月別アーカイブ / 2016年09月

defspiral TAKAとの札幌2マンライヴについてです。

ツイッター上で詳細の公開が二転三転してしまい
皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。
申し訳ございません。

正しい詳細はこちらです。

Diving to the north Vol.1
2016/11/26(土)札幌musica hall cafe

出演
木村世治(ZEPPET STORE)
Montage.(defspiral TAKA)

adv¥3,500/door¥4,000(without 1drink)
OPEN/START:18:00/18:30

●2016/10/8(土)昼12時よりチケット予約開始
tiget!サイト(https://tiget.net/events/6726)


Diving to the north Vol.2
2016/11/27(日)札幌musica hall cafe

出演
木村世治(ZEPPET STORE)
Montage.(defspiral TAKA)

adv¥3,500/door¥4,000(without 1drink)
OPEN/START:11:30/12:00

●2016/10/8(土)昼12時よりチケット予約開始
tiget!サイト(https://tiget.net/events/6727)



また、10月2日福岡S.O.Raで開催される
DIE/木村世治/TAKAスリーマンアコースティックナイトの
チケットキャンセルが一枚ありましたので
ただいまから一名様のご予約が可能となりました。

こちらからアクセスしてください。

tiget!サイト https://tiget.net/events/5894


今後ともよろしくお願い致します。

今年のバースデイライヴは初の地元での開催でした。
しかも48歳最後のライヴはこれまたお初の山形で。

以前から「山形でぜひライヴを!」と熱望されていまして
今年やっと実現出来ました。

雨が降りしきる中、出迎えてくれたファンの方が
本当に喜んでくれてね、もう来た甲斐があるってもんですよ。
 
今回の会場はFRANK LLOYD WRIGHTというところ。
老舗のライヴハウスです。

いきなり1曲目から全員スタンディングをあおりまして
雨の中『rainman』でみんな踊りまくりです。

アンコール入れてなんと!2時間20分という長丁場で。
久しぶりの即興ソングなんかもあったり
トークも結構冴えてましたのでね、盛り上がりました。

終演後はファンの方々からとても可愛らしいケーキが。
スタッフさんたちとみんなで美味しく頂きました。
どうもありがとう!!!

IMG_4663


移動中の高速のSAのトイレで誕生日を迎えるという
なんだか自分らしいなぁ~おいしいなぁ~なんて思いながら
ツイッターでは沢山のお祝いの言葉がありまして
実にありがたく実家へと向かったわけです。

夜中2時過ぎに着くと親父がむっくり起きてきましてね。
一人打ち上げのビールを呑んでいると
簡単なつまみをさりげなく用意してくれました。
正しく『TENDER』の歌詞のようですよ、うちの親父。
ほろっと不覚にも感動しましてね。
親に感謝の日がそんな風に始まりました。

翌日はclub SONICでバースデイライヴ。
ゲストにZ*零*EROとアベマンセイを迎えて開催です。

Z*零*EROはアニメをメタルアレンジでカバーする
5人組みのバンドでしてベースとリードギターが私の同級生。

みんなもちろん仕事をしながら活動していますが
世治ががんばってるのに触発されてまた楽器を始めた
なんてうれしい事を言ってくれる仲間たちです。

そんな活き活きしてる仲間たちと一緒にやりたくてね
ゲストに出てもらいました。

最後の曲『宇宙戦艦ヤマト』では私飛び入りしまして
一緒にセッションさせてもらったよ。

IMG_4677


きっちりヘドバンもキメまして。
しかし49歳最初に歌う曲がヤマトとは!最高でした。

その後アコースティック弾き語りで7曲
いつものように「誕生日は両親に感謝の日」と
『OCEAN』や『GRAPEFRUIT MOON RIVER』も歌いました。
『ROSE』のエンディングでは3弦が切れるというハプニングが。
いいね!(何が?)

そしてドラムヴォーカルになってマンセイと12曲。
ピアノやキーボードも入れた曲もあって
二人でもかなり重厚な音だったと思います。

IMG_4675

IMG_4676


カバー曲も何曲か用意したんですが
その中のCOLDPLAYの『Clocks』でまたハプニングが。
私のステージドリンクがこぼれて電源タップにかかってしまい
一部の楽器電源がショートしてしまったんです。

幸い大惨事にはならなかったんで良かったですが
まぁこれも弦の事も空からのイタズラという風に解釈して
その後もたっぷり盛り上がりました。

アンコール前には地元で有名な
「白土屋菓子店」のジャンボシュークリームが登場し
会場内のみんなで祝ってくれました。

ここまでは何となく想像がつきましたが
全く思いもよらないサプライズがありまして。

なんと!母親からの手紙が。
Z*零*EROのヴォーカルやしこが代読してくれまして
いや~恥ずかしいのなんのって。

涙が出るっていう前に恥ずかしさが前面に出てしまいまして。
いろんな方々があの手この手で色々と準備してくれたんでしょうが
ありがたいやらテレくさいやらで。
私はいったいどんな顔だったんでしょうね。
(こんな顔でした↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓)

IMG_4674

この後の『声』や『thinking of you』では
みんなの泣いている顔が見えましてね
そっちの風景の方が母親の手紙よりヤバかった。
なによりも美しい涙ですね、きっと。

最後は『tricky』でライヴが終了しました。

マンセイのプレイも一段と良くなっていて
地元限定のこのツインユニット、ヤバいっす。
とても最高の夜でした。

会場の入り口にはBUCK-TICKゆーたさんから
シャンパンとお花が届いておりまして。

IMG_4666


毎年いつも気にかけてくれて本当にありがたいです。
ゆーたさん、ありがとうございます!

さらにサプライズは弟と姉のメッセージと続きまして。
このメッセージボードが入り口に貼ってあって
来場してくれて方もメッセージを記入出来るという
粋な演出もありました。

地元のいろんな方々が用意してくれたんだと思います。
本当にうれしかったです。

弟と姉のメッセージが中々に面白かったので
せっかくなんで公開しますね。

IMG_4667

IMG_4668

IMG_4669

IMG_4670
IMG_4671


中々の文才じゃね~かよ!姉弟!
サンキュー。

最後に平日なのにいわきまで来てくれた方々に感謝です。
ステージ上でちゃんと伝えたつもりですが
今一度声を大にして言わせてください。
「心からありがとう!!!」

残念ながら行けませんでしたって方も
メッセージくれたそのお気持ちに感謝です。


次はKISS THE WoRLDもZEPPET STOREも
ツアーがありますし、明日はKiyoshiさんとのライヴもあります。
どんどん楽しい事をみんなと一緒に作りあげれたらと思います。

49歳も最高の音楽道を開いていきますので
ぜひ応援のほどよろしくお願い致します。 

IMG_4678



んじゃ、まったね~ 

↑このページのトップへ