_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1394.JPG

浜松窓枠。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1289.JPG


ライブと言う以上
「2度と来ないその瞬間」を迎えにいってるのは重々わかってる事なんやけど


この言葉以上に、2度と出来ないライブをしたなあと言う感覚があります。


浜松はやっぱすげぇな。
勢いあるし、かっこいい楽しみ方するなって思う。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1295.JPG



三人での最後のライブでした。


自分は一年、十年経とうが待ってるつもりで居たので
過度な期待もせず,変わらない気持ちでこのツアーに旅立ちました。
休む勇気へ背中を押してあげて
自分がこのバンドを守ろうと強く思ったので、気持ちがブレる事も無かったです。



ご存知の方も沢山居るとは思いますが
自分達は元々5人のバンドでした。

あんまり苦労話っぽくすんのも好きじゃないんやけど
まあとにかく大変な時期がありまして
改めて4人でRoyzと宣言した訳です
そう言う意味では割と修羅場を経験して来たと思うので
今回の事も おらやったるかー ぐらいにしか思ってませんでした。


とは言え、みんなは不安やったし心配やったやろう。  
そりゃさみしいなあ。

でも思ってたよりずっと強かった。
強がりかもしれんけど、やっぱり一緒に色々乗り越えて来た分強いのかなって思った。



メンバーの頑張りや、沢山の人の支えがあって
ライブもやれた。


でも
「3人で回れる」にしたくないと思った。


確かに俺たちに足りない物がある 


改めて気付かされた瞬間があって、それはハッキリしてた。




 

だから、その日まで俺たちは今を突き詰めようと今日まで来た。
そう、何ら今までして来た事と変わらない事。




全く復帰の日程も決まってなかった以上
出口の見えないトンネルを進む事は容易では無かったはず


でも、その道では知らない気持ちを沢山拾う事が出来ました。

今まで明るかった分、逆に当たり前になって見向きもしなかった気持ちなのかも知れません。

ドキドキワクワクへ自分たちからこんにちはしに行く毎日は
こんなにも楽しくてこんなにも満たされる事なんやと
色んなことを思い出した。

やれる事を思いつくだけ全部思いっきりやる、
本気の本気は楽しすぎるからね



ツアー中、公大から朝方電話がかかってきた事があって
朝6時くらいやったからもう無視したろうかと一瞬思ってんけど
こいつ、こんな時間になってまで何か伝えたい事があるんやろうなって
ちょっぴり長電話した日がありました


ショボくれたなよなよした声から始まって
戻れへんのかなあみたいな
アホみたいな事言うから一喝したった


お前はこの一ヶ月と今までの八年を天秤にかけて
どう思うねんって
こっちがどんな思いでお前の事待ってるか分かっとんのかって全部言ったった

みんなで戦おうや

いつ誰が一人になったねんボケって


電話切る頃には、いい声で無駄話してました
俺歌っとるから分かるけど
いい声って、いい顔からしか出えへんからね


ああいい顔できるくらいまで来たなあ
あと少しかなあ
その時は思ったなあ
 

帰って来れるってなって
浜松のアンコールで電話越しに声聞かせてあげたら
お前ら泣き出すしめっちゃ喜ぶし
もうしょうもない事では絶対に泣かさへんと思ってたんやけど
ああ  今日は良いかなあと思ったな。


そうやってまで待ってくれてる人がいる様なメンバーが、バンドが、とても誇らしくなりました

こんなに良いバンド、どこにもおらへんって思ったな。


 
今日、再び4人になりました。

やっぱり俺らは4人やなあ。
あのうざい感じも変なタイム感もなんか懐かしくて嬉しかったなあ。
ライブ、余計思うんやろな。めっちゃ楽しみやな。


杙凪 智也
マネージャー スタッフ メイクチーム
ほんまによく頑張った
3人の時も楽しかったけどね
こっからもっと楽しくなるよん


みんなへ
ほんまによく頑張った
心配かけた。
どれだけ出口が見えんくても
どんな自分達でも、一緒におってくれたから
強くあれた
いつもありがとう
また今日からつづきを始めよか。よろしくな。


会社の人
先輩後輩
お世話になってる関係者の皆様
本当にご心配おかけしました。





そして公大、

ライブで言う。笑

でも、ほんまよう頑張ったね。
帰って来てくれてありがとう







形は違えど
人は誰しも出口の無いトンネルに迷い込む事がある
そこは冷え切ってて薄暗くて意地悪で
夢も希望も何もかも突き落としていく

最終、自分たち人間は1人です
自分で決めなくてはいけない時が来る
でも、1人じゃ無い
そんな事もふと思いだしてほしい
 



俺は多分強すぎるけど
ここに至るまで色々あったから、わかるつもりではいるよ٩( 'ω' )و



_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1297.JPG

浜松公演、ありがとうございました!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1288.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1383.JPG


まだここから。
1/7 Zepp Diver Cityまで
HELLO,ANTITHESIS 
変わらず行こう٩( 'ω' )و









P.S

己龍先輩が忙しい中、わざわざライブに遊びに来てくださいました。
親族の皆様もいつも本当にありがとうございます。
今回の事でもとても心配おかけしました。
やっぱり先輩は偉大だ
自分はそう言うところに1番惚れてるんだと思います。
でも死んでも自分はバンドごと喰らうつもりでいるので
3人とは言えそんなライブを見せつけられたかと思います。

本当にありがとうございました!!



_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1209.JPG
楽しくなって撮ってしまった、お気に入りの一枚٩( 'ω' )و

 
仙台クラブジャンクボックス、10本目でした。
このツアーで始めた黒板システムも、歩いて来た道のりを確かめられるきっかけになってていいなーなんて思ったり
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1225.JPG

HELLO'ANTITHESIS第一幕の集大成みたいなライブだった。
今日までの9本で研ぎ澄ましてきたものを、もう当たり前の様にやれる様になったんだね。
って、そんな事をこの日感じた。
だからここからまた面白くしてしまう予感がするな。


ジャンクボックス、NOAHツアーぶりらしくて。
こんなにもお前らの声が届く箱なんやって思った。
ヴォイヴォイ٩( 'ω' )و
さすがにその当時の事を手に取るようには全部思い出せへんけど
育てて来たモノ故にそう感じたんやなって思うなあ
知ってたら、NOAHやってたやろうなー
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1224.JPG

ギリギリ!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1222.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1223.JPG


終わって外行ったら雪めっちゃ降ってて
ふーってしたら吹き飛ぶぐらいふわふわの



俺寒いの死ぬほど嫌いなんやんかあ
当然雪もあんまり好きじゃない。冷たいし溶けたら濡れるし。
 
でも、この日は自分すごいルンルン気分で


ああ

俺にとって音楽とか歌って
こうやって今まで見てた世界もクルッと変えてくれる物やったなあと

ふとそんな事を思い出した仙台の夜
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1217.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1218.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1219.JPG

仙台クラブジャンクボックス完売しました。
こうやって一つの結果が出せたこと、お互い大事にして次に繋げていきたいな。

またやろう。
仙台、今年も一年お世話になりました。 

ありがとう。














----------


東京に一度戻り
浜松に到着しての第二幕決起集会は
笑いあり涙ありの濃すぎる時間であった٩( 'ω' )و
ブチギレたのも笑ってたのも全部覚えてる

みんなRoyzが 今が 大好きなんやと思った。
全員の本気がそこにはあった
だから思いっきりぶつかり合ったし、思いっきり笑いまくった

俺は不可能と言われた事を死んでも可能にしてやる事が趣味みたいな男やし

このバンドで叶えたいと思った夢は全部叶えたいと思ってます。






かっこいい生き方したいねん

 







今日は浜松。窓枠ちゃん。
よく見える!
よろしく٩( 'ω' )و
















A2J1rHSaj4.jpg

ANTITHESISの後半戦始まり。
新潟ありがとうございました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1192.JPG

2KXftvGKeb.jpg

もはやライブの事は写真見たら分かってしまうと言う。
取り憑かれている熱狂に居た٩( 'ω' )و
こんなに苦しいのに、
こんなにも満たされてる。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1191.JPG

とにかく熱かった。
多分その熱で、俺のマイクが逝ってしまわれた。
あんな壊れた音初めて聞いた。笑
 

いらね(´-`)
機材は勿論大切やけど、それより俺は刹那の美学に惚れてる
そこへ行けた新潟の熱に盛大な拍手を送りたいよ。
良くぞやってくれた٩( 'ω' )و

 
久々にstillとかやってみたんやけど
今日までの自分で、1番のstillが歌えた気がする。
長い曲やけど、この日ばかりはいつまでも歌いたい終わってほしくないって思った。


完全に俺語の精神論的なアレで話すので申し訳ないんやけど
喉発声歌唱力云々より
歌は「その空間」あってこその歌だと思っている。
しょーもない風にはしょーもない歌しか乗らないし,
どこにも飛ばない。


ここだから歌えた。




音を追いかける者は、常に過去を超えようとしている。
オンリーワンだどうのなんて、ハナから分かってる。
そこに積んだ気持ちなんて痛いほど知ってる。
でも、やっぱり超えたい。 





俺はずっとビギニングを超えたかった。
あいつに積まれた想いがどれだけ強いかも分かってた。
でも、超えたかった。



ANTITHESISが産まれて、こいつならやってくれるんじゃないかって思えた。
そう言うツアーにしようと心に決めた。今日まで来た。




後半戦。



俺らは自分達を超える。
そう言う歌を歌える場所を俺は探しにいく。
簡単な事じゃない。
だから面白い。


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1033.JPG


行こか。
どんな歌を歌いに行く?



↑このページのトップへ