rie


休日に美術展へ行って来ました!

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3292.JPG


今日の目的は六本木にある国立新美術館です。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3293.JPG

久しぶり過ぎて…

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3295.JPG

知らない間に出来てましたー!

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3296.JPG


キョロキョロしながら歩きます。
この癖は上京してもう何年も経つのに治りません👀


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3299.JPG


そして…目的地へ到着!!!


開演時間が10時からなので早い方が混んでなくて見やすいかなと思い、10時前には到着したのですが…


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3302.JPG


チケット売り場はもう並んでいました…


EdfNLmJYCV.jpg


前置きが長くなりましたが、
今回の展示は「ミュシャ展」です!


中に入るとびっくりもう展示室の入り口まで行列が!!


エスカレーター上がるのも人数制限が掛かっています。


ミュシャの人気が伺えますっ‼️



私の知っているミュシャ作品といえばこれ!
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3363.JPG

綺麗な女性が花や植物模様に囲まれた絵がほとんどかと思っていました!


ミュシャ(1860年〜1939年)はオーストリア領モラヴィア、現チェコに生まれた画家です。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3365.JPG

今回の展示はミュシャが故郷に帰り16年の年月をかけ自分のツールであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにして描いた
「スラブ叙事詩」という連作が日本にやって来たみたいです!


私も展示を見に行って初めて知りました。


中に入ると、もーーーーーそれは圧巻です❗️


まず迎えてくれたのはこちら絵🖼
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3364.JPG

あっ、これは本の写真です。

実物の展示の絵は横縦6m〜8mはある巨大な絵が何枚も展示してあります。


基本はカメラ禁止なのですが一部だけ撮影しても良いところがあります。


このような感じでした。
大きさ伝わるでしょうか?
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3308.JPG

色遣いや、タッチや、描かれた人ちの一人一人の表情、服装、風景、描写が本当に繊細で正直鳥肌が立ちました。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3331.JPG

表情から感情がそのまま伝わってくる感じで、絵によっては息苦しささえ少し感じるくらいでした。


現実的な物と抽象的な物を描いているミュシャ展は本当に見応えがある展示でした!


そして帰り道なので寄り道を。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3347.JPG

今年で10周年のようです。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3354.JPG

相変わらず綺麗です。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3356.JPG



_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3358.JPG

そしてこちらはミッドタウンの裏にあるサントリー美術館です。


本当は行きたかったのですがミュシャ展でなかなかのお腹いっぱい具合だったのでこちらはまた次回に。


どちらも6月5日までなのでもし機会があれば足を運んで見てください!


ちなみにミュシャ展の帰りはこれから入場する方々が美術館の外のスロープまで並んでました🙌🏻
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3339.JPG
長々と書いてしまいました。
読んでくださりありがとうございます!


友人から頂きました!
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2942.JPG

風呂敷に包まれたものを開けて行きます”

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2948.JPG



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2949.JPG

お米ーー❤︎

もう1つ開けます
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2945.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2946.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2947.JPG

お米ーー❤︎

色々な場合で食べて美味しいお米がはいっているお米のギフトです!
 

冷めても美味しいおむすび向きや、お粥向きなど12種類入っています。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2938.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2939.JPG

見た目もサプライズ感もあって贈り物に喜ばれそうな物です!

お米ももちろん美味しいです✨

米好きの私にとっては最高です!笑


実家から贈り物が届きました〜!


毎回送られてくるたびに
「これ、食べきれるのかな…」と思うくらい
野菜や色々なものを送ってくれます。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2790.JPG

その中でもこの時期の玉ねぎとスナップエンドウは私は大好きで嬉しい贈り物の1つです。


農薬など使っていないので本当に甘くて美味しいんです❗️


あれは嫌、これは嫌って言える立場じゃないんですけど。笑



今回も玉ねぎだけはいつも多めに要求していたのでたくさん入れてくれたみたいです。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2784.JPG

スナップエンドウ

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2785.JPG

ちなみに以前これの3倍位送られて来て、
流石に減らして!とお願いしました🙌🏻


私は鹿児島の出身なんですが、やっぱりさつま揚げ率は高いです!


この時期の端午の節句の季節の食べ物になるんですが、
「あくまき」というものが入っています。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2786.JPG

このあくまき、地元では「ちまき」ともいいます。


もち米を灰汁(あく)で炊きます。


味はと聞かれると、実際とーーっても言い表しにくい味しています🌿


味がはっきりあるわけでは無く、どちらかというと味無し…

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2800.JPG



なので黒糖きな粉や砂糖醤油など味をつけて食べます。



_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2801.JPG

一説では、薩摩藩が1600年の関ヶ原の戦いの際、または1952年の豊臣秀吉の朝鮮出兵の際の日持ちする兵糧として作ったのが始まりとも言われているそうです。


ちょっと鹿児島の食べ物の紹介になってしまいました🍙


こうやって大人になっても親からしたら子供は子供で色々と送ってくれたりするので、親って改めて凄いな〜と感じる時でした。


感謝して頂きます🥗



なんせ料理は苦手ですので美味しい食べ方がありましたら是非教えてくださーい🙇

↑このページのトップへ