月別アーカイブ / 2008年12月

10時間ほどで終了です。
あっと言う間の2008年でした。

ファンの皆様、今年も色々とありがとう
沢山の感動を頂きました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

来年も良い作品を届けられるよう
気合はバッチリ入っております。
牛パワーで頑張るでぇ~モぅ~。

さて、年越し蕎麦食って
今年のカウントダウンは
X JAPANだぜ。

良いお年を。


hurdy gurdy 木村世治

Ra:INさんとのセッションは
めちゃめちゃ楽しく終了しました
今年はこれで歌い納めです。
来てくれたみんな、ありがとう。

メンバーの皆さんが可愛がってくださって
リハーサルの時から
「お前、メンバーに入れ
などとの攻防が繰り広げられ
アタクシ50回くらい
「かんべんしてくださいよぅ~
と言ったかもしんない。
とてもうれしく光栄な事なんですが
まだまだ自分の事も頑張らなあかんねん
という事で加入は辞退させて頂きました。
いや~本気か冗談か分からなかったけど
マジありがたかったっス。

打ち上げではPATAさんに
二次会まで連れてってもらい
久しぶりに二人でたっぷり呑みました。
「木村は本物のミュージシャンだな、やっぱり。」
なんてチョ~~~うれしい事言ってくださって
涙がちょちょ切れそうっした。
年末にこんなうれしい事言ってもらえると
めっちゃ励みになるよね。
来年も良い年になるぞ、きっと。

本日はBUCK-TICK先輩の武道館に行ってまいります。
楽しみ~~

んじゃ、またね。


メイクフォト

Ra:INの専属メイクさんに
「カッコよくメイクしようよ。」
と言われたもんで
少々キメてます。



------------------------------
hurdy gurdyの2009新年会ライヴ

2009/1/9(fri)下北沢440

adv\3.000/day\3.500(without 1drink)
OPEN/START:18:30/19:00

新春一発目の弾き語りワンマンです
お年玉(おやつ)付き

チケット予約方法
440電話予約のみで受付中
下北沢440電話予約:03-5481-4143[2PM-8PM]
------------------------------

★hurdy gurdy無料デコメ配信中★
携帯からこちらをクリック

http://decoking.jp/c/hg

QRコード

明日のゲスト出演がみんなと会える
最後の日になります。
なんかこんな事書くと寂しい感じだなぁ・・・。
でもすぐ新年会で会えるからね

明日のライヴのリハーサルもバッチリで
1曲の予定が急遽曲数も増えて
計3曲歌う事になりました。
たまに違う現場でやると楽しいね。

おいおい、そんなこと以前に
「アタシ、もしくはオレの住んでる近くに
 今年は全然来てくんなかったじゃん」
な~んて声が聞こえてきそうですが
オフィシャルで発表したライヴとDJは
意外にも多く49本でした。
合ってるかな?
でも、もっともっといろんな所に行きたいな。


ずっと一人じゃん、アタクシ。
いやいや、悪い意味にとらないでね。
事務所にも所属していないしさ
自分に関わる事すべて一人でやってるんス。

もちろん協力してくれるスタッフも
サポートしてくれるメンバーもいるけど
アタクシが雇い主なんだよね。
それこそライヴハウスのブッキングとか
制作に関しての打ち合わせとか
クライアントとのやりとりとかさ
お金の事とかも全部一人でやってるんですのよ。

そんな話をたま~に同業ミュージシャンと
話すことがあってさ、そうすると大体
「お前えらいな~。でも寂しくない?」
な~んて言われちゃうんです。

当たり前にやってる事だから
当然えらくもなんとも思ってなくて
そんな風に一人でやってる音楽家なんて
世の中に沢山いるだろうし。
自分で選択した道なので
寂しいとも思わないんです。
でも孤独の作業が多い事は事実で。

そんな状況で活動しているせいか
音楽で人とつながっていたいって気持ちが
たぶん他の方よりも強いんだと思う。
寂しくないって思えるのって
ライヴがあるおかげだし。
ここ近年は本当にライヴが楽しくてしょうがないんです。
盛り上がろうが盛り下がろうが
お客さんが多かろうが少なかろうが
全部自分自身の責任。
他の誰のせいでもない。
失敗を人に押し付けるなんてダサいこと
まったくもってしなくっていいんだ。
だから今、自分が誇らしくてしかたがない。

こんなことをね、クリスマスにさ
素敵な音楽を聴きながら自問自答してたら
少し自分が好きになったんだよ。
ホントに笑っちゃうくらい
のん気に生活してるからさ
たまにはマジメにね。

来年は制作の年(もちろん自分用ね)にもするし
今年とはちょっと違う活動の仕方をします。
自分が関わっているものには絶対の自信があるし
誇りを持って作品を発表していきます。
なんら変わらず「木村世治」であり続けるし
間違いなく素晴らしいものをお届けするよ。
期待しててください

んじゃ、まったね~

↑このページのトップへ