月別アーカイブ / 2009年09月

今日は渋谷club asiaにてDJです
ライヴフロアで18時頃から15分
ラウンジで21時頃から30分という
短めの出演ですがお時間ありましたらぜひ

spray×SARAH pre.「ぺろぺろしnight」

2009/9/30(wed)渋谷club asia

adv\2.000/door\2.500(without 1drink)
OPEN/START:16:00/16:00

そんで函館のイベントの詳細も出ました。
今回はアタクシ企画色が強いので
久しぶりのイベント名を付けたよ
前売りチケットはメール予約のみです。
よろしくっす

If You Want~函館編~

2009/11/6(fri)函館Pub The Beats

adv\2.500/door\3.000(1ドリンク付き)
OPEN/START:19:30/20:00

出演:木村世治(hurdy gurdy/Pale Green)
    熊谷暁人(うきぐも)

10月1日12時から11月5日21時まで
メール予約を受け付け致します。
●公演日
●お名前
●電話番号
●予約枚数
を明記の上
info.sayzee@gmail.com
まで送信してください。
予約完了の返信が届きます。

楽しみだね~


★本日の逸品★
「マイたこ焼き器」
たこ焼き器
誕生日のプレゼントで
友人から禁断の、
そう禁断のたこ焼き器を頂きました。

ヤバい、こんなもんウチにあったら
一人でもやっちまうじゃねぇか
たこ焼き晩酌パーティー

危険だ、あぁ危険だぁぁぁあああ
寂しい、一人暮らしにたこ焼き器はあまりに寂しすぎる
でもありがとう
美味しく出来たらアップするぞぃ。

んじゃ、まったね~

普段の生活で音楽を聴くのと同じように
テレビ(特にお笑い、バラエティー系)をよく観るが
「モヤモヤさまぁ~ず2」がやっぱり面白い

全国放送ではないので軽~く説明すると
さまぁ~ずのお二人とテレビ東京アナウンサーの
大江麻理子さんがメジャースポットではなく
どこか「モヤモヤ」した場所を散歩しながら
ただブラブラ~っとする番組であ~る。

時にはドメジャーな街にも出没するが
例えば「柴又」の回では
決して帝釈天などという有名スポットには立ち寄らず
古びたオモチャ屋さん、駄菓子屋さんなどで
ただダラダラとトーク展開していくだけの番組っス。

街にいる普通のおじさん、おばさんとの会話や
サイコロ振って出たお題に合わせて
3人がトークしたりするんだが
カメラがあるとかあんまり関係なしに
ごくごく普通の会話になってて笑える。

アタクシと同い年でもあるさまぁ~ずさんは
単独ライヴDVDを全部観ちゃってるほど
以前から大好きな芸人さんだが
この番組のポイントはテレ東アナの大江さんであると思う。

このお方、アタクシのツボであ~る。
顔が好みとか、スタイル的に好みとか
そーゆー下世話的な事ではなく
てゆ~かどちらかと言うとあまりタイプではないが
三村氏の軽~いセクハラをサラっとかわす辺りが
もの凄くドS的にツボなんであ~る
と、やっぱり結局のところ下世話的に好きなんであ~る。

ただトークしながら街をブラブラするだけで
番組が成立してしまうところが
さまぁ~ずさんの凄~いところです。
DVDもめっちゃ売れてるみたいで
レンタルもされてるので観た事ないって方は是非
癒されるよ~ん。

以前からファンの方にはお笑いのDVDをよく頂いてます。
さ~すが~分かってらっしゃる
どうもありがとう
自分でも特にライヴの時のお笑いDVDを観ます。
芸人さんってテレビで売れちゃうと
ネタをあんまりやらなくなる傾向がありますが
売れてても定期的にライヴをする芸人さんは
やっぱり尊敬出来ますね~。

音楽ライヴは古い曲でも新曲でもカバー曲でも
何でも好きなように出来るでしょ
でもお笑いライヴは同じネタは繰り返し出来ないし
つねに新しいネタで構成しなきゃならない。
それってもの凄い事だと思う。
同じようにゼロから何かを創るものとして
尊敬出来ちゃうんです
だからたまに無性にお笑いライヴを観たくなる。
今、すご~く刺激が欲しいね~。

さまぁ~ずさんのせいかな。
今日のブログは「~」が多くね


★本日の逸品★
「アタクシ流ベーコンエッグ野菜カレー」
ベーコンエッグ野菜カレー

また高田馬場にあるインド式カレー屋さん
夢民(むーみん)の感じにマネてみた。
もうこ~なると単なる野菜炒めカレーっすね。
美味かったっス。
ごちそうさん、自分

んじゃ、まったね~

ライヴのコーフン冷めやらぬって感じで
未だ余韻に浸っています。

コメント欄は予定よりも多い時間解放しました。
たくさんのお祝いメッセージ、どうもありがとう
閉じた事によって今は見られなくなってますが
メッセージはもちろん大事に保管してあります。
また何かのタイミングで解放するね~

マイスペフレンドの皆さんは
9/22、9/23のセットリストが
見られるようになってるよ

さてさて、最近弾き語りで何度か披露している
高畠俊太郎の「金色の欲望」という曲。
彼のデビュー15周年を記念したベストアルバムに
トリビュート盤も入っており
そこに"hurdy gurdy"名義で参加した曲です。

俊太郎の15年のキャリアからのベスト盤と
トリビュート盤の二枚組になってまして
「金色の欲望」を楽しくカバーさせてもらいました。
発売は10月7日です。
詳しくは"高畠俊太郎オフィシャル"へ。

弾き語りとは一風違った
がっつりバンドサウンドに仕上がってます。
お楽しみに~

そろそろ作曲作業に入ります。
特にリリースが決まってる訳ではないんだが
42歳初の楽曲というものが
一体どんな感じになるのか
自分でもワクワクしているからね

そしてもうすぐやってくる2010年は
ソロ活動がメインになってから5周年の年。
あっという間の5年間でしたね。
かなりフットワークも軽くなったな~

一人アコースティックの表現の仕方や
バンドスタイルでの高揚感も年々楽しくなり
5年かけてやっと自分のスタイルが分かり始めた。

変化していくのに躊躇していたら
何も始まらないということ。
過去の自分に誇りを持ちつつ
新しい自分に期待していきたい。
そんな事を5年の間でたくさんのライヴをしながら
たくさんのCDを発表しながら
少しずつ確かめていた。

"ZEPPET STORE"も"HOODIS"も
大事な大事な「自分の子供たち」です。
そんな「大事な子供たち」を
大切に歌いながら
"hurdy gurdy"も"Pale Green"も
もっともっと楽しんでいきたい。

自分が関わった全てのメロディーで
もっともっと"木村世治"を表現していきたい。

そんな風に思っています。

これからも歌い続けます。
いつでも会いに来てください。

BlogPaint

んじゃ、まったね~

↑このページのトップへ