月別アーカイブ / 2015年12月

今日は12月31日。ということで、なんとなく2015年を振り返ってみます。

今年は、1月から手登根が歌を辞めると言い出したことから始まり、その後の手登根の骨折・入院、手登根の復活と全体的に手登根に振り回される一年となりました。

ざっと起こった事象を思い出すとかなりネガティブな状況が多かったのですが、そういうネガティブなことが起きるときこそ頭を使うわけです。

それこそ、生きるとはなにか、仕事とはなにかなど根本的なことから考え方を見直しました。

その結果、ネガティブな出来事が起こる前よりも良い環境を整えることが出来ました。これも、変化によるストレス・ダメージを恐れずに通常なら手を入れない部分まで徹底的に改善を試みた結果です。

 

人を動かすのは環境です。やる気だけで物事を達成するのはとても難しいのです。だから、やる気というリソースはあまり使わずに効果的に「惰性」を利用する必要があり、その惰性を引き出すためには惰性に良い環境を作り出す必要があるのです。

 

私なりの知識・理論から実践したことがきっちりと実証されて、自信となりました。

 

抽象的なことばっかり書いてしまいましたが、実際そういう抽象的なことばっかり考えていた一年でした。とてもよい「準備期間」だったと思います。

 

来年はもっと具体的に動くことが出来そうです。

 

今年関わってくださった皆様、ありがとうございました。

来年はほんとに飛躍の年になりそうなので、ご期待いただければと思います。

昨日突然iPhone5sがりんごマークから先に進まず再起動を繰り返すようになったので、丁度いいからSoftBankからauに乗り換えました。

昔はauを使ってたのですが、iPhoneは日本上陸時SoftBankしか取り扱ってくれなかったので、仕方なくSoftBankに乗り換え。

最初に買ったiPhone3Gは感動的なガジェットで、これまで数々買ってきた使えない、微妙に使いにくいこの手のガジェットから、本当に使える「文房具」になりました。

しばらくは毎年新作が出るたびに感動しておりましたが、4S以降はあまりにも使えすぎて本当に文房具化してしまい、もはやボールペンとかと同じ感覚に。

今回の6Sは2年ぶりに使う新機種ですが、特になんの感動もなく、ひたすらバックアップからの復旧をしてほぼ元通りの状態にして安堵。新機能的な感動はどこにもないのですが、Appleをここ10年ぐらい使い続けている理由がこの「壊れた時の復旧の速さ」なので、ある意味そこは感動的でもあります。それだけで十分価値あります。

次のイノベーションってなんでしょう?もはや「iPhone脳に埋めこめるiBrain登場」ぐらいしないと驚きそうにないです。

f:id:lisa-rec:20151223050143j:plain

21日に手登根優貴のクリスマス「てどまやーずクリスマス会」を開催しました。

昨年大変好評だったクリスマス会ですが、今年もかなり面白かったです。

 

沖縄に引っ越して6年。ライブアイドルイベント「マジコネ!」を3年ほど定期開催、その流れから沖縄国際映画祭等のアイドルイベントの企画、運営。そして、マジコネ!に出演していたPinkle☆Sugarのめろは解散後に本名の手登根優貴としてうちのアーティストとして所属。

音楽制作から、音楽を活用する「場」そして、アーティスト育成まで手掛けるようになりました。

その経験から、音楽というものはそれを媒介していろんなことが起こるということを理解しました。思えば、私自身音楽で人生が変わりましたし、今は私達の作る音楽やイベントが多くの人の人生に大なり小なり影響を与えています。

 

なにより今回クリスマス会を開催できたのは、2月に歌を辞めると一度は決めた手登根が階段からの落下による怪我で入院。入院期間の約二ヶ月間が自分が本当にやりたいことを見つめなおす時間になったことで、「やっぱり歌を歌いたい」と考えを変えたためです。

不思議なもので、怪我をしていなかったらこのクリスマス会は開催していませんし、UNI [st]のOPも別の方が歌っていたでしょう。

 

怪我が良かったということではありませんが、幸も不幸も捉え方次第で、立ち回り方で逆境を反転させることすらできるわけです。

 

今年最後の主催イベントも終了。

来年は、もっと大きな舞台に手登根を立たせてあげられるように、私も頑張ります。

↑このページのトップへ