お呼びですか初の施設訪問。
グループという形でのレクレーションは初めての経験です。

まず、デイサービス職員の方々がとても丁寧に接して下さいました!
お茶菓子から始まり、控え室までご用意下さり有難かったです。

当日は、さちこPが用意した台本通りに上手く事を運べるのかメンバーみんな不安がありましたが、いざデイサービスルームに入ると利用者の皆様が明るく温かく迎えて下さいました!
私は初っ端歌始まりなのでまだ少し緊張していたのですが、懐かしの歌謡曲を歌った際は利用者様もにこやかに一緒に歌って頂いたのでホッとしました。

_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9995.JPG
歌謡曲や演歌を歌うあんね (中央)

トップバッターで歌ったため、一人ひとりに近づいて歌うことが少し恥ずかった私は中央に突っ立ったまま歌っていたかもしれません。
目配せはしていたもののそれでは距離があるかなぁ…と考えながら歌っていました。

後半は気持ちにも余裕が出てきたので、一人一人に近づき歌ったり、お手を添えたりなどスキンシップをはかりながらパフォーマンスをすることができました。
一緒に口ずさんで歌う方、手を寄せると笑顔になってくれる方、中には一緒に歌うのを拒まれる方もいらっしゃいましたが、曲に合わせて足を揺すったり顔をじっと見て下さったりと、それぞれのペースで楽しんでいただけたのではないかと思います。

それから「あわてんぼうのサンタクロース」をらいせ振付のもと、利用者の皆様にわかりやすい易いように身振り手振りをレクチャー致しました!

訪問先は認知デイとお聞きしていたので、認知症レベルが比較的重い方が多いのかなと思っていたのですが、意思疎通も踊りもしっかりと出来る方が多く、意欲的に楽しんで下さる利用者様も多かったので、パフォーマンスはもう少し何か取り入れても良かったかも?と感じました。

身体の動きに制限がある方も、顔を見ただけでわかるくらい、参加しよう、やってみよう、楽しもうという気持ちが伝わってきたのがとても嬉しかったです。

全体的には盛り上がって楽しそうでしたが!
お呼び側の見直しとしては他人が歌う曲でも口ずさめるくらいの予習は必要かなと感じました。
なぜなら利用者さんの近くに寄っていった時に目や顔、手足に触れながら一緒に笑顔で歌うなどした方が利用者の皆様も喜ぶ気がするからです。
自分が好きな歌手の方にそうされたら嬉しいように利用者様も同じ気持ちかもしれません。
私は大事なことのように思います。

時には拒否があったり困難ケースの利用者様もいらっしゃるかもしれませんが、後ろの方で身振り手振りするよりは同じ目線で近くに、なるべくそうしていきたいです。

また、利用者様に触れる際は、骨粗しょう症や麻痺などに気をつけつつ、太ももをポンポンとリズムよく叩いたり触れたりと、よりスキンシップがあるといいなと感じました。

_var_mobile_Media_DCIM_129APPLE_IMG_9994.JPG
こちらは自己紹介シーン

こういった活動に参加すると、心が育つ気がします。
福祉ユニットという括りで活動する以上は、なんちゃってではないと言う事を掲げながら、今後は皆さんと共に頑張りたいです。
ユニット結成してまだ始まったばかり!経験を積むためにも今は目の前に来たボランティアを率先してやっていこうと思います!

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0065.JPG

*あんね*



ーーーーーーーーーーーーーーー
3人ユニット『お呼びですか?』LINE BLOGです。メンバーは、あんね・やみん・らいせ。主催ライブのほか、町のイベントや介護・児童・障がい施設等々、交通費があればどこにでも向かいます!

お呼びですか?
◆公式WEB
http://oyobidesuka.com
◆公式LINE@ → @ncy8558h
https://line.me/R/ti/p/%40ncy8558h
◆公式Twitter → @oyobi_desuka
info@oyobidesuka.com
ーーーーーーーーーーーーーーー