_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3685.JPG
鳥のさえずりなんて聞こえない!
昨夜の雨の音なんて覚えてない!
花が散ったかなんて興味がない!

漢詩を真っ向から否定です(^ω^)!!

いつ夜が明けたか分かんないとは言っても、ようは目が覚めて起きてるんですよね。起きてるから鳥のさえずりも聞こえるし、昨夜の雨の音も思い出せるわけで。

私は春眠、夢の中!

春はずーっと寝ていたい……。

しかし今日はまさにこの歌のような朝でした。夜の雨音も聞こえたし、早朝には鳥の鳴き声も聞こえた、花が散った代わりに甲子園が雨天延期になったことでしょうか。

漢詩は大好きな分野ですけど、マイナーすぎて一般人が知っている物は限られます。超有名な漢詩と言えば
  • 春眠暁を覚えず(春暁・猛浩然)
  • 国破れて山河あり(春望・杜甫)
の二大エースになるのでは。七歩詩(曹植)や垓下歌(項籍)とかも有名なんでしょうが、古体詩になるので別物扱いされる部分もあります。

春望に関しては私の中では「国破れてサンガリア」ですね。たとえ日本経済が崩壊してもサンガリアのような地元密着格安ジュースメーカーは潰れない、というありがたい意味で捉えましょう。

まぁやっぱり春暁が一番何を言ってるのか現代日本人にも分かりやすいです。どう捉えるかはそれを読んだ人次第ですが。

★当ブログは「投げ銭制」です★
  • 面白いと思った、応援するよ!
  • ブログの新しい収益方法に協力するよ!
  • よし、いいお酒を飲んで寝よう!
そう思って貰えた方からのご協力お待ちしております!(ゆうちょ銀行とLINE Pay対応)
<更新履歴>
初稿:2017年2月28日
更新:2917年3月21日