月別アーカイブ / 2014年10月

ご無沙汰してます。

珍しく風邪をひいてしまい
横になりながらこんな企画を思いつきました。

私を変えたアルバム20選!!

アタクシ幸いな事に幼少の頃から音楽に触れる事が多く
比較的早熟なガキでございました。

なので楽器に興味を持ったのも早く
小学5年からドラムスティックを握ってました。

今の自分を構築してくれた偉大なる音楽に敬意を!
という事で早速幼少の頃から聴いてきたアルバムを
特に思い入れのある10枚は解説を加えて紹介します。

⚫️A Collection Of Beatles Oldies / The Beatles('66)
ザ・ビートルズの公式ベスト盤。
今まで色んなアルバムがマスタリングされ再発されていますが
このアルバムは公式にも拘らずCD化されていません。

オリジナルアルバムではなくベストを手にした事が良かった。
シングル『Let It Be』でザ・ビートルズに出会い
アタクシの音楽の根っこに生えた最初の一枚です。
音楽の先生的な一枚でもあります。

⚫️In The Moning / Bee Gees('71)
こちらは日本独自編集のベスト盤。
なのでこちらも未CD化です。

映画『小さな恋のメロディー』が日本で爆発的ヒットになり
ビー・ジーズも大人気となり企画されたアルバムだと思います。
なのでヒット曲満載!CD化希望!!
アタクシの根底にあるメロウな部分はこのバンドのせいですww

⚫️News Of The World / Queen('77)
言わずと知れた名盤でしょう。
小学5年の頃に急激に仲良くなった石嶋くんという
今でも仲が良い友達がいるんだが
その石嶋くんと、やれキッスがいい!いや俺はクイーンだ!
みたいな事をバトルしていたんですね。

アタクシは最初どっぷりクイーン派でして。
『Get Down, Make Love』のトリップ感は
当時小6のガキには刺激が強すぎた。
ヘッドフォンをしながら「悶絶」という感覚を覚えました。

⚫️Alive Ⅱ / KISS('77)
きました!キッス!
石嶋くんとクイーンとキッスのアルバムを交換し
しっかりハマっていきます、キッスにも。

キッスはNHKでライヴ放送があったり
音楽誌に取り上げられる機会も多く、先にビジュアルにやられましたね。
ドラムを叩き出すのもこの頃でしたが
なぜかドラマーのピーターではなくギタリストのエースに夢中でね。
この方の歌がめちゃくちゃいいんですよ。
よく学校でほうきをギターにして内股弾きの真似してました。

⚫️Live Bootleg / Aerosmith('78)
当時子供が好きなものの代名詞で「巨人、大鵬、卵焼き」という
流行語がありましたがアタクシは違いましたね。
アタクシの場合「クイーン、キッス、エアロスミス」ですww

とにかく荒々しい録音状態にとても刺激を受けました。
このアルバムには当時対訳がついてなくて(当時は対訳付が少なかった)
『ROCKS』か日本編集のベスト盤のどちらかかは忘れたけど
のちに購入したアルバムに付いてた対訳を見て更に衝撃でしたね。
下品でww

⚫️Live at Budokan / Cheap Trick('78)
またまたライヴ盤です。
当時チープ・トリックのアルバムはこれしか聴いてませんでした。
なので未だにライヴバンドのイメージがありますね。

武道館を世界的に広めたアルバムです。
ポップでキャッチーで漫画のキャラクターのようなギターとドラムス
そして対極の美形ルックスのヴォーカルとベース。
日本で早々に火がついたのも分かるね。
アタクシも見事にハマりました。

⚫️24 Carat Purple / Deep Purple('75)
初期の音源の公式ベスト盤。
こちらはCD化されています。

少年は一度はハマっていくんです、ハードロックにww
クイーンやキッスが決してテクニックがない訳ではないんだが
ディープ・パープルは重たい感じと少々ドロくさい感じがあって
しかも上手いっていう印象がワクワク感をくれたんですね。
このアルバムもそうですが
少ないおこずかいをはたいて買うアルバムですから
ベスト盤やベスト盤的選曲のライヴ盤を買ってしまうくせが見えますね。
この後にオリジナルスタジオアルバムを数枚購入しました。

⚫️CM Song Graffity / Godiego('78)
やっときました、日本のバンドが。
ゴダイゴのCMソングを集めた企画盤です。
こちらはCD化されています。

当時ドラマ「西遊記」が大流行していまして。
ゴダイゴはその音楽を担当していました。
なぜかそのサントラには手を出さず(シングルは買ったよ)
こちらを購入したんだが大正解。
CM提供曲だからキャッチーなのは当然なんだろうけど
曲が良すぎる!全曲英語ってのも刺激的でしたね。
日本人でこんなアルバム作っちゃうってとこに衝撃的でした。

⚫️Going for the One / Yes('77)
少年は一度はハマっていくんです、プログレにww

プログレッシブ・ロックというジャンルのトップ3に入るバンドです。
組曲やクラシックの要素が入ったり
割と難解なイメージがあるプログレバンドですが。
中学に入ると高木くんという新しい友達とプログレ談義が始まります。
高木くんの兄貴が物凄い数のレコードを持っていまして
毎日のように家に遊びに行ってレコード聴きまくってました。

所謂プログレで一番好きだったのがこのイエスです。
声とメロディーがきれいなんですよね。
楽器に対しての向上心がもっと自分にあったら
今頃ツーバスで馬鹿テクのドラマーになってたかもしれません。

⚫️Get the Knack / The Knack('79)
「マ、マ、マ、マ、マ、マ、マ、マイシャローナ!」
デビュー曲でいきなり有名になったザ・ナックのファーストです。

ザ・ビートルズの再来なんて言われてましたが
このスカッとするシンプルな音作りは単純に楽しくて
しかもマイナーキーの曲がほとんどないから
元気がほしい時にはよく聴いてました。
クイーンもキッスも少なからずダークな部分はあったので。
DJでスピンしてもかなり盛り上がりますね。


こんな感じの10選でございました。
楽しいです、ホント。
以下は残りの10選です。

⚫️Deliverin' / Poco('71)
⚫️Fragile / Yes('71)
⚫️Machine Head / Deep Purple('72)
⚫️Houses of the Holy / Led Zeppelin('73)
⚫️Dedication / Bay City Rollers('76)
⚫️Destroyer / KISS('76)
⚫️A Day at the Race / Queen('76)
⚫️Draw the Line / Aerosmith('77)
⚫️Tertio / Atoll('77)
⚫️Hydra / TOTO('79)


アトールというフランスのバンドを始め
後々ヨーロッパ周辺のプログレにハマった時期もありました。

hurdy gurdyというソロユニット名を付けるきっかけとなったドノヴァンや
度々好きと公言している60年代のバンド、ザ・ゾンビーズや
70年代のバンドのイーグルス、フリートウッド・マック、
特にファーストに感銘を受けまくったトム・ウェイツなどは
比較的大人になってからハマった感じなので
ここからは外れています。

お年玉とかをこつこつ貯めて買うアルバムですからね。
この頃買ったものはやはり思い入れは強いですね。
視聴も簡単ではなかったのでジャケ買いで失敗も多かった。

次回は80'sを紹介していきます。

さて、今後のソロのライヴ情報です。

●キザワ007がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
2014/11/3(祝)横浜THE CLUB SENSATION

●SEIZI & Cu++ でSHOW!! Vol.17
2014/12/20(土) 横浜THE CLUB SENSATION

そして今年最後のワンマンだ!!


●C & C Tour 2014~Semi Final~
2014/12/26(金)名古屋HUCK FINN FACTORY

●C & C Tour 2014~Final~
2014/12/27(土)大阪POTATO KID

チケット予約などの詳細は
こちらをクリックしてください→オフィシャルHP

んじゃ、まったね~

HIDEさんの事務所HEADWAXからご招待頂き
X JAPANの横浜アリーナへ行って来ました。

会場へ案内頂くと個室付のボックス席でした。
そのボックス席でHIDEさんのご両親と
某アイドルの方と一緒に観覧しました。

感謝感激です。

今まで何度も観ているX JAPANですが
HIDEさんが亡くなってからのライヴでは
個人的に一番のライヴでした。

ステージングやセットリストのボリューム感、
そして何より新曲がかなり良かったですね。

新曲が良かったって思えるライヴは
次も観たいと思えるって事だしね。
何度も感動が押し寄せてきました。

PATAさんとHEATHの楽屋へ伺って
PATAさんとは一緒に写真も撮って頂きました。

0ef657c0.jpg


変わらず気さくな兄貴で嬉しいです。

アメリカから帰って来たら呑みに行こうと約束しました。
いぇい!

素敵な一日をありがとうございました!

さてさて。
今月はたくさんライヴがあります。

DIEさんMADさん率いるKISS THE WoRLD 007も
もうすぐアルバムが完成します。

今作品はアタクシがメインの曲が多いですぜ。
ぜひツアーをお楽しみに!
詳細はこちらです→http://www.die1964.com/info/

そしてワンマンライヴは一本のみ!
毎度おなじみ大阪POTATO KIDです。
LIVEとDJが一度に楽しめる一日です。

素敵な音楽を聴きながら
一緒に楽しみましょう。
中々ライヴでやらないゼペットの曲とかガンガンスピンしようと思ってます。

C & C Tour 2014~Live & DJ~
2014/10/19(日)大阪POTATO KID

OPEN/START:18:00/19:00
adv¥3.500/door¥4.000(飲食代別途)

●公演日、お名前、お電話番号、ご予約枚数(二枚まで)を明記し
下記のアドレスへ送信してください。
●三日以上経っても返信がない場合は
お手数ですがご連絡をお願い致します。
迷惑メール対策等でドメイン指定をされている方は
ご自分の端末設定をご確認ください。
●やむを得ずキャンセルされる方はメールでご連絡ください。
キャンセル料につきましては公演二日前までには発生しませんが
前日、当日キャンセルの場合はキャンセル料100%となります。
●予約メールアドレス
info.sayzee@gmail.com

お待ちしております!!

んじゃ、まったね~

↑このページのトップへ