冨田ただすけ 公式ブログ

ほっこり系の昔ながらの和食専門 著書多数 「白ごはん.com」も運営

shougayaki5424
ごはんがいちばん進むおかずは何か??

そう、それは「豚の生姜焼き」!!

自分で画像加工しながら「この写真見ながらメシ食えそう…」と悶絶してました(笑)



きっと世の中のオトコは、「生姜焼き定食」がすごく好きなんだと思います。

R25のランキングでも好きな定食1位だし、「成功する人は生姜焼き定食が好きだ」なんてタイトルの新書もあるようです^^


私もかれこれ10年以上前ですが、その頃は自分で惣菜屋か、定食屋をしようと思ってました。

となると、想像ばかりが膨らみます。定食屋のメニューを何にするか??


‟メニューが豊富な定食屋もいいけど、5つくらいに自慢の定食をしぼったやり方もいいなぁ、となると「生姜焼き」はぜったい外せない!”

そう思ってたので、そのころから生姜焼きの試作はいろいろやってきてました

blog
そして、ようやく白ごはん.comでアップっ
http://www.sirogohan.com/recipe/shougayaki/


これまでのレシピ本でも生姜焼きは何度か出てきていますが、本のレシピよりも少し作りやすくして、家にある食材や調味料を使って美味しく作れるようなレシピにしました。

この生姜焼きレシピが、世のオトコの胃袋をつかむことを心から願っています(笑)

隠し味にちょっとケチャップが入るところがミソなんですよね~。ぜひお試しくださいっ

siomusubiyoko
白ごはん.comで「塩むすびのにぎり方」の動画をアップしました~!そら豆のゆで方に引き続き、動画第2弾です(^^)

人がおにぎりをにぎっている様子って、普段はじっくり見る機会がほとんどないと思います。だからこそ、こうして動画にしてみると、自分がどのくらいの力加減で、何回くらい握っているのか、サイトではお伝えできない情報満載だなぁと感じました ぜひチェックしてみてください↓↓↓



熱々のごはんで、手を氷水で冷やして、水気もきちんとふきとって、、そうやって作るこだわり塩むすびは、最高に美味しい出来になると思います ※はじめはちょっと熱いと感じるかもしれませんが、手を動かし続ければ大丈夫!(※ただ、熱すぎたら無理をせずに、粗熱を少し取ってからにぎってくださいね)


最近自分の中で盛り上がっている動画熱 覚えたことを忘れないうちに、また第3弾も作っていこうと思います~。次はやっぱり基本の「昆布とかつおのだし」かなぁなんて思ってます^^

linekensaku2
ずいぶん前のことになりますが、このブログでも「LINEのトーク画面でレシピ検索できます」とお知らせしました。使ってみると便利!でもあまり使われてる感じがしない(←あまり知られてない??)ので、改めてそのことに関するお知らせです。

まずはLINEで「冨田ただすけ」と友達になった上で、トーク画面を開きます(上の写真のような画面です)。

その画面で食材などのキーワードを入れて「送信」すると↓↓↓

linekensaku
こんな風に(今回は”ピーマン”と入れたので)白ごはん.comの中のピーマンのレシピがぞろぞろと(笑)最大5レシピまで機能的にお知らせできる仕組みなので、その5つは私の独断でおすすめレシピをセレクトしています!

LINEしてる時、思いついたついでに、とかちょっとしたときに便利な検索方法だと思いますので、ぜひ活用くださいね!

hanba-gu
今月のヤマサ醤油さんでは、先日白ごはん.comでアップした「合わせ薬味」にも似た、たっぷり薬味でさっぱり仕上げる「ぽん酢ハンバーグ」レシピをアップいただいています!
https://recipe.yamasa.com/recipes/2397

このレシピはちょっと大人っぽく辛味もきかせたかったので「カイワレ菜」を細かく刻んで合わせています。合わせ薬味にさらに大根おろしもプラスしてるので、すんごいあっさり系のハンバーグに仕上がりますよ〜!食欲が落ち気味ないまの時期にぜひ^^


さてさて、白ごはん.comで「合わせ薬味」いろいろ使えますっ とお伝えしたので、、
(→白ごはん.comの「合わせ薬味」のページはこちらから

スーパーでの買い物中に「家で試したいことがあるんだけど…」と嫁さんを説き伏せてうなぎを購入(笑)。おうちで「ひつまぶし」を楽しみました↓↓↓ 薬味が贅沢だとうなぎも美味かったっすおもてなしにもよさそうだなぁと思いました。合わせ薬味とうなぎというミラクルなストックがある方、こちらもぜひお試しください

hitumabusi
 

pi-manitameyoko
白ごはん.comで「ピーマンとじゃこの醤油炒め」のレシピをアップしました!
http://www.sirogohan.com/recipe/pi-manitame/

できたての熱々を晩ごはんにおかずに、冷めたら弁当になど、いろいろ使えるちょいおかずです(^^) これからピーマンもお安くなってきますからね!ぜひピーマン主体で作ってみてほしいです

あ、ちなみにじゃこは‟柔らかいしらす”ではなくて、少し硬めの‟ちりめんじゃこ”のほうが食感的にも食べ応えがあって合うと思います~。

※レシピの最後に、ピーマンの代わりにししとうでも作れます、っていう補足も入れてますので、冷蔵庫にあるほうで作ってみてくださいね!
 

yakumimixyoko
白ごはん.comで「和の合わせ薬味の作り方」をアップしました!
http://www.sirogohan.com/recipe/yakumimix/

これからの季節、大葉やねぎ、みょうがなどの薬味って大活躍なのですが、日々の薬味使いのアレンジとして、時にはおもてなしとして、ぜひトライしていただきたいのが「合わせ薬味」なんです。
 
1つの薬味ではなくていくつかをミックスすることで、香りや食感、彩りなど、薬味としての要素がどれもパワーアップしてくれます

いろんな組み合わせがあるのですが、白ごはん.comでは爽やかで、スーパーでもそろえやすい「薬味ねぎ、大葉、みょうが、生姜」の4種をミックスしています。

豆腐や納豆、冷たい麺類、お味噌汁の薬味はもちろん、肉料理やサラダなんかにちょっと加えても絶品なんです

ちなみに、、薬味を用意するのに大切なことって、切り方や水気の切り方なんですが、素材によって水気の切り方が違うので(繊維のやわらかいものはざるに開けてしっかり水気を切り、繊維がしっかりしているものは手でギュッとしぼる!)、そのあたりを参考にしてもらえるとうれしいです。

ぜひお試しくださいね(^^)

youtube
ようやく!ようやくです

動画の撮り方を勉強し、編集のやり方を教えてもらい、youtubeにはじめての動画をさきほどアップしました!

そして、これから動画の数も増やしていきたいので、youtubeに白ごはん.comChannelも作りました

※チャネル登録者数が増えれば、オリジナルのアドレスに変更できるようなのですが、いまのところのURLはこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UCmfV_755JPAaXR6DNgkPwuA


第一弾は、いままさに旬の「そら豆のゆで方」
https://youtu.be/ucHIvPh8vHM


これから作っていきたい動画はほんとに山ほどあります!(技術がまったく追いついていないけど

ちなみに、ひとまず動画は白ごはん.comのすでにある基本のレシピをよりわかりやすく伝えるツールとしてどんどん増やしていき、白ごはん.comのサイトには新しい和食レシピを増やしてページをもっと充実させたいと思っています。第2段の動画もお楽しみに!

oobasengirisaiyoko
これからの季節、麺類の薬味に、ちょっとした浅漬けや和え物などの香りづけに、納豆や豆腐など毎日の食事に、食欲を刺激してくれる「和の薬味」は大活躍ですよね!

 白ごはん.comでもいろいろと薬味のことを紹介しているのですが、この度「大葉のせん切り」の工程をちょっと変えてみました(ついでに写真もすべて撮り直しました♪)。
http://www.sirogohan.com/recipe/oobasengiri/

何を変えたかというと、これまでは『大葉の長さそのままでせん切りにする』という切り方だったのを、『長さを半分にしてからせん切りにする』というやり方に変更!

すごく細かいことなんです(笑) でも料理っていうのは、こういう細かいことの積み重ねで味が変わってきますからね

さてさて、どうして変更したかと言いますと、、

料理屋さんで修業していたころはずっと、1枚そのままでせん切り、というやり方をしていました。そのほうがバッチリ形が決まってくれるんです(大葉のせん切り同士が絡み合って、しっかり形を作ってくれるので)。

でも、取り分けたり、料理と食べたりするときって、大葉1枚の長さがちょっとジャマになるときがあるんです…。半分くらいがちょうどいいんだよな、と思いつつも、ずっと白ごはん.comのほうは変更できずにいたのですが、ようやくです!

これから薬味シーズン到来なので、少しでも参考になればと思います!ではでは~。

minitomatoyoko
美味しそうな夏野菜がスーパーにも並ぶ時期になってきました!昨日なんて、産直市場に行ったらきゅうり10本で150円  しかも取れたてっぽい!うれしい時期ですね~。

さてさて、今日はそんな夏野菜を使った、火を使わずにパッと作れるごま和えの紹介です。

組み合わせる野菜は写真の通り、「ミニトマト×きゅうり」です。

それぞれ単品でごま和えにすることもあったのですが、一緒にごま和えにしてみたところ、、「食感も味わいも違ってそこが美味しいし、 色合いもいいなぁ」と、なかなか素敵な発見でした

白ごはん.comでさっそくレシピアップしましたので、野菜があれば今日の晩ごはんにでもお試しください!
http://www.sirogohan.com/recipe/minitomato/

※いろいろとポイントもあって、例えば「きゅうりに先に軽く塩をしておく」とか、「粗びき黒こしょうをふるとごまとよく合う」とか。ぜひレシピチェックしてみてくださいね(^^)

↑このページのトップへ