月別アーカイブ / 2016年07月

みなさま毎日とっても暑いですが、元気でお過ごしでしょうか。こうも暑いと、かき氷にダイブしたいですね。ただ、食べ物で遊んではいけないと思うのでそこはグッとガマンして海にダイブしたいですね。

海といえば魚、魚といえばまぐろ。

まぐろさんケースの販売が、残りわずかとなってまいりました。(※新宿スマートラボ販売分)
以前、豚さんの輪切りを作っていたので


次はお魚でいきたいなーと思い、削ぎ身にしてみました。食べ物さま、ありがとう。部位を確認しながらありがたく頂きたい。お寿司屋さんに行きたい。


ネットからでも買えるんです。
👇
http://goo.gl/IrG6Ne

残りかなり少ないですが、今ならすぐに、あなたのお手元までまぐろさんが泳いでいきます。


宜しくお願いします。
好きな寿司ネタは納豆です。





#これから展 ありがとうございました。
東京同様300人近くのお客様にきていただき、一安心。二安心。三百安心。


頂いたお手紙をゆっくり読んだのだけれど、もうほんとみんな泣かせないでほしい。(これからももっと泣かせてほしい)愛に溢れていてこちらの愛のやりどころに困りました。ありがとうね。



さてと。
終わってから一週間も経ってしまった。あっという間の一週間でした。興奮冷めやらぬまま東京に戻り、あたふたとお仕事。すこし落ち着いたのでゆっくりレポートを書きたいのだ。そんな気持ちなのだ。


大阪なので会場見学にいくことができず、直接見ずに場所や内装写真だけで予約をしたのだけど、思った以上に使いやすくてステキな空間でした。心斎橋アイギャラリー様、またよろしくお願いします。











こんなに人いっぱいになったりして、エアコンの冷気様が追いつかないワンシーンも。











なぜか男子しかいないタイミングもあったり。普段のトークショーとかも老若男女感のある小鳥遊サポーター。いつかは男女半々になったりしても嬉しいな。

いろいろ揃えていたグッズも、ありがたいことに売り切れ続出。次からはもっとたくさん用意したり、新たな挑戦もしたい。
スタッフさんは大阪のお友達を通じて集まってもらいました。こちら1日目チーム
そしてこちら2・3日目チーム。いろんなひとに助けられて生きてます。人は一人では生きていけない。
途中、大小さんのほうの展示会にも顔を出したりして。(この時たまたま会場にいた子達を引き連れ、みんなで#これから展に移動したりしました。面白かった。←無理矢理じゃないです。)

夜は焼鳥を食べたり…あっ違うの、ちゃんとたこ焼きとかお好み焼きとか串カツとかも食べたの。写真撮り忘れただけなの。

3日間とも来てくれた子たちなんかもいて(感激)1日目に買ったくまったくんTシャツを着てきてくれました。意識高い。すばらしい。
ミニチュアフィギュアを使った写真アート作品で有名な田中達也さんも偶然近くで個展を開いており、お互いの個展を行き来できました。とても尊敬している方です。













たとえば「チョコレート1粒が軽傷、3粒が重体です」というタイトルのこの作品。天才ですね。小鳥遊が好きそうな意味がおわかりいただけるかと。


実は昔、田中さんを全く知らないころ、似たような作品を作っていたことがあり、存在を知ってから驚いて連絡させていただいたのがきっかけ。
⇧これら小鳥遊の撮影したもの。

これは、ビックリするでしょ?笑
本を見つけて「え〜〜〜!」ってなったのです。もちろん私はお遊びだったし、ライバルだなんてそんな表現おこがましく、ただただいつかなにかお仕事ご一緒できたら…と願うばかりです。

さて今回物販をご購入いただいたみなさんに渡していた紙袋。くまったくんのスタンプが押してありましたね。あれ、実はファンの子(この子)が以前別のイベントでくれた物なんです。消しゴム判なのですが、あまりに良く出来ていたので感動し、いつか使おうと思っていたので使わせていただきました。今回も来てくれて、喜んでもらえたのでよかったです。わたしも喜んでます。



さて、
そんなこんなの

#これから展 in 大阪もあっという間に終わり
空っぽの会場でただただ思う。



これからだ。がんばろう。


来てくれた方々、お手伝いしてくる方々、本当にありがとうございました。

(今更だけど)撮った写真はSNSなどどこにでもアップOKなので、ぜひタグ付けなどしてアップしてください。そっと「いいね」とポチったりします。




つぎは生誕祭。豪華すぎるゲストの最高な生誕祭。
7/31 渋谷VUENOSにて。チケットまだまだ絶賛発売中です!ご購入はこちらから。http://vvstore.jp/feature/detail/8489/


長くなってしまいました。ひとまずこんな感じです。みなさん、明日からもがんばりましょう。これからも、もっと愛されるひとになりたい。


↑このページのトップへ