THE ORAL CIGARETTES 公式ブログ

2010年奈良にて結成、2014年メジャーデビュー。一聴で耳に残るメロディと絶妙なバンドアレンジが練られた楽曲、パフォーマンスを武器に全国各地でその名を轟かせる。BKW(番狂わせ)で規模を拡大中。 過去ブログはこちらから→http://ameblo.jp/theoralcigarettes/

この11月に『5150』という6th Singleをリリースします。読み方はファイブワンファイブオーです。

今年『FIXION』というアルバムを出した後に『DIP-BAP』というオーラルにとってかなりサウンド的にも挑戦したシングルを出しました。

自分達の期待以上の反応をファンのみんなにもらって、オーラルから投げかける音楽はもっと挑戦しても大丈夫なんだ、と確信に変わり本当に嬉しく思いました。

ただその確信は自分の中での壁になり、みんなの期待を越えるシングル曲を次も作りたくて、でもその想いが今回強すぎた分、楽曲が全く出来ないという初めての事態が起こりました。

楽曲が出来ない苛立ちと不安の中でもがいてもがいて、やっと自分の中に光を見せてくれたのがこの『5150』という曲です。


僕の事を歌っています。


強い人間に見えていたって、実は人一倍弱かったりするものです。苦しんで、もがいてるものです。
自分が苦しくて苦しくて全て投げ出したくなった夜にこの歌詞とメロディーが生まれました。
僕が自分の辛さを歌った弱い楽曲かもしれません。でも、僕はこの楽曲でその弱さを強さに変えることが出来ました。
だからこそ凄まじい強さを持った楽曲になったなと思っております。

みんなに聴いてほしい。是非『5150』よろしくお願いします。


p.s.
『5150』(フィフティーワンフィフティー)という別の読み方で、ある意味を持った言葉があります。そこからこのタイトルは引っ張ってきているので是非興味があれば見てみてね。
人はたくさんの感情を持てば持つほどたくさんの人格を持ちはじめます。そんな僕はもはや5150という名の狂人なのかもしれません(笑)。

皆さんいかがお過ごしでしょうか? 


ツアーも終わりまして我々THE ORAL CIGARETTESは休むことなく、夏に5枚目のシングル 『DIP-BAP』 をリリースします!!! 


FIXIONリリース後、2月からのツーマンツアー、ワンマンツアー、なら100年会館を通してFIXIONの世界感や、ライブで伝えたいことをしっかり表現させていただきました。 

非常に中身の濃いツアーでした。本当にありがとう。 


では、ここからオーラルが何をしていくのか?と 


FIXIONを作り終えたときからずっと考え続け 、山中拓也という人間性、音楽性のルーツをたどるという作業を改めて行っていました。 

自分が聴いてきた音楽、観てきた映画、絵本などを見返していく中で 自分が好きになる作品の共通点、それは 『ポップと恐怖・皮肉という全く正反対のモノの混同』というポイントでした。 


今回リリースするシングルはカップリング含め、そのポイントを全面に押し出すオーラルの音楽を作れないか?と考え制作した楽曲です。 

カップリング含め、最高の仕上がりになっていて興奮しています。(カップリングなんて言わせないぞ!) その中でも表題にさせてもらった『DIP-BAP』はサウンドも歌詞の書き方も新しい挑戦をたくさん盛り込みました。 


FIXIONの中の『マナーモード』という曲、自分の周りでとても評判がよく、

リスナーにもオーラルの新しい世界感が伝わった手応えがありました。

実は『マナーモード』はこれからのオーラルの音楽に繋がる伏線をはっている曲でもあったので、

オーラルがもう一つ上のステップにいくために、今この『DIP-BAP』を一刻も早くリスナーに届けたい想いが強くなりました。 


なので今回リリースは夏ですが、予約してくれた人にBKW!!カードを先にプレゼントするという形で『DIP-BAP』を届けます。
詳しい企画内容はこちら
 

正直この曲を理解してもらえるかは挑戦です。 


もう少し優しく噛み砕いて表現する事も出来ましたが、それじゃ意味ないんです。 


フェス文化の影響もあってか、リスナーは音楽をちゃんと聴いてないとか、暴れたいだけ。とか散々言われてます。 

だけど、俺はそんな事はないとFIXIONという作品を通じて思えたし、まだまだリスナーの耳に期待して大丈夫だと思えたからこそ、ありのままの姿でみんなに提示したいと思いました。 


ワンマンのMCでも少し触れましたが、我々は 

変化を恐れず、自分達がその時その時に伝えたいことを伝えていきたい。 

時代に合わせるつもりもない。 

時代というものは必ず移り変わっていき、また次の時代がきます。 

リスナーのみんなと次のステージに一緒に上がりたいし普段聴かないようなジャンルの音楽も『THE ORAL CIGARETTES』というフィルターを通して聴いて欲しいな。なんて願っています。 


だから 『新しい挑戦と進化(深化)』というテーマをかかげてオーラルはこの春から進んでいきます。 

春フェスで出来るだけ多くの人に聴いて欲しい、そしてどう感じてもらえるのかを知りたい。 

ライヴだけでなく一刻も早くみんなに音源を聴いてもらいたいです。 

今回のシングルは、みんなが感じたことを聴けたら嬉しいななんて思っています。 

もちろんDIP-BAPのカップリング曲もヤバいキラーチューン入れました。 


楽しみにしててね!!

p.s 「DIP-BAP」の曲解説もこれとは別のブログに書くね。

 

みなさん

こんにちは
こんばんは

暑くなってきましたね。

気温とともに、心も熱くなってきております。

なぜか!?

そう!

もうすぐ地元奈良での、

なら100年会館公演ツアーファイナルではありませんか!!

オーラル初めてのホールワンマン!!

初めてって、なんでも不安と期待が入り混じるもので、、、
オーラルの節目であり、地元で一番でかいホールを満員で迎えられることにすごく喜びを感じているのですが、今心境的には不安8割、期待8割っていうよくわからない心境なんです。

多分観に来るお客さんの中にも不安と期待どっちも持ってる人がいると思うッ!!


でも、僕らも一緒なので!!笑

一緒にオーラルの『初めて』を楽しめたらいいなぁと思ってます!

ちなみにこの公演はずっと続いてきた、FIXIONのツアーのファイナルになりますから。

FIXIONの曲は勿論。奈良だからこそやりたい曲もやっていこうと思っておるよ。

オーラルってバンドがどこまでやれるのか俺も楽しみやし。
今後どれだけ大きくなるのかも楽しみです。

このホールワンマンはオーラルが次のステージに上がるための大事な一歩だと思ってます。
だからこそ、本気で悔いなくやりたいし、みんなと特別な時間を共有したいと思います。

一緒に良い日にしような!!

みんなのこと、なら100年会館という夢の舞台で待ってます。

それでは!


山中拓也


 IMG_3396_s

↑このページのトップへ