月別アーカイブ / 2014年10月



安斎新・厚子さんの器を今回ちょっとまとめて購入させていただきました。柔らかい形と色合いが料理を引き立ててくれるような器で、柔らかさと裏腹な繊細さも感じさせてくれます。

名古屋でなかなか個展などが開催されないので、今回もネットショッピング。ほんとは器一つずつ吟味したいんですけどね…(涙)今回は東京の暮らしのうつわ花田さんで買いました。届いたものにも大満足。素敵な器に出会えるのは本当にうれしいですね。


今日10/18に『冨田ただすけの雪平鍋ひとつでラクうま和食』がついに発売となりました!

本の内容はタイトル通り、スーパーでもホームセンターでもどこでも売っている“雪平鍋”を使って、簡単でおいしい和食を作ろう、というものです。「和食って特別なことをしなくても、ゆでる、煮るをベースにこんなにいろいろできるんだ!」ということを一番伝えたくて作った本でもあります。
amazonでの紹介ページです → http://www.amazon.co.jp/dp/4569820883/

メインのおかずとなるような煮物や鍋ものから、もう1品あるとうれしいちょっとした和え物やサラダ、卵とじやスープ、雑炊からデザート・甘味まで、いろいろと紹介しています。もちろん私がいつも雪平鍋で作っているレシピの多くを掲載したのですが、まとめてみてわかったことは“雪平鍋を使う和食レシピは油をあまり使わないヘルシーレシピが多い”ということでした。改めて「和食っていいなぁ」と自分でまとめてみて感じました^^

本の誌面を簡単に紹介させてもらうと、、

はじめは「どんな雪平鍋があるの?」「雪平ってどんなところがいいの?」ということからスタート。

雪平鍋のレシピに「だし」の登場回数が多いので、
丁寧なだしのとり方から、だしパックの作り方、市販のおすすめのだしパックまで
いろいろとだしについては紹介しています。

主菜となるような煮物も魚のおかずから肉のおかずまで、たくさん紹介しています。

朝食やサブのおかずにうれしい、軽めの煮物なんかもいろいろと。

卵とじや煮びたしなど、さっと煮て作るレシピはやっぱり便利なので、
いろいろと紹介しています。

続いては「和え物」。さっと素材をゆでてから、それを和え衣でさっと和えるレシピ。
いろんな種類がありますが、結構網羅しています^^

もちろんスープレシピもたくさん掲載。

他には鍋レシピも「石狩鍋」「いわしのつみれ鍋」「キムチ鍋」「おでん」などなど。

最後はデザート・甘味を8レシピほど。白ごはん.comではあまり紹介できていないので、
ここぞとばかり、いろいろと紹介させてもらいました~。
ちなみに上の牛乳ゼリーは「ゼラチン+くず粉」で作るレシピ。美味しいんですよ~(笑)
たぶん週明けくらいには大きな書店さんには入るのではないかと・・・。
ぜひ書店で見かけたら手に取ってみてください!



ごはん好きの輪を広げる「ライスマイルプロジェクト」ってみなさんご存じですか^^

私がおうちで使っている炊飯器は象印さんのものなのですが、その象印さんがごはんを通して笑顔が増えるような様々なコンテンツを発信しているのが「ライスマイルプロジェクト」。
http://www.ricemile.jp/

新米のいまの時期に知りたい「炊き方」「レシピ」「ごはんのお供」などなど、コンテンツも盛りだくさんなのです!

サイトを通して参加することで「米レージ」がもらえるのですが、そのプレゼントの一つとして、先月発売となった『白ごはん.comの5分・15分・30分で「和」のおかず』のレシピ本が!

白ごはん好きな私としてはとっても光栄なことでした。私もさっそく登録して米レージ貯めたいと思います(^^)



先週発売になった『白ごはん.comの5分・15分・30分で「和」のおかず』がさっそく重版していただくことになりました!買ってくださったみなさん、本当にありがとうございます~。

実はつい最近まで私がよくいく書店さんにまったく置かれる気配がなく、、とても不安に思っていたのですが、2~3日前にようやくの入荷^^ しかも平積み!うれしい限りです。

ちょうどその本を目の当たりにしたとき、女性が私のレシピ本を手に取ってぱらぱら、、これはものすごいドキドキしました。感想を直に聞きたい衝動を抑えつつ、静かにチラ見(笑) 結局違う本を購入していかれたのですが、どんな印象だったんだろう。。

いつも本を作るときに、レシピとしてできるだけ簡単にどこまで工程や材料を削るか、普通の家庭料理にやりすぎ感のないアイデアをどのくらい入れ込むか、そのあたりを悶々と悩みます。。

昨日も実は東京の出版社さんが来年発売の書籍について打ち合わせをするために名古屋に来てくださったのですが、たくさん悩みながらやっていこうと思います~!

まだ手に取ってない方、ぜひ書店で見かけたら『白ごはん.comの5分・15分・30分で「和」のおかず』ぜひ手に取ってみてください。ひとまず重版のお知らせでした。

↑このページのトップへ