冨田ただすけ 公式ブログ

ほっこり系の昔ながらの和食専門 著書多数 「白ごはん.com」も運営

ninnikuhozon9
皆さん、どのように生のにんにくを保存していますか??

上の写真は2か月以上前に買った生のにんにくを"ある場所”に保存しておき、昨日すべて半分に切ってみたもの。芽は出てないし、カサカサにもなってない!

ある場所って書いてあるけど、メモ書きがあるじゃん…って、そう、『冷蔵庫のチルド室(0℃前後)』に置いたおいたのです!


ずいぶん前ですが、このブログで「生姜の超長持ちな保存方法」という記事をアップしました。それがとっても好評で、たくさんの方に試していただいたのですが、「にんにくはどうすればいいです??」という質問をその時にいただきました。
生姜の保存方法に関するブログ記事へ

ちょうどその頃、にんにくの農家さんとお話しする機会があって、農家さんは「‟-2℃の冷凍庫”で保存しています」と教えてくださいました。でも家庭用の冷凍庫だと温度が低すぎるから不向きだともおっしゃっていました。

となると、、冷蔵庫についてある「チルド室」「パーシャル室」がベストなんじゃないかと考えたわけです。

 ninnikuhozon1
そこで、同じ大きさの生のにんにくを買って、3パターンで比較してみることにしました。

①ひとつは常温
ninnikuhozon2

②もう一つは冷蔵庫(5℃程度)
ninnikuhozon3

③最後はチルド室(0℃前後)
ninnikuhozon4

そうすると、、10日後には常温のものだけ、芽が出てきました。
ninnikuhozon5

違いをしっかり見たかったので、ここではまだにんにくをカットせず、2か月間そのままにしてみました。その結果が下の通り!
ninnikuhozon7118
・チルド(左) … 半分に切っても芽は伸びておらず、大きくもなっていませんでした。
・冷蔵(中央) … 外見からは大きく芽が出ていないけど、半分に切ると芽が育っていました。 
・常温(右)  … ひと目でにんにくから芽が出ていることがわかり、半分に切った時もいちばん大きくなっていました。

それぞれ1玉すべて切ってみると、、こちらがチルド↓
ninnikuhozon9

これが冷蔵↓
ninnikuhozon8

最後にこれが常温↓
ninnikuhozon7

私が使っている冷蔵庫にはパーシャル室がなかったので、チルド室での検証になりましたが、にんにく農家さんのお話しからするとチルドよりもう少し温度が低めなパーシャル室でも同じような効果があると思います。

なので、『生のにんにくは冷蔵庫の中でも‟チルド室”か‟パーシャル室”で保存すると、芽が出ずに長持ちする』という考えでいいと思います!

にんにくって芽が出るとそこに栄養分や水分が取られるので、香味や食感が悪くなるので、ぜひ芽を出さない方法で保存してみてください!

*ちなみに、にんにくは今回「新聞紙で包む」「袋に入れる」などせずに、丸のまま置いておきました。それでも外皮をむかなければカサカサになることはありませんでした。いちばんよいのは湿らせた新聞紙などで包んでから、袋に入れておく方法だと思います(冷蔵庫やチルドの場合)。参考までに。

nonaru-(2)
天気が崩れ気味なので、暑苦しいわけじゃないけど、夏はやっぱり蒸し暑いですよね。。

今日は最近のお気に入り「ノンアルコールビール」の紹介です!

これまでいろんなノンアルコールビールを飲んできましたが、満足できる味わいのあるものってなかなかありませんでした でもね、これだけは別格!ほんとに美味しい

風味や苦味、味わい(コクやうま味)、飲んだ後に口に残る後味、どれをとっても、「ノンアルコールだから物足りない」っていうこれまでの印象をガラリと変えてくれるものだったんですよね。

メーカーは「新潟麦酒」さん。こりゃここの他のビールも飲んでみたいなぁ。
http://www.niigatabeer.jp/lineup4.html

*ちなみに、このノンアルコールビールをはじめて飲んだのが岐阜多治見のhoshizumiさん。食事に行ったときにいただきました。ありがとうhoshizumiさん!→そのときのブログ記事


話は変わって、この写真、仕事場じゃなくて自宅でパパッと撮影したのですが、すごい邪魔してくるヤツがいました↓↓↓

nonaru-(1)
ちょうどいいテーブルがなかったので、床に直置きしての撮影だったのですが、、興味津々のようで(笑)

nonaru-(3)
ビール入れる前も、入れた後も、ずっと近くでうろうろしてました。ちゃこの高さで撮影するのはやっぱりキケンだなぁ^^ 

moroheiyamisosiru6959
夏らしい野菜といえば、なすやトマト、ピーマン、きゅうりにオクラ、それから、昨日アップしたレシピに使ったゴーヤなどがメジャーですが、栄養価豊富な「モロヘイヤ」も夏が旬の野菜です!

白ごはん.comではこれまで「モロヘイヤのゆで方」「モロヘイヤのおひたし」のレシピを紹介していましたが、実はお味噌汁の具にしても美味しい野菜

日々の献立に取り入れやすくなるので、今回はできるだけシンプルな組み合わせで作ってみました。「モロヘイヤ、豆腐、えのき茸のお味噌汁」です!
 http://www.sirogohan.com/recipe/moroheiyamisosiru/

穂先側のやわらかい茎の部分もぜひ入れて作ってくださいね~(^^)

go-yanikumiso6710
苦味はほとんどないけど、ほんのりピーマンのような苦味が感じられる「ゴーヤの豚みそ」レシピ。白ごはん.comでアップしました。これはご飯が進む味ですよ~
http://www.sirogohan.com/recipe/go-yanikumiso/

そうそう、娘の学校給食でもこの夏は何度かゴーヤが出てきてたみたいで、「ゴーヤはキライっ」とうちの娘も常日頃言ってました。

でも、このゴーヤの豚みそは「苦くない!」と食べてくれるんですよね

そもそもゴーヤは豚肉やみそとの相性もいいですし、その苦味は味の濃いもの(ここではたっぷりのみそ)と合わせることで、感じにくくなってくれます。特に下茹でとかも必要なくて、そのまま豚肉とかと炒めて、みそなどの調味料と合わせるだけ。

けっこう作りやすさもあると思うので、ぜひお試しください!!

kare-su-pu
最近蒸し大豆を使うことが多くなってきました。そして、こちらは毎年恒例なのですが、夏になってくるとカレー粉の使用頻度も増えてきました

今回はそんな二つの材料を使った、夏らしいカレースープのレシピの紹介♪

「大豆とオクラのガーリック&カレースープ」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2407

ヤマサ醤油さんのサイトでアップしていただきましたので、ぜひチェックしてみてください!


話はいきなり変わるのですが、「ポケモンGO」が日本でもリリースされましたね~

私もインストールしてはじめたばっかりなのですが、インストールする前、やけに私の仕事場の付近に見慣れない大人や子供がスマホ片手に集まっているなぁと不思議に思っていました('A`)

「もしやニュースでやってるポケモンGOか!!?」と思って、私もインストールしてみると、見事に私の事務所のすぐ真隣が‟ポケストップ”という、ゲーム内のアイテムをもらえる場所に設定されていました(笑)

ポケモンGOすごいですね~。こんな愛知県の端の片田舎でも、これだけたくさんの人がプレーしているとはっ。都会は恐ろしいことになってそうですね。

私もこれからやってみようと思いますが、皆さんくれぐれも歩きスマホだけはご注意くださいね(^^) ←実は私もたまーにゲームやるんです(笑)

hiyayakko
蒸し暑い夏は、冷奴が食卓にのぼることも多いですよね!

今回はちょっと意外に組み合わせかもしれませんが、なかなかに美味しい冷奴アレンジレシピの紹介です。

合わせる具材は上の写真のとおり!「みょうがとチャーシューの冷奴」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2408

食べやすく切ったみょうがとチャーシューを冷奴の上にのっけるのですが、ここで‟生姜のしぼり汁”をひとたらしするのがポイント。それから醤油をお好みの量かけていただきます。

ボリュームありつつ、香りのよさとと爽やかさがうれしい一品だと思います。ぜひお試しくださいね~!
 

nekojarasi (4)
昨日の白ごはん.comについての記事、予想以上にたくさんのコメントが後でじっくり一つ一つにお返事させていただこうと思います。いつも見てくださっている皆さん、コメントくださった皆さん、本当にありがとうございます!

さぁ、今日もがんばるぞ!と思ったら、今日から娘は夏休み(笑)

でも、今年からは大丈夫なんですよねっ 去年までは娘と同じ自宅のリビングで仕事をしていたので、なかなかはかどらなかったのですが、今年からは事務所があるのでとっても快適なんというか、気持ちの切り替えができる場所があるってステキ

といいつつ、夕方くらいにちゃこ&娘で仕事場に遊びに来ちゃったんですけど、娘は夏休みに入ってうれしくて、ちゃこもなんだか遊んでくれる相手がいるのでいつもよりうれしそう(^^)

nekojarasi (1)
今日はそこいらで拾ってきたねこじゃらしでずっと遊んでもらっていました(笑)

nekojarasi (2)
椅子の下はもう無理だっていうのに、自分の体は実際よりも平べったいと思っているみたいなんですよね…。可愛らしいやつです。

donabetakikurabe
今日は土鍋の炊き方の違いによる比較をしてみたり…。今度また白ごはん.comかブログで紹介しますね! コメントへのお返事少々お待ちください~っ

kitchen
今日はあんまりレシピと関係ないですが、白ごはん.comのサイトのことなどについての記事です~(途中に自画自賛&自己啓発的部分もありますが、ご容赦ください笑)。

下の写真はWebサイトの分析が出来る無料のSimilarwebという、イスラエルの企業が開発し、世界中で広く利用されているサービスの画面です。Webのマーケティングなどでもよく使われてるツールのようですね。今回はそれを‟日本国内で「Cooking and Recipes」カテゴリ”でランキング表示させてみました

sirogohan2016
上から順に、

1位 クックパッド
2位 ネスレ
3位 きょうの料理
4位 レシピブログ
5位 楽天のウーマンインフォシーク
6位 ABCクッキング
7位 オレンジページ
8位 白ごはん.com
9位 キッコーマン
10位 P&Gのマイレピ

といったランキングでした。超有名企業さんにまじっての白ごはん.comランキング入り(*゚∀゚) 

個人でここまでできるとは正直なところ2年くらい前まではまったく想像もしていませんでした。でも2008年の開設当時から自分が好きな、和食をベースとしたレシピ情報だけを純粋に届けたいという姿勢をずっと貫いてきました。それがよかったのかなと今となっては思います。
過去のLINEインタビューでも恥ずかしながらいろいろとお話しさせていただきました。

正直言ってサイト自体の利便性を見てみると、お金がないとできないことも多いので(大げさじゃなくて何百万、サービスによっては千万単位でお金がかかっちゃう…)、白ごはん.comができていないことも多いです

でも、一つのページにいろんな情報を詰めすぎないことだとか、一つのレシピをできるだけたくさんの写真で目でもわかりやすく作るとか、それをすべて自分でhtmlを打ち込んで見やすさも考えつつ作るとか…。

レシピ検索をして、白ごはん.comに来てもらったとき、見たい情報だけがスムーズに読者に届けられる、という、普段自分が他のレシピサイトを使っていてストレスに感じることを一つずつなくしながら、サイトを作ってきました。

できていないことも多いとは思うのですが、他とは違うそういった視点が他の競合サイトとの差別化につながっているのかもしれないとちょっと思います。

サイト開設9年目。個人でもここまでできるんだということを、自慢でも大げさに伝えたい気持ちでもなく、これから新しいことを始める方にも伝えたいな、と思いこの記事をまとめてみました。

自分の好きな分野、得意な分野をできるだけ継続して、何かしらの活動を続けていくことが大切なんだと思います(自分自身にも言い聞かせなきゃいけないのですが^^)。その活動はもしかしたら、既存のサービスや誰かが近い活動をすでにやっていることかもしれない、そうした時はできるだけその活動に参加して、自分なりに感じる改善点を自分の活動にプラスしてやっていくことが自分のウリになっていくのだと思います。

最近は私も雑誌やテレビ、本での露出が正直なところ減ってきています。意識的に減らしていて、その時間を白ごはん.comのコンテンツ作りに使ったりしているためですが、私にとっては何より大切なライフワークなので、これからも大切に白ごはん.comを育てていきたいと思っています!

今日は久しぶりに動画でも撮影するかな~

*SimilarwebはGoogleのアナリティクスなどと比べてみると、PVなどの誤差はあるものの、全体的な状況を把握するにはもってこいかもしれない便利ツールだと今回わかりました。自分でサイトなどを運営している方、ぜひ見てみてください。→SimilarWeb

ちなみに、、もう一つ上の「Food and Drink」カテゴリ(国内)を見てみると、、、

1位食べログ、2位クックパッド、3位ホットペッパー、4位ぐるなび、5位Retty(口コミサイト)、6位サントリー、7位スターバックス、8位出前館、9位マクドナルド、10位Coca-Cola、、といった感じでした。ちなみに白ごはん.comはこのカテゴリで39位! いろいろ調べてみるのも面白いですっ

*有名企業さんばかりなので、特に上にリンクは張りませんでした(笑) 気になるものはググって見てみてくださいね(^^)

nikumaki6275
白ごはん.comで「しゃぶしゃぶ肉で作るアスパラの肉巻き」レシピをアップしました!
http://www.sirogohan.com/recipe/nikumaki/

これまでアスパラの肉巻きレシピは、1本丸ごとを使って、肉を斜めに巻き付けるやり方を紹介することが多かったです。そのほうが見栄えがして、豪華に見えるから(^^)

おもてなしなどにはそのやり方がぴったりなのですが、「普段のおうちのごはんで作るときはもっと小ぶりなほうがいいのかな」と常々思っていました。

そこで!「アスパラははじめに切る」「しゃぶしゃぶ肉を使う」「焼いた後に切らずにそのまま盛り付けできる」、こんなレシピで作ってみました♪
 
アスパラを1/2の長さにして作るのですが、そうした時はしゃぶしゃぶ肉を使うとちょうどアスパラと肉の割合がよかったので、しゃぶしゃぶ肉を使うレシピにしています。

普段のおかずに、お弁当に、ぜひお試しくださいね!

↑このページのトップへ