皆さんいかがお過ごしでしょうか? 


ツアーも終わりまして我々THE ORAL CIGARETTESは休むことなく、夏に5枚目のシングル 『DIP-BAP』 をリリースします!!! 


FIXIONリリース後、2月からのツーマンツアー、ワンマンツアー、なら100年会館を通してFIXIONの世界感や、ライブで伝えたいことをしっかり表現させていただきました。 

非常に中身の濃いツアーでした。本当にありがとう。 


では、ここからオーラルが何をしていくのか?と 


FIXIONを作り終えたときからずっと考え続け 、山中拓也という人間性、音楽性のルーツをたどるという作業を改めて行っていました。 

自分が聴いてきた音楽、観てきた映画、絵本などを見返していく中で 自分が好きになる作品の共通点、それは 『ポップと恐怖・皮肉という全く正反対のモノの混同』というポイントでした。 


今回リリースするシングルはカップリング含め、そのポイントを全面に押し出すオーラルの音楽を作れないか?と考え制作した楽曲です。 

カップリング含め、最高の仕上がりになっていて興奮しています。(カップリングなんて言わせないぞ!) その中でも表題にさせてもらった『DIP-BAP』はサウンドも歌詞の書き方も新しい挑戦をたくさん盛り込みました。 


FIXIONの中の『マナーモード』という曲、自分の周りでとても評判がよく、

リスナーにもオーラルの新しい世界感が伝わった手応えがありました。

実は『マナーモード』はこれからのオーラルの音楽に繋がる伏線をはっている曲でもあったので、

オーラルがもう一つ上のステップにいくために、今この『DIP-BAP』を一刻も早くリスナーに届けたい想いが強くなりました。 


なので今回リリースは夏ですが、予約してくれた人にBKW!!カードを先にプレゼントするという形で『DIP-BAP』を届けます。
詳しい企画内容はこちら
 

正直この曲を理解してもらえるかは挑戦です。 


もう少し優しく噛み砕いて表現する事も出来ましたが、それじゃ意味ないんです。 


フェス文化の影響もあってか、リスナーは音楽をちゃんと聴いてないとか、暴れたいだけ。とか散々言われてます。 

だけど、俺はそんな事はないとFIXIONという作品を通じて思えたし、まだまだリスナーの耳に期待して大丈夫だと思えたからこそ、ありのままの姿でみんなに提示したいと思いました。 


ワンマンのMCでも少し触れましたが、我々は 

変化を恐れず、自分達がその時その時に伝えたいことを伝えていきたい。 

時代に合わせるつもりもない。 

時代というものは必ず移り変わっていき、また次の時代がきます。 

リスナーのみんなと次のステージに一緒に上がりたいし普段聴かないようなジャンルの音楽も『THE ORAL CIGARETTES』というフィルターを通して聴いて欲しいな。なんて願っています。 


だから 『新しい挑戦と進化(深化)』というテーマをかかげてオーラルはこの春から進んでいきます。 

春フェスで出来るだけ多くの人に聴いて欲しい、そしてどう感じてもらえるのかを知りたい。 

ライヴだけでなく一刻も早くみんなに音源を聴いてもらいたいです。 

今回のシングルは、みんなが感じたことを聴けたら嬉しいななんて思っています。 

もちろんDIP-BAPのカップリング曲もヤバいキラーチューン入れました。 


楽しみにしててね!!

p.s 「DIP-BAP」の曲解説もこれとは別のブログに書くね。