_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0695.JPG

こんにちは、ライターのさえりです。

年末なので忘年会ラッシュ。先日も女子だけの忘年会をしていたのですがそこで散々盛り上がったのが

恋人が家事を一切手伝ってくれない、というもの。

1番悩んでいた友人は最近同棲を始めたばかり。彼とはほぼ同い年、共にフルタイムで働いていて、ふたりともクタクタで帰宅する。

なのに帰ってきた時から彼はソファでゴロゴロ。「ご飯作って」とは言われないけれど、まぁお腹もすいたし仕方ない、と、友人がご飯をつくり、一緒に食べ、「さぁわたしも休憩を…」と思ったものの、彼がソファで眠り始めて起きる気配がないので皿を洗う。

その他の日も、皿洗い中、彼はゴロゴロか調べ物か仕事かテレビか睡眠か…。

そうして意を決して、ある日「あのさ、ちょっと家事手伝ってくれない?」と言ってみたら

「言ってくれたらいつでも手伝うから、言ってよ」と言われたのだという。

友人はこういうわけです。

「一緒に暮らしはじめたばかりで家事分担のルールも決めてないのに、言わなきゃ手伝ってくれないって、いつのまにわたしがやるのが基本になってるのか…。

でもね、べつに家事をやるのが嫌とか、やれないほど疲れてるとかじゃないの。彼の方が疲れてるのかもしれないから、わたしがやってもいい。

でも、一言、手伝おうか?って言ってほしいんだよね。それすら、ないんだもん。嫌になっちゃう」

***

聞きながら思っていた。

「手伝おうか?」と言いもしない男は、デートの支払い時に財布を出しもしない女に似ている。


彼が払ってくれるっぽいなー?たぶんそうかなー?でもまあ今日記念日でもなんでもないし普通の日だしご馳走するねってテンションでもないし、うーん、たぶん、たぶんいつもの感じだと彼が払ってくれる、けど、一応「(財布を出そうとして)いくらだった?」


ほら、これ。これこれこれこれ。
散々男どもが「財布を出しもしない女は〜〜」とか言うから、我々も一応気をつけているこれ!これだよこれ!


頼むから男は「家事」において少なくとも「手伝うフリ」くらいは毎回して欲しい。

だんだん関係性に慣れてきて毎回財布を出さなかったとしても最後に「美味しかったありがとう」を言うのは欠かさないはず。むしろそれも言われなくなったら「別に、ありがとうって言われないとムカつくってほどじゃないけど、なんかモヤモヤする」と思いませんか思います。

きっと同棲女子たちは家事にだって同じこと思っているのだろう。

もちろん聞いて来られると「いや、大丈夫だよ」とか答えてしまうこともあるので、何も聞かず手伝ってくれるのが1番いい。というか、共働きで一緒に生活しているのだから、「手伝う」とかいう言い方ですらなく、当然のように家事は分担したいくらいだ。

「家事手伝ってくれるのー❤️」という女子の喜びは「男性は家事を手伝ってくれないものだ」という認識のもと成り立っているけれど、お互いの間で「家事は彼女がやる」などのルールを設けていない限り、皿洗いをしてくれるのも掃除してくれるのも本来「珍しいこと」ではない。むしろ共同生活をしているのだから生活を共にするうえで家事分担は当たり前だと思いたいくらい。

けれどそんなに上手く物事は進まない。

手伝いもしない人が多いのも事実。もしかしたら母親の姿を見ていたせいで、特に何もルールを設けなければ(あるいは女性側が希望を述べない限りは)家事をしてくれると、無意識に思っているのかもしれない。わたしたちだって無意識に「家事は、働いててもわたしがやらなきゃ」と思ってる人もいるかもしれないし、そこまで苦におもってない人だって多いと思う。

だから何歩でも譲ってせめてこう言いたい。

家事をしていたら「手伝おうか?」と言う。知らないうちに洗濯してくれたら「洗ってくれたんだねありがとう」、ご飯食べたら「美味しかったありがとう」、皿洗い終わったら「今日もありがとう」と言う。

ただそれだけでもいい。

なーにを彼女が家事するのが当然だと思ってんだ一緒に暮らしてんだぞ、こちとらお前の母親じゃないんだぞ、お前と同じように働いとんじゃ、まさか体力も違うのに「俺の方が疲れてる」とか求められてることも違うのに「俺の方が大変な仕事してる」とか言うなよ? いや、わかってますよ。できるだけわたしも支えたいと思ってます。だから家事やってもいいです。ただし、ほら、ここはお互いを思いやるということで手を打ちませんかね。

わたし自身は同棲もしたことがないのでこの心の叫びは友人を代弁したものでしかない。あと、もちろんお互いの中でルールがある場合や、ルールがなくとも不満がなければどっちが家事をしていようと、感謝を述べずにいようとどうでもいい。

けれど、不満のある同棲恋人たち、または夫婦たちは、よくよく心に留めておいて欲しい。

家事を手伝おうともしないきみがしていることは、財布を出しもしないうえに、払わせているあいだも携帯を触り続け、支払い後も「美味しかったありがとう」と微笑みの対価を返すこともなく、唐突に「ねみ〜〜」などと言い出しているのと変わらない。


ちなみに。

財布を出しもしないで「いくらー?」とか言われても「払うつもりもないくせに」と思うのと同じで、ソファでゴロゴロしながら「手伝おうかー?」などと言っても「何そのポーズ」とイライラを助長させるだけなのでお気をつけて。

みんながお互いを思いやって、尊重していけたらいいよね。あと、苦しい同棲女子たちは、きちんと自分の希望を伝えるのも忘れずにね。

それでは!