絵をの価値をちょっとだけ上げる方法です。

問い。
あなたは、10時間で絵を5枚描いて展示する事になりました。
さて、どうやって時間を割り振るでしょう。 

普通に考えれば、2時間×5枚となりますね。 

しかし敢えて僕は、最初の4枚をそれぞれ1時間で済ませ、
残った6時間全てを費やして会心の1枚を作るほうが得だと思うんです。
さてなぜでしょうか。


2時間で描いた絵は、見る人にとって2時間の絵でしかありません。
1時間で描いた絵は、当然1時間の価値しかないでしょう。 
しかしここに、6時間の絵が1枚混ざれば話が違います。 

6時間の絵と言えば、本気絵です。
当然、1時間や2時間で描いた物とは出来が違います。

この本気絵を提示する事によって、
「この作家は本気を出せばここまで描けるんだ」
という情報を見る人に植え付ける事ができます。

そうするとどうでしょう。
1時間しかかけていない絵も、また違って見えてきます。
「この作者は本当はもっと凄い絵を描けるけど、敢えて崩して描いているのだな」
「あんなすごい絵を描ける作者の絵なんだ、これもきっと価値がある」
と、見る人が勝手にプラスアルファの点数をつけてくれます。

よって最終的には、1時間の絵にも1時間分以上の評価が
下される事となるわけです。


…っていう、なんというか持論みたいなものでした。
僕も1話に1コマぐらいは「ここがみどころ!」っていう決めゴマを作りたいなー

久々に本屋に行って色々ゲットしてきました(・∀・)
そのうち2冊がこちら

Y2NyVZVRCd.jpg


ピアシェのアニメDVD付きオフィシャルブック!
アニメ1~6話(24分+特典)が収録されてるので凄いお買い得なカンジがします。
かわええのうかわええのう

ARIAはこれ完全版の5巻なんですけど、1~3巻までは持ってて4巻だけ入手できてません。
ネット通販でもいいんだけど、オリジナル版を全巻所有してるので
のんびり本屋さんで見かけた時に買いましょうっと 
ここでお話したか分かりませんが、ARIAは本当に素晴らしい作品です。 

現在公開されてる202話「映画の回2」のネタバレ含みますけど
大して問題ないので気にしないでもいいと思います。



この回のラストで里美さんからホラー映画を紹介されてしまったタクオ!
どうするタクオ!絶体絶命のピンチだタクオ!やばいぞ!
・・というのが202話のオチでした。
しかし実はこれ、投げっぱなしENDではなく続きがあります。
というかこっからが本番じゃいヽ(・ω・)ノ


205話ラフ.png
というわけで最初の1コマです。
今さっき製作開始したばかりの出来立てです。
さてタクオはこの危機をどう乗り越える!?

こないだの格闘ゲームの回からあまり間をおかずまたタクオのターンですが
今回はほぼギャグ回なのでご安心ください。

さあーてタクオのアホさを存分に描いてやるぞう。

↑このページのトップへ