宮城に出張へ。

妻や娘の様子が気になります....

沐浴はやっぱり難しいですね...
まだ妻と2人体制で頑張ってます。

相変わらずすごく気持ち良さそうな娘(^^)
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9779.JPG

昨日の夜、妻が休んでる間にもぞもぞ動く娘。
ミルクも飲んで満足のはずなのに。

様子を見ると足がモゾモゾ...
もしやと思うと、、やはりうんち。

よしと思い、スムーズに(その時はたまたま?)オムツ交換がうまくいき、娘もぐっすり。

妻が休んでいるときにこういったことがあるとヨシとガッツポーズしたくなります

しかし、、朝時計を見ると3時間以上経過、、しまったと思うと、、4時台の寝起きには起きれず、、妻ごめん...。妻は全然大丈夫だよーって感じですが悔しい...

毎日色々な発見がある子育て。
楽しみながら娘の成長を見守りたいです

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9784.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9743.JPG
AIR MAXが30周年を迎えました。

今日まで開催されていたAIRMAX REVOLUTION TOKYOのレセプションパーティーへ。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9590.JPG

とにかくすごかったです...

本日発売後に速攻で完売になったAIR VAPORMAX。


早速トライアルも。
未だかつてないほど走れるAIRMAXの誕生ですね👏

偶然、会場でその日に出産祝いの連絡をもらっていた浦和レッズ関根さんと遭遇。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9591.JPG
たくさんのNIKEアスリートが来場していました。

VAPORMAXはかなり履きやすいので是非再販してたくさんの方に履いてもらいたい1足です

まだ3人家族になって2日目ですが、、大変です^_^;

昨日の夜も最初2時間おきから、1時間おきに「オギャー」の声。妻が授乳の間にミルクを作ったり、終わったら煮沸をしたりとバタバタ、、僕の起きるタイミングがワンテンポ遅れ妻がもう既に抱っこしているのを見て、まだまだだな俺は...と反省...

オムツ交換もまだ細かなミスが多かったり、完璧までは程遠いですm(__)m

1番大変なのがお風呂...
気持ち良さそうに入る娘とは対照的に狭い浴槽でギュウギュウの僕と妻。ポジショニングや担当をもっと明確にしないと...1人でやるにはまだ時間がかかりそうです...

パパ頑張れ...!

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9692.JPG

心配をよそに今日、妻と娘が無事退院しました。
本当に良かった...

家に帰ってすぐに準備していたベットに(25日早く産まれても赤ちゃんグッズはほぼ完璧)
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9627.JPG
おかえり?ようこそ?なんて言えばいいんだろう....^^;安心したのかぐっすり眠ってました(^^)

覚えることは色々ありますが、、まずはミルク。
妻が授乳をしている時に哺乳瓶にどのくらいの水とミルクの量かを確認。使い終わったあとは普通に洗うだけじゃダメなんですね。

今はこういったものあってすごく便利。
bPJBw231_N.jpg
蓋をしてレンジで温めて煮沸。
考えた方すごすぎです。

そしてまたまた便利なのがこれ。
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9671.PNG
赤外線で計れる体温計。しかも、体温だけじゃなくお風呂やミルクなどの温度も測れてしまう優れものです。本当便利です。定期的に体温測って低かったら部屋の温度を変えたりしています。

今日は初のお風呂にも。
妻にやり方を聞いて明日からは僕ができるようにならなければ....気持ち良さそう....(^^)
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9662.JPG

なんか、、子育てブログになってきてる気がする...けど、言いたいし書きたい...ので引き続き、頑張ります!

zUbs2gIxTz.jpg

Et0_pSimxg.jpg
wpLFCGCBa3.jpg

まさかのLINE BLOGアクセスランキング1位...
アクセス数を見て驚き...

毎日4時間しか面会時間がないので帰るのが惜しいです...こういうことされると余計に....(T-T)
lsq6428HZf.jpg

でも、今日で妻と娘が退院です!
いよいよ明日から3人生活がスタート(^^)

オムツ交換にお風呂にミルク!
まずはこれを完璧にしたい!

いざという時に涼しい顔してできるようになるために頑張るぞ!

妻の出産から2日が経ちました。
記憶が鮮明なうちに出産について自分なりに感じたことを書こうと思います。

出産に対してのイメージが結構ネガティブだったので、、基本は立ち会わない方向でと思っていましたが、出産ついて調べたり、周りから色々な出産の仕方を聞いて自分なりに勉強していきました。


前回のブログでも書きましたが、妻が選んだ病院が「ソフロロジー法」という 出産方法を推奨している病院でした。出産のイメージはとにかく痛みに耐えて!踏ん張る!陸上ハードルの為末さんからもスクワットのイメージと聞いていたので(笑)現役時代に180kgスクワット上げていた妻だったら大丈夫だろうと言ったら軽く怒られました...


ソフロロジー法で出産したDVDを見た時は衝撃でした。本当にいきまずにゆっくり息を吐いている瞬間に産まれていたのでビックリでした...妻もソフロロジーの教室に参加した時も前日に出産したばかりのお母さんが普通に参加して出産の話をしてくれていたとのこと。そのぐらい母親の負担も少ない+赤ちゃんにも負担が少ないとのことでした。


そのDVDのお陰でかなり楽になりました(妊婦さんが苦しんでなかったので) 
妻は夜にDVDを見て出産のイメージトレーニングをしたり、寝る前にCDもしっかり毎日聞いていました。やってきたスポーツと一緒で継続する力はすごいです...

出産本番、なにができるかなと色々考えてました。
妻の性格を考えると、、負けず嫌い、、なにくそ根性がある、、ってことは

「どうした?まだまだここから!」
「諦めるな!勝負!勝負!」

といった声かけを考えましたが、、周りのアスリートママ友から論外!と速攻却下(当然ちゃ当然)

やはり、ソフロロジー法に乗っ取った呼吸法をしっかり意識して、リラックスさせられるような言葉がけをしていこうと(当たり前か)


アプリで陣痛タイマーを見て、陣痛の間隔や陣痛の長さを計りながら、一緒に呼吸をしたり、力が入ってる場所をさすったりしてリラックスさせました。

不思議と時間通りに陣痛がやってきます。妻にも「あと何秒で(陣痛)終わるよ」「うまいうまい、今の呼吸の仕方すごくいい」など、完全に助産師さんばりの動き。助産師さんにも褒められて完全に調子に乗ってました。


ただ、陣痛の痛みがきつくなってくると、妻の呼吸も乱れ始めました。腰からお尻を呼吸のタイミングで押してあげるといいよと助産師さんにアドバイスされそれをやるとかなり楽になるようで、息を吐くタイミングで押していきました。コツも分かってきましたが、妻の呼吸のタイミングがズレるといきんでしまい、その瞬間妻のお腹に力が入り手が押し返されます。最初はリズムよく押せていましたが、その力がこっちも本気で押さないといけなくなってきました。もうMAXでした...腕だけじゃ無理になり、分娩台に足を乗せて足をストッパー代わりで押さえる程でした。妻には「辛いでしょ...?」と言われ、変な不安を与えないようにと思い「全然余裕だからこっちは大丈夫!」と言いながらマジで限界でした、、出産後、押してる手がぷるぷる震えてたからと完全にバレバレでした...


世の中のご主人様!絶対鍛えておいた方がいいです!


横向きから仰向けになってからは妻の表情も余裕が出てきているように見えました。
呼吸の仕方もすごく上手でした。先生が「次で産まれるよ」と言った時に妻が「ちょっと待ってくださいね」と一回一呼吸置ける余裕もありました。本当にゆっくり息を吸ってゆっくり吐いた瞬間に産まれました。その時の妻の息を吐ききっている表情は今でもはっきり覚えてます。

もちろん全ていきまない、痛みが全然ないというのは無理です。その中でも、ソフロロジーを知っていて良かったと思ったのが、一緒に立ち会った時に知らないと「がんばって」としか言えなかったなと。呼吸法を一緒にやって、ポジティブな言葉がけをかけれただけでも全然違かったんじゃないかなと。

夫にとっての出産は妻に対して「がんばってね」ではなく「一緒にがんばろう」だったというのが僕の感想です。


ちなみに、妻は出産してからすぐにおにぎりとパンを食べてました(笑)
部屋に戻ってからもぴんぴんしていますし、廊下もすたすた歩いてます。
それは、元々体力があるから?ってのもあるかもしれませんが、、ソフロロジー効果もあるんじゃないと終わって色々考えて感じました。もちろん1回目の出産で比較できるものはありませんが、妻の状態や25日も出産が早まった我が子も1日で保育器から出れまして、身体に着いたモニターも今日外れました。

そして、2日目の今日は部屋で一緒に過ごせました。小児科の先生の検診も「早く産まれてきた割には健康!手のかからない子になるよ!」と安心しました。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9568.JPG
今日は初のミルクも経験。おむつの交換も完璧にしてお風呂もしっかり入れられるようにがんばるぞ(^^)

LmhOKXhU2M.jpg

このアプリに助けられました。

出産日から逆算して今日の我が子の状況やママの状況も教えてくれました!


_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9530.PNG
yAHrsRa02D.jpg
KRUQFq1N4V.jpg

我が子は、予定日よりも25日早く産まれてきました。
保育器から出れてモニターも取れて今日は部屋に来れてママと一緒にいれています。良かった。

パパになったのでこのアプリともお別れ!
助かりました!

3月20日 妻が2643gの女の子を出産しました。

母子共に健康です。と言えないんじゃないかと思いました。



「4月14日予定日で女の子です」



たくさんの人に聞かれてそう答えていました。

産まれてくる我が子のことを想い考えながら服を買ったり、ベビーベットを買ったりと準備は進んでいきました。


そんな中、妻が夜中



「破水したかも」



と。慌てて入院の準備をしてタクシーに飛び乗り病院へ。

妻も初めてのことなので破水かどうかも定かではない状況。

僕自身もいくらなんでも早すぎないかと。病院に到着し検査結果を待っていると「ご主人中に入ってください」と言われ中に入り言われた言葉は



「陰性です」



良かった...一安心し歩いて帰ろうかと駅まで2人歩いていると妻がやっぱりなんかおかしいと。

家に帰ると今度はおしるしが来てると。


すぐにまた病院に電話すると、少し様子を見て欲しいとのこと。

妻は横になって安静にしていると今度はお腹が痛むと。お腹をさすって楽になって、またしばらくして痛みが出ての繰り返し。しばらく落ちついて寝についてしばらくしてやはり痛むとのことで、病院に電話。

すぐにまた入院準備をして病院に。検査の結果は


「陽性」


破水をしているためすぐに入院とのことでした。


信じられませんでした。予定日よりも26日も早い。そんなことありえるのか。そんな状況で産まれてきて健康でいられるのか、一気に不安になりました。



出産の準備は進めていはいましたが、こんなにも早くそのタイミングがくるなんて予想してなかったので妻も心の準備ができていませんでした。産む本人の本当の心の中にある出産への「怖さ」を考えると「大丈夫」なんて気軽には言えませんでした。



分娩台に乗ってその時を待ちます。陣痛の間隔が次第に短くなってきますが、結局出産のタイミングにはならず部屋に戻り様子を見ましょうと。部屋に入っても陣痛が続き、お腹をさすって落ち着いて、何回繰り返したでしょうか。朝になり僕は仕事がありました。破水が起きて72時間以内には出産したいと聞いてました。この立ち会いを逃したら一生後悔すると想い、急遽リスケしてもらうことに。「こちらはなんとでもなりますから!」と。関係者の方々には手を合わせる思いでした。その後の先生の話で促進剤を打ってでも今日出産したいと。



元々、出産には立ち会わないとぼんやり決めていました。妻の痛がってる姿は見たくない。一方で妻は立ち会ってほしい言ってきました。出産の立ち会いを経験した先輩パパたちからも絶対に立ち会った方がいいよと言われ心に決めてはいましたが、いざその瞬間を迎えた時にはやっぱり怖かったです。


促進剤を打ってからは陣痛のタイミングが早くなってきました。今回妻はソフロロジー出産という呼吸法が非常に重要な出産方法を選びました。僕も事前に妻とDVDを見たり、本を読んだりしていたので、ただ「がんばれ」ではなく一緒に「がんばっている」感覚でした。


最初はお腹、次に腰、お尻とさする位置、押す位置が変わっていきます。我が子が下にどんどん降りていっているのが分かりました。本当に妻を押すこっちの腕が限界になりそうで、足を使って押さえるほどでした。横向きから仰向けになっていよいよの段階。もう僕ができるのは妻にありきたりな言葉をかけることしかできなかったと思います。妻の顔しか見てなかったです。長いようで短い時間でした。



「産まれましたよ」




妻が涙声で僕に「見て」と言われ初めて振り返り、我が子を見たとき、今まで味わったことのない感動で涙が止まりませんでした。産まれたての自分達の子どもを見たときのあの光景は一生忘れることはないでしょう。



一度、外に出てからもしばらくは涙が止まりませんでした。心から立ち会って良かったと思えました。



予定日よりもかなり早く産まれたため、しばらくは保育器に入るようですが、ミルクが飲めれば問題ないようです。出産後妻が動けるまで1時間30分、産まれてきた我が子を横目に過ごしたあの3人の僅かな時間は不思議で、そして幸せな時間でした。



出産に立ち会い、子どもが産まれるとはどれだけのことなのかを知りました。


これから家族が増えて3人での生活が始まります。最高のパパを目指してこれからももっともっと頑張っていこうと思いながら、ひとり病院を後にしました。



最後まで汗を流し涙をこぼし頑張ってくれた妻を心から尊敬し感謝しています。3人で頑張った出産。これを乗り越えられたらもうなんでも大丈夫だよね。本当にお疲れ様。本当におめでとう。本当にありがとう。




ということで、改めて「母子共に健康」です(妻は特に)

本当にありがとうございました。


_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9467.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9486.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9488.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9483.JPG

↑このページのトップへ