IMG_9437.JPG

好きな人がいる生活って最高じゃないですか?


でも何より幸せなのって、そこまで好きでいられる人と出会えることで、もっと幸せなのって、その人のために自分を変えたいと思える瞬間だったりする。

大人になれば「乱されたくない」ってよく思うけど、それすら変えてしまいたくなって、いつもの自分がちょっと変わってしまって「おかしいな、ぼくこんな人だっけ」って戸惑いながらも、その状態がきらいじゃなかったりしてさ。

自分のテリトリーにどんどん入り込んできて、常にその人のことを考えて、会えないと身体の半分が無くなったみたいに寂しくて、

もともとは他人で最近まで別々に生きてきたはずなのに、一緒にいないほうが不自然で、一緒にいるときがいちばん自然な気がしてくるような。


相手の生活の一部として自分が存在していて、自分の生活の一部としても当然存在していて、「いま何してるかな」っていつも思って。

会いたくて、会えないときはさみしくて。


なんかそういう「若い恋だねぇ」なんて笑われちゃうような恋って、最高だとおもうんだよな。

大人になれば自分のことと日常とで忙しくなってしまうし、他のことに構ってる余裕なんて正直なくなる。

そんなときに自分の気持ちをごそっと持って行っちゃうような相手に出会えるって、それはそれで幸せじゃんね。

そんでもって、相手もそんな風に思ってくれて、そういう二人が手を繋いでいっしょに笑って寒い道とか歩いているなら、冬も悪くないね。

好きな人がいる人、もしその人といっしょにいられるなら、その時間を大事にしてね。しあわせはたくさん伝えて、不安はたくさん話して、ふたりのしあわせな時間をたくさん繋げて行ってね。お互いでお互いをしあわせにしながらね。