変わっていきますね。また犬連れでどこかに行きたいものです(^^)

umekatuo8683
白ごはん.comで「手作り梅かつお」のレシピをアップしました~。
http://www.sirogohan.com/recipe/umekatuo/

手軽に作れるし、食欲も落ちがちないまの時期に、ぜひ食卓に並べたい常備菜です(^^)

うちは昨日の晩ごはん、白ごはん.comでも紹介している「豚丼」だったのですが、ちょいちょいこの梅おかかをのせながら食べました さっぱり風味よくいただけちゃいました!
http://www.sirogohan.com/recipe/butadon/


もちろん、シンプルにごはんにそのままのっけても、おにぎりにしても美味しいですし、お弁当にもぴったりです!

ポイントは「隠し味に加える少しの味噌とひとつまみの砂糖」かなぁ。これらが梅の酸味や塩角を丸くしてくれます。

豚丼にのせたように、薬味的に肉や豆腐に合わせても美味しいんですけど、日本酒や焼酎好きの方は、焼き海苔にこの梅おかかを少し広げて折りたたみ、ぱりぱりと酒の肴にしても、なかなかいけるんです(笑)

簡単に作れるので、ぜひお試しくださいねっ 

tanzaku
炒め物に、みそ汁になどなど、普段の料理によく入っている「短冊切り」

これって、切る順番が人によって違ってたりするので、参考になればと動画で撮ってみました。

手順の工程は3ステップで、はじめに長さ(4~5㎝)を決める→次に幅(1㎝ほど)→最後に好みの厚みに切る、この順番で切るのがいちばんきれいに仕上がると思います。

これを頭の片隅に置いて、ぜひ見てみてください↓↓↓



ちなみに、すっごく細かいことですが、にんじんの皮をピーラーを使ってむくとき、はじめにヘタを包丁で切り落とし、次にピーラーに持ちかえてから、「その切り口の角を取るようにむく」ことをしています。

個人的に昔からそうしているのですが、そうすることで、後工程の「下に向かってピーラーで皮をどんどんむいていく」という作業がやりやすくなると思うからです 合わせてチェックしてみてください。


最近動画をはじめ、「一人でどうやって撮影してるんですか??」と聞かれることもあるのですが、三脚立てて、その間にもぐりこんで、料理する人の目線で撮影しています。

だから、今回も最後に並べて切っていくとき、ほんとはもっと包丁を大きく動かしたいのだけれど、小さく手を動かすしかできず…涙。そのあたりは今後、解消方法を探していこうと思います。

※それから、youtubeの白ごはん.comのチャネルですが、以下のURLに変更になりましたので、合わせてよろしくお願いします~!
https://www.youtube.com/c/sirogohancomChannel

kyuuriyukari8348
使う材料は「きゅうり、ゆかり、塩」の3つ。1分あればできちゃう、「きゅうりの塩ゆかり混ぜ」を白ごはん.comでアップしました!
http://www.sirogohan.com/recipe/kyuuriyukari/

シンプルな料理だけに、塩とゆかりの分量がポイントになります。なので、‟ひとつまみの分量”をそれぞれ写真で掲載してみました(^^) 

ゆかりがほっんといい仕事をしてくれるんですよね~。塩だけじゃあっさりしすぎちゃって、物足りない味わいになるんですが、ゆかりを加えることで、箸が止まらないちょいおかずが出来上がるんです

超手軽な料理なので、ぜひお試しくださいね!

nasushio_tham
先日アップした「塩もみなすの冷やうどん」、少し前にアップした「薬味たっぷりなすの塩もみ」。どちらも塩でなすをキュッキュッと、手でもみ込んで作るのですが、どのくらいの力加減か?というのが、少しわかりづらいかなと思っていました。

・T-SITEでアップされた「なすの冷やうどん」
http://top.tsite.jp/lifestyle/table/i/30229190/?sc_int=tcore_lifestyle_top_newposts

白ごはん.comの薬味たっぷりな「なすの塩もみ」
http://www.sirogohan.com/recipe/nasumomi/


なすの塩もみは、火を使わずに、食べたいときにさっと作れる便利な1品なので、ぜひこれは動画で紹介したなぁと思っていたので、さっそく作ってみました(^^)

切り方、塩もみの力加減、水気のしぼり方など、参考にしてみてください~。


*動画では塩もみした後の味付けをシンプルに「塩もみなす+ごま油+醬油+かつお節」という組み合わせにしています。これもおすすめなんです!!

maze-tomatoyokokai
白ごはん.comで「ベビーホタテとミニトマトの混ぜご飯」レシピをアップしました~。
http://www.sirogohan.com/recipe/maze-tomato/

ミニトマトとベビーホタテを軽く炒めて、ミニトマトは半分くらいヘラなどでつぶし、醤油を加えて少し水分を飛ばして味を濃縮させます。火を止めて、そこにごはんをドカッと入れて混ぜちゃうわけです

つまり包丁いらずなレシピ

ミニトマトは半分くらいはつぶした方が食べやすく、適度にごはんの方にも味がついてくれていいと思います。トマトから汁気がでるので、醤油を加えたあとは少しだけ汁気を飛ばすのがポイントです(^^)

ご飯を入れたらそのまま炒め続けてもいいのですが、火を止めて混ぜご飯にすると、しっとりと食べやすく仕上がると思ったので、あえて混ぜご飯レシピとして紹介しています。

ぜひお昼ごはん、晩ごはんなどにお試しくださいね~

*ちなみに、この混ぜご飯は新作レシピってわけじゃないんですけど、去年作りかけてた時短レシピサイトが手つかずなので、白ごはん.comに吸収してまとめて見やすくしようと思い、引っ越しさせました(笑)

↑このページのトップへ