さて。お待ちかねですよー。 

(そんな、待ってないか。笑) 


『UNOFFICIAL』全曲解説をいたします。 

ダラダラと書きますので。 

別に解説とかいらね。って方は見なくて大丈夫です。 

本当にオーラルの楽曲を好んで楽曲に魅力を感じてくれるあなたに伝えたいので。 


では。はじめます。 


まず『UNOFFICIAL』とは何なのか。 

最近、『欲望を満たす』っていう部分ですごく違和感を感じていて。例えば、1つの例を出してみるね? 

昔の人(や動物)はお腹がすいたら、木になってる実を手でとって、海で泳いでる魚をヤリなどでとって、ガムシャラに食欲を満たしていました。そこにはルールも規制もなかったわけです。それが本来の【欲】というもの。奥底から出てくる感じのやつね。 


その時の【欲】のパワーって半端なかったと思うんです。 


でも、今ってどうやろ? 

右手にはナイフを持ちましょう。 

左手にはフォークを持ちましょう。 


それではまず前菜から。 

シメはデザートで。 


はい?? 


美味しいお店を食べログの採点で。 


はい?? 


食欲という【欲】を満たす為にルール、規制が絶対必要あるのかな?って


本来の目的とは違うもの(社会性)が積み重なって文化が生まれていって、最近は文化がねじ曲がってきてるように、見えます。 


うーん。なんだかなー。 


まぁある程度ね。ルール、規制の中で生きないとね。迷惑かけてしまうこともあるし、お行儀悪いとか言われちゃうもんねー。(それって他人の目の話ですが)


文化っていうのは、自分以外の人間との(特に複数の人たちと関わる上で)社会性とルールや規制がある中で育ってきました。うん。それは納得。やはりこの世界で他人と生きていく為に、ある程度のルールは必要なんだ。 


でもね。 


いきすぎ。 


社会性が個人の欲にまで侵食してきてる気がする。


音楽で例えてみよっか。 


A:「最近あのバンド流行りなんだよー!!」 

B:え、まじ?うーん今は良さわかんないけど、みんなかっこいいって言ってるし、、、 

合わせとこっかな。。。 

「かっ、、こいいね、、、。」 


こんな会話。または 


こんな、お店の広告だけを頼りに音楽を選んだり。 

『〜ってバンドが好きなら、〜ってバンドを聴いてみよう!!必ず好きになります!!』


自分がどんな音楽を好んで聴くのか、かっこいいと思うのかっていう事は、その音楽に触れて、色んな感情になりたいっていう【欲】やと思うんです。 


それが周りの人によって左右され始めてませんか?周りの空気に合わせてませんか? 

みんながカッコイイって言ってるからカッコイイ!!これが公的【OFFICIAL】だと勘違いしてませんか?? 

それが招く文化の行く末だとしたら、ねじ曲がってしまいませんか? 


そうじゃねーよ。 


そんなとこから一歩ひいた私的【UNOFFICIAL】な部分で。 

あなた自身の耳で聴いて、目で見て。 

好きなら好き。嫌いなら嫌い。 

私的に判断してください。 


俺ずーっと、ライブで言ってます。 

『好き嫌いあって当然!!ライブ見てダサいと思ったならどうぞ帰ってください。別についてこなくていいです。 

俺は本当に心から好きって応援してくれる人と、歩んで行きたいので。』って。 


それでいいんやでー。 


だから、あなた自身が発信で本当に好きって思ったなら、好きな理由なんて別に求めません。ルックスだろうが、音楽だろうが、人柄だろうが。別にどんな理由でもあなたが何かしらの理由で好き!!って判断したんでしょ?それでええやん。って思います。 

自信持って!!(笑) 


それがあなたの未来を本当の意味で豊かにすると思うので。 


そんな願いをタイトルに込めました。 


だから、俺自身も楽曲作る時に色々考えたんよ。もうロックシーンで受けそう。みたいな曲いらねーや。って。(笑) 


今は表現したいことが多すぎるから、ただそれを1番納得いく形で出そうって。 


だから、今回はミドルテンポやバラードが多いように感じます。自分でも昔からコンプレックスだった歌声のクセも存分に出した。自分のルーツもしっかりたどった。メロディで勝負したい!!って腹もくくった。 


一曲一曲に想いがあります。 

枠から外れた私的【UNOFFICIAL】な部分で書いた楽曲の解説をしていきます。 


1.リコリス 

この楽曲はアルバムで言いたいことを1番代弁してくれている楽曲であり、これからのオーラルの音楽に大きく繋がる一曲だからリード曲にしました。当然それがアルバムの一曲目に入れた大きな理由です。 

人間は生きている証を求めます。他人に求められたい。生きている証を他人から感じたい。だから、凍えた心で波風たてないように周りの目をうかがいます。それはまるで『骨まで染み付く彼岸花』です。彼岸花は『死人』という花言葉を持ちます。 

そこで居心地が良くなってしまった時。あなた自身の言葉と想いまで壊します。温度を感じなくなります。死人同然じゃないかな? 

でもね。彼岸花もある季節に絶対に咲きます。強い花なんです。希望に溢れたあなたの未来は、あなたの真を欲します。嘘つかないようにね。頑張っていこうね。 



2.CATCH ME 

知らない人も多いと思うけど。 

この楽曲は行き過ぎた発明や文化について皮肉っています。簡単にいうと『あなた目の前のことをおろそかにしてない??』ってこと。このCATCH ME!って叫んでるのは行き過ぎた発明や文化。『私のことちゃんと捕まえてよ〜』なんて言ってます。(擬人法ってやつなのかな。)自分の周りの便利になっていくものの、行く末ってとんでもない怖いものになりえると思いませんか?俺は思います。(笑) 


これもねじ曲がっていく文化や近代発明を、あなたの目でしっかり見てますか?ってことを言ってるから、アルバムで伝えたいことよね?だから二曲目にしました! 


3.悪戯ショータイム 

男と女を描きました。昔から好きだよねーこういう歌詞。悪戯な女性。 

まぁ、正直に言うとね(笑)一時期、悪戯な女の人に弄ばれてたのよ。(笑)だから、そのこと書きました(笑) 

これは男目線の曲だよ。恋は盲目。病。怖いね(笑)最後のサビはブラックな部分も少し(笑)あ、あとね。気づいたかな?この曲死ぬほど転調してます(笑)こんなんやったん「The BKW Show!!」以来やな(笑) 


4.5150 

これは散々シングルリリースの時に語ったので飛ばします。俺にとってめちゃめちゃ大事な曲なの知ってるよね?うん。 

*アルバムから聴いてくれた人はこちらを読んでみてくださいね。

 http://lineblog.me/oral_official/archives/1061310713.html


5.WARWARWAR 

WARWARWARって字面見てたら、頭おかしくなりそうやない?(@_@)うげー。 

そう!それを題名にしたのにも、理由が。 

これって戦争の歌を歌ってて。題名はその時の精神状態の異常さを字面で表してます。俺は戦争を体験した人じゃないから絶対にその時の辛さとかをリアルには理解できないし、理解してるフリなんかしたくないわけで。でも、人の話聴いて状況だけでも知って。どう考えてもマトモじゃないなーって思ったのよ。だから戦争反対!!とかじゃなくて。ただひたすら頭の中での想像の戦争を歌詞に落とし込んだ。そこの登場人物がどういう心境なのかも落とし込んだ。それで少しでも、俺の頭のイメージをみんなに覗いてもらいたかったです。1つ言えるのは僕の頭の中の戦争は地獄です。皮肉しか出てきません。 


6.エンドロール 

この前ずっと可愛がってくれた、おじいちゃんが亡くなりました。俺の生き方に、誰よりも味方になって応援してくれてた人。じいちゃんね。余命宣告されてから、随分長く生きたの。お医者さんも、びっくりするくらい。 

俺忙しくて全然会いに行けへんくて。でも、1日だけ休みとれたからさ。会いに行ってきてん。泣いて喜んでくれた。手をずっと掴んでくれた。普段起き上がるのも、しんどいのに散歩行こうって言ってくれた。。。 

その日が終わっておじいちゃんは亡くなりました。そしたら、周りの人がみんな『おじいちゃんは拓也に会えたから、安心して息をひきとったんやと思うで。』って。 

その時に書いた曲がこの楽曲です。 

誰もが死ぬ間際に、自分の人生という作品に関わった大事な人を想い出すんやと思います。それが映画のエンドロールみたいやなぁって。俺は大事な人のエンドロール(最期)に自分の名前があったら嬉しいな。って思うし、そんな願いも込めて楽曲を作りました。 

何回聴いても泣いちゃいます。この曲。 

じいちゃんきっと空から星になって見守ってくれてるんだろうな。 


7.DIP-BAP 

あなたの核心に触れたくて書いた楽曲です。よくあるような光が差す感情や夢を語った歌も素敵ですが。俺はやっぱり、あなたが目をそむけて逃げてたような核心の部分に響く歌を歌いたいんです。あなた自身と成長していきたいから。上辺だけの付き合いは嫌だよ。ってことです!サウンド面も僕のルーツであるヒップホップのブレイク感や譜割りを意識してますので、そちらのほうも楽しんでみて!


8.Shala La 

こちらは悪戯ショータイムの逆で。女の子目線の曲。女の欲望のこわ〜〜い部分書きました。これも、実体験。(笑) 

これは、みんなでシャララって我を忘れて踊りたいなーって思ってます!!すんごい楽しくて、でも切なくて。良い曲なんだなーこれが。 


9.不透明な雪化粧 

初めて王道のバラードに挑戦しました。 

冬の雪。ラブソング。うん。王道やんね。 

今まで簡単に書けなかった王道のバラード、ラブソング。だって世の中にラブソングなんて溢れてて善し悪しもピンキリやんか?だから、中途半端な気持ちで書いたらしょうもないバラードになるの分かってて。すごい敷居が高くて。。 

でも、エイミー以来のバラードソングになったと思います。自信作のバラードです。これ書けたからオーラルはリード曲がバラードでも大丈夫なバンドになれるな。って確信しました。ホンマに余計なことはせず直球勝負でサウンドも歌詞も書きました。 

この曲も泣けるなー。。。マジで。。 


10.LOVE 

そして、最後のLOVE。 

最後はこの曲しかなかった。みんなへのありがとうの思いと、みんなへの俺なりの精一杯の告白です。俺の中にもともと光なんてなくて。でも、みんなが気づかせてくれたんです。この2年間みんなのおかげでたくさんの感情を見つけました。だから、オーラルの中で感じた歴史も歌詞の中に刻んでます。 

ありがとう。 

そして、これからもよろしく!!新しい世界に一緒に行こうな!!!俺もう1人じゃ笑えない!!!みんなと行きたい!! 



10曲解説してきましたが。 

このアルバムは、オーラルのファンにとって大切な1枚になって欲しい。オーラルのファンへのメッセージとして書いたからさ。 


山中拓也って浮き沈み激しくて、めんどくさくて、大変な人間です。歌詞にも歌にもステージにも出ちゃいます。めんどくさい人間です。 

でも根本にあるみんなへの愛はこれからどんな形であれ、絶対みんなに届けたいって思ってます。 


こんな僕ですがこれからも僕の紡ぐ言葉、楽曲を聴いてもらえると嬉しいです。 


そして、チームスタッフ含めオーラル一同の本気をこれからも見届けてください。よろしくお願いします。 


長い解説読んでくれてありがとう(^-^)!! 



THE ORAL CIGARETTES 

ボーカリスト 山中拓也

MV見てくれたかな?

リコリス。彼岸花。花言葉は死人。ある季節になると必ず咲く強い花。
自分の中で、自分のことこんな風に思ったりしてないかな?
自分には何もない。周りに流されて周りの空気を見過ぎて言いたいことも言えない。もはや意思を持たない死人のようだ。
なんて。
大丈夫だよ。そんなあなたでも、必ず花を咲かせれます。強く意思のある花です。
あなたの希望に溢れた未来が欲してるのは、他の誰が何を言おうとあなたが感じたままの真実です。



「UNOFFICIAL」全曲解説は発売してからにしますね。 


山中拓也 

最近、黒い服を着すぎなせいか、撮影で共演した男の子に、『お兄さんはバットマンなの?』と言われ、冗談で『そうだよ俺はバットマンなんだ!』というと『嘘つきっ!』と怒鳴られ、あぁ子供だからと言って中途半端な返事するもんじゃないなと反省しました。


あ。山中拓也です。どうも~。


対バンツアーが終わって、ワンマンツアーが始まろうとしてます。


ワクワクするなぁ、ワンマンライブ。


もう今年もあと少しで終わってしまいます。。。あっという間ですね!


2016年は色々あったなぁと。

ポリープ摘出手術から復活のライブをして、FIXIONを出して、ツーマンツアーをして、ワンマンツアーをして、なら100年会館でワンマンもして。春フェスして、『DIP-BAP』を出して、夏フェス。ONAKAMA。そして対バンツアーと。駆け抜けた2016年でした。


2016年、ありがたいことに、たくさんのお客さんが僕達のライブに来てくれてね。CD買ってくれてね。


本当に嬉しかった!!


でもそれと同時に複雑な気持ちもあって。


『チケットが2016年一回もとれませんでした。』っていう意見。


すごく申し訳ないなぁ。見てほしい人に見てもらえないのは辛いなって。


キャパが大きなところでやれば解決するんだけど、、、


そんなモヤモヤした気持ちでずっと過ごしていました。


そんな中、こんな提案がありました。


『12月武道館とれるかもしれないけど、やる?』


僕はすごく考えました。


「チケット取れない人が多すぎるから武道館みたいな大きい場所でやったら?」

「今のオーラルだったら埋めれるんじゃない?」


そんな声をかけてくれる人もいました。


確かに、武道館でやればチケットとれないって言ってる人が少しでも多くライブを観に来れるかもしれない!って。


でも、考えに考え抜いた結果答えはNO!でした。


大きい会場でやる前に、やらなければならないことを僕らはまだ全然やれてなかったからです。


行けていない地方が多すぎること。

インディーズ時代にお世話になったライブハウスに恩返しできてないこと。

まだまだ2016年中に一緒にライブハウスでやりたいバンドマンがいること。


そして、自分たちのお客さんとの信頼関係をもっと深く築かなければ、武道館みたいな大きい会場で本当の意味でのオーラルらしいライブができるのかどうか、、、


少なくともこれが出来てないのに武道館は無理だ。って思ってこの話に

「まだ12月は大丈夫です、、、」と返事をしました。


俺らはやっぱり長い間バンドしたいし、助け合える仲間とずっと一緒にいたい。


だからこそ、2016年は色んな話をもらうけど、地道に自分達の思う、やるべきことをやろう。

そして10~11月の対バンツアーで地方周ってお世話なったライブハウスに恩返しして、そこで掴める確信があれば、2017年にもう一つしっかりとステップアップしよう。そう決めてました。


対バンツアー全て周り終えて。

みんなにもらったもの。本当にすごかった。背中おしてもらった。


その答えとしての、決意表明です。


2017年6月16日(金)


武道館やります。


1度は躊躇した武道館。


これを決断できたことは本当に嬉しい。


でも、正直想ってることがクソほどいっぱいあるんだ。


それは武道館のステージで全て僕の口から吐きます。


その想いと歌。

聴きに来てください。武道館で待ってます。


そして今日、店着日の5150もよろしくお願いします!


山中拓也




p.s

みんなにとって武道館ってどれくらい特別なんやろか?


俺は最近の「武道館いえーい!!」とか、

「〇〇も武道館やるんか~」みたいな風潮を見て、

俺は正直武道館っていう場所が本当に特別なのか?すごく疑問を感じてました。


今までさ。

クアトロやって、よっしゃ!クアトロやー!嬉しい!ってのも。

ゼップやって、よっしゃ!ゼップやー!!嬉しい!ってのも。


「特別」なのはこれまでも一緒だったはず。

俺らのゴールは武道館じゃないのになぁ。って。


対バンツアーで伝えたMC。

2016年に乗らなかった武道館。


そして対バンツアーを終えてから、やるかどうかの武道館。


やるべきか、やらないべきか。


今一度考えた。


俺らとあなた達が向かう最終地点は武道館が最後なのか??

オーラルとみんなで作れる最高地点は武道館レベルでMAXなのか!?


絶対違うでしょ。


武道館はあくまで通過点なんだって。

俺は。オーラルを信じる!って腹くくって付いてきてくれる、みんなの姿を見て。

武道館くらいで止まるバンドになりたくない。って思った。


みんなを他のバンドじゃ見れない景色まで連れて行きたいって思った。


だから嬉しいことだけど!!

ほんとに嬉しいことだけど!!


オーラルが武道館!!!ってみんなに騒ぎすぎて欲しくなかった。


ネットで一斉にドンッじゃさ。

いろんな騒がれかたしちゃうでしょ?


だから、まず店舗でさらっと発表して。

CDを買いに来てくれる人に最初にサプライズでありがとうの意味をこめて、知らせたかった。


そのあとにしっかり想いを聞いてもらえればいいや。って。


オーラルのファンは絶対に俺の想いを聞いてから物事を判断できる人達やって信じてるからの行動です。

本当にオーラルがクアトロ決まったあの時、ゼップ決まったあの時と同じように喜んで欲しかった。


そう思いました。


5150の最後の歌詞。

『数え切れないほど抱えた運命の

 与えた最高地点は 独りで拓けよ この手で』


これは自分に書いたメッセージ。


数え切れないくらい応援してくれてる人達の運命を。

僕は抱えていくことを決めました。


必ず僕の手で最高地点まで連れて行くことを決めました。


『あとどれくらいの人が待ってたとしても、その手は離さないから』


そう決意したこの5150をリリースするタイミングで武道館は越えなきゃならない壁だと思いました。

そしてなぜ今日ライブ前に発表したのか。


どこで発表しようか考えたんよ。


武道館だから東京?

地元だから大阪?

初日だから名古屋?


なんか全部しっくりこなかった。

どこが特別になる!とか嫌だった。


だから、初日の名古屋ワンマン前に発表させてもらいました。

少しだけでも分かってもらえたら、嬉しいな。


正直な想いは包み隠さず、武道館のステージで話します!

当然いつもどおり愚痴みたいな話もする!(笑)


俺の口から直接聞かないと納得いかないって人は武道館観に来て。(笑)


ワンマンツアー、東京だけ発表していなかったのは、

今回の対バンツアーで「まだ早いわ」って思っていたとしたら、ファイナルを別の会場でやる案もあったからです(笑)


武道館を選ぶ決断が出来てよかった。ありがとう!!

↑このページのトップへ