月別アーカイブ / 2014年12月

今年も残すところあと1日なりましたねー。私も大掃除を終え、今日からちょっとゆっくりしようと思います笑。

年末年始の買い物もしなきゃいけないんですけど、今年の冬はなじみのお店が2軒も閉店するという悲しいこともありました。私の近所の魚屋さんはとっても美味しい魚を安く仕入れてくれていたし、日本料理屋さんはだしがとにかく美味しかったんですよね。

共に高齢でお店を続けるのが難しいとのことでした。自分のまわりから美味しい和食がどんどんなくなっていくよ~!と泣きたくなるくらい悲しいことでした。

でも悲しいと同時に、自分が、自分たちの世代が、できることをもっとやっていかなくちゃと思うきっかけでもありました。来年はいろんなことに挑戦していきたいと思います!どうぞみなさんよいお年をお迎えください。



昨日発売のAERA、1年8か月続いた私の連載「しあわせの白ごはん」が最終回となりました。これまで見てくださったみなさん、本当にありがとうございます!

最終回は実家の下関に帰って、母親に煮しめの作り方をきちんと教えてもらって、その目分量すぎるレシピを作りやすいものに変えてみました(笑)

食・料理って生きるためにはなくてはならないもので、次の世代へとずーっと受け継がれていくもの。いちばん自分が影響を受けたのはやっぱり実家の料理です。そのひとつひとつに目を向けて、時間のあるときには作り方を教わろうと、改めて思えることができました。

料理研究家になってそろそろ丸2年。AERAの連載とともに歩んできた時間だったと思います。その中でAERAの編集のみなさん、カメラマンの小林キユウさん、いろんな方の助けがあって、毎回毎回が勉強でした。こんな貴重な機会をくださったAERA編集部のみなさんに心から感謝いたします!

来年はまたこの経験を活かすためにも、新しいことにひとつづつ挑戦していきたいな、と年末だからいろいろ妄想しています(^^)

*あっ、そういえば!来年2月にこの連載が本になりますので!また詳細決まればお知らせしますっ



農家さんを支え環境負荷の小さい農業の普及を第一に考えている京都の八百屋、“坂ノ途中”さんとのコラボレシピ。

最近は冬野菜がぎっしりと詰まったお野菜ボックスがいただけます!今回は数ある冬野菜の中から、「ブロッコリー」と「里芋」を使って、やわらかーいほっこり系の副菜を作りたいと思います!

*坂ノ途中のWEBショップはこちらから
*坂ノ途中公式サイト「坂ノ途中の考えていること」のページもご覧ください→こちらから


**********坂ノ途中×白ごはん.comの和食レシピ 10品目*********

“ブロッコリーと里芋の和え物”

ブロッコリーのゆで方と言えば、ゆですぎに注意して食感を残すのが基本です。でも今回は10分くらいやわらかーくブロッコリーをゆで、ヘラで簡単につぶせる柔らかさにし、里芋と一緒に和えたいと思います。ブロッコリーが和え衣の代わりになってくれ、味がしっかり乗ってくれますよ。

<材料(2人分)>
ブロッコリー … 1/2株
里芋 … 2個
炒り白ごま … 少々
A 薄口しょうゆ … 大さじ1/2
A 練りからし … 小さじ1/4
A 塩 … ふたつまみ

<作り方>
ブロッコリーは小房に切り分け、里芋は皮をむいて一口大に切ります。

鍋に水を入れ、里芋を加えます。ここでお吸い物くらいの塩気になるよう塩を加えます。

火にかけて沸いたらブロッコリーを加えます。落し蓋をするとよりよいです!
ブロッコリーはここから10分ゆでるので、タイマーをかけておきましょう。

里芋に火が通るまでゆでます。

里芋に串がすっと入れば、里芋だけをボウルに取り出します。
ブロッコリーはそのままゆで続けます。

ブロッコリーを10分ゆでたらざる上げし、しっかりと水気を切ります。
それから里芋を入れたボウルに合わせ、ヘラでブロッコリーをつぶします。

ブロッコリーのつぶし加減は上の写真くらい。
ここにAを合わせたものを加えてさっと和えます。
食べてみて味が薄ければ塩を少し足してくださいね。
仕上げにごまをふりかけて完成です!

この和え物は温かくても、冷めてもどちらでも美味しいです。
ごまの代わりに刻みのりを合わせたりするのもおすすめですね!
ぜひ冬野菜をいろいろと取り合わせて、ほっこりした料理、献立をおつくりください~。


全日空のプレミアム会員誌『AZURE』の冬号に6ページにわたって取材いただきました!
今回の特集が『たまには家で、食べようよ。』

私のおうちごはんの考え方や、時短レシピ4品も掲載しています。
全日空の会員でご覧いただける方はぜひ!

私は飛行機に乗ることがほとんどなく、名古屋での仕事ばかりなので、残念ながら全日空のプレミアム会員ではもちろんないのですが、この会員誌、すごく丁寧に作られていて、読み応えがとてもある雑誌だと思いました。


男性でも作りやすいレシピを4品紹介したり、、

おうちごはんについて語らせていただいたり。

ちょっと話は変わって、来年のことなんですけど、こんなことを考えています↓
今年レシピ本をたくさん出して、献本で手元に自分のレシピ本がたまっている状況なのです。なので、せっかくならブログを見てくださっている方で、本を持っていらっしゃらない方にプレゼントなどできないかなぁと思っています。また詳細決まったらブログとFBで案内させていただきますね!

↑このページのトップへ