江戸の気温は上下するものの、概ね過ごしやすくなってきた昨今です。
お布団の有り難みを感じますね。 

夏はたくさんライブしましたね 台風に挫けそうになっても
遊びに来てくれたみなさんありがとうございました(^ν^)
夢を見る意味、なんとなく伝わったら嬉しいな 
ハードなツアーでしたが、その分成長できたと思います。
次のライブが楽しみだな!

20160602-CF015657




さてこの度シグネチャーモデルのギターを発表する運びになりました。
11月に発売です。

 
HJ-OSAMURAISAN

「HJ-OSAMURAISAN」という型です。

ずっとメインで使っていたHEADWAYと共同開発したギターです。
公式サイトでコメントしましたが、こちらにも引用しておきます。


*******

シグネチャーモデルをHeadwayと共同開発させて頂きました、おさむらいさんです。
このモデルHJ-OSAMURAISANは弦高を低くしてExtra Lightの弦を張るなど、弾きやすさを重視したチューンナップが施されています。自分が使っているHeadway HJ-523をモデルに、廉価版でできる限り弾きやすく、いい音が出るよう創って頂きました。

音の良さとはなんでしょうか。聴く人によって受け取り方が違うもので、ジャンルによって、曲調やフレーズによって違う音、違うギターが求められます。その中で弾きやすさという要素は普遍的です。弾きやすいからこそいい音を紡ぐことができます。一本で色々な表現がしたいのであれば、弾きやすいことがまず第一だと感じています。初めて持つギターならば尚更でしょう。

日本古来より「用の美」という言葉があります。機能性を追求した道具は美しい、という意味です。美しさを初めから追求するのではなく、実用性を追求することで逆説的に美しいものが出来上がる。音にも同じことが言えると思います。もしギターを以前に弾いたことがあって、うまく弾けずに辞めてしまった人がいたら、このギターを触ってみてください。間違いなく前のものより弾きやすいはず。ギターをこれから初めたい人はまずこのギターを弾いてみて、できれば他のギターとも比較してこのギターを選んで頂きたい。

弾きやすいギターを弾いて、ギターに習熟してから自分の音を追求するのが良いでしょう。弾くことが楽しいと思えれば、音楽の世界はどんどん広がります。「先ず隗より始めよ」そんなギターです。とはいえ、このギターは音も十二分に素晴らしい。最初で最後のギターになるかもしれません。

*******


シグネチャーモデルは基本的に高価なギターが多いのですが、
自分はより身近な、しっかり使えるギターにしたい、
特に初心者が挫折しないアコギを創りたいと思いました。

いつもコメントでどんなギターがいいですか?
と言われても、触ってみないとわからないですし、
状態の悪いギターは世の中にたくさんあります。
初心者はわからないまま、弾きづらいギターで初めて挫折してしまう。。

安心して初心者におすすめすることができるアコースティックギターがやっとできました。
弾き比べてみればわかりますが、本当に違いがあります。
特典やギターの詳細など、興味ある方は公式サイトをご覧あれ
(どこで買っても特典は付いてきます)





11/5の楽器フェアで演奏します。
入場料のみのフリーライブなのでお時間あればぜひ。
(ボーマスも行きたかった) 




そして気合い入れて弾いた新作もぜひ聴いてください。


 
君の名は。また観に行きたいな。
HEADWAYの工場から諏訪湖が近かったので聖地巡礼もできました(`・ω・´)