今日から3日間、
松陰神社前(東急世田谷線)の線路沿いのスペース「松陰PLAT」にて
事務所のメンバーが展示をおこなうので、
少しお手伝いに。
今日は空が澄んでいてぽかぽかしていて気持ちよかった!
 
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1693.JPG▲私はこのイベントにあわせて、
松陰神社前のイラストマップをかきました。
独断と偏見ですが、思いつくままにおすすめスポットを……
本当はもっと予習したかったんだけどね。
今日は搬入のついでに、松陰神社エリアをおさんぽしてみました。
 
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1802.JPG▲展示のようす。

_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1744.JPG▲このエリアで私がいちばん好きなお店は、パンとケーキのお店「ニコラス静養堂」。
去年からたびたびブログにも書いているんだけど、
かなり古くからあるレトロなパン屋さん。
シベリアなどのなつかしいパンや、個性的なパンもいろいろ……そしてお値段もかわいい。
私がとくに好きなのは、黒糖かりんとう(↑)とプリンパン(→)です。
黒糖かりんとうは、かりんとうと言っても、パンの耳のあま〜い和風ラスクって感じ!これが止まらないのです。
プリンパンは、しっとりパン生地に生クリームとカスタードクリームとカラメルソースが入ってる!
アンパンマン風のは、息子に。豆乳クリームだそう。

_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1745.JPG▲店構えも味がある。看板のロゴの色づかいが、なつかしいかわいさ!
パンとケーキが一緒に売られている、昔ながらのお店が大好き。
 
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1747.JPG▲息子にアンパンマンクッキーをいただいちゃいました。大喜び。

そしてもう一軒、このあたりで有名なパン屋さんが「SUDO」です。
 
▲こちらは新しくておしゃれで、セレブ!という感じのパン屋さん。
リッチなパンは、高級感のみならず味もさすがのおいしさ。

_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1817.JPG
▲名物。かみごたえあるバゲットに、薄く切ったバターの板とあんこが挟んであるの。
 
松陰神社前の商店街はおしゃれなカフェも多いので、いろいろ迷ったけれど、
ランチは「カフェ ロッタ」へ。

二階の席に通してもらったら、
広々していておうちみたいでとても居心地がよかった!
息子にとても親切にしてくれて嬉しかったです。
 松陰神社前で、子どもと休憩したいときはここがいちばんかも。
 
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1818.JPG▲ふわふわたまごのオムライスをたのんだら、かわいい盛りつけ♡
 
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1785.JPG▲セットドリンクにはジンジャークッキーがついてた!
(ジンジャークッキー、ジンジャーブレッドのたぐいが大好きなんです。
この季節、もらったけど食べない……みたいな人が万が一いたら私にください笑)
 
ロッタちゃん、こんどはケーキを食べに来たいな。
子どもが生まれる前に一度来たことがあったのだけど、
トーストもおいしいのですよ。

さて、松陰PLATの一部屋、
「せたがヤンソン」のスペースに写真が展示されているのですが、 
この壁は黒板(黄色だけど)塗料が塗られていて、チョークで書いたり消したりできる。
展示前の壁で大胆にライブペインティングする息子
 
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1746.JPG
芸術は
爆発だ!
  
松陰神社前は、
古き良き景色と今っぽいお店が共存していて、
わくわくするしやさしい気持ちになれる街。
日曜日は蚤の市もやっているみたいだから、
また顔を出そうと思います! 

私のモチベーションは、
やっていることが「かわいい」かどうか、
に大きく左右されてしまう。
それは見かけだけの話ではない。

_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1487.JPG


著書最初のほうの ふたこま

一例としてはこういうこと……
とても主観的、恣意的な感覚です。
自己完結的な問題です。
勘違いされがちだけど、見栄や自意識とも離れたところにある。
かわいいと思われたい、とか、目立ちたい、キラキラしてたい、とか、
そういう動機とは種類が違うのだ。 

(話は逸れますが、
かわいくない数学の勉強をかわいくするために、
私はノートのまとめ方にこだわってました。
ただ、なりふり構わず計算できる用のノートと、
モチベーションを上げるための整理用ノートを分けて、
ちゃんとバランスをとるのがポイントです。
見た目だけでもダメ。中身だけでもダメ。
脱線しました。この話はまたいつか。)

最近は、
ケント紙やパソコン上で絵を描くのがなんかかわいくない!
という感じがしてきてしまい、
ノートに描いたり立体物に描いたりすることのほうにときめきます。
(作業がかわいかろうとかわいくなかろうと仕事に影響が出ないようにはしてます 笑)

文章もそうで、
Wordでざっと書くよりノートにペンで書いたほうが断然かわいい。
画面上<印刷物<手書き
↑かわいい度合い。笑

かわいい
効率
は ときに反比例する。
困ったもんだぜ。

_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1394.JPG

でも、仕事のときは仕事のことだけしか考えられなかったところから、
さらに作品を広げて楽しもうとする心意気が出てきたのかな、という気もする、我ながら。

2次元の、画面上の世界に退屈してきたところで、
来年は展示のことなども考えたいなと思っています。
自分のつくるものがいちばんかわいい状態になる出力方法を編み出したい。

すべての原動力はそこですね。
そして、その「かわいい」というものが、なかなか定義づけられない、定義づけたとしても移ろってゆく概念なので、
このポリシーはどんな環境にも対応するし、
注ぐエネルギーは尽きない。


_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1312.JPG


ちょっとハードな週末だった〜!


風邪のせいで仕事が溜まってしまったんだけど

昼間は息子がやんちゃでなかなか集中できる時間がとれないし

(毎日事務所に連れて行って家族で仕事してる→これが点数下がるらしくて保育園になかなか入れない)

夫も仕事があるし同じく風邪……。


やむをえず、ゆうべは夫と息子に早めに帰ってもらって、徹夜。

その前の晩は逆のパターンだったんだけど……。

でも、もはや寝られないのがつらい、というより、

集中できる時間がある、というのがありがたい。

そして、真夜中から始発までなんてあっという間。


私はもともと徹夜とかオールで遊んだりとかが体質的に向かないタイプな気がするから、基本的には早寝早起き型。

朝に息子を夫にみてもらっている時間に集中して、

午後からはできるときにできることを、というスタイルなんだけど、

たまにはこういうイレギュラーもあっていいかな。

白んでいく朝の空と冬の風が、旅しているみたいで少し気持ちよかった。


そういえば、出産の感覚って、徹夜に似ていた気がする。

ひーひー言って、永遠に終わらないような気がして、もう二度とやるまいと思っているうちに、

あっという間に時間は経って、クライマックスはただ駆け抜けるのみという勢い、

終わったらけろっとしてちょっとハイになる感じ。

そうやってがむしゃらに、愛すべきものを生み出せていたらいいよね、なんてね。


う〜んでも、こんなことを思っちゃうあたり、私はそうとう徹夜が苦手なんだろうな笑

体調とテンションは絵や言葉に出るからな。


早く寝て早く起きましょう。







よい夜を。

風邪も治ったので、明日からはまたかわいいものとか載せます。


 

風邪をひいてしまい、とにかく早く治したくて、風邪に効く食材を一気に摂取。

ネットで調べたレシピで、
ジンジャーシロップをつくってみました。

_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1029.JPG

生姜、お砂糖、お水だけ。
ハーブコーディアルが入ってた瓶に移し替えたら、売り物みたいに見える!笑
1年もつそうだけど、あっという間に飲んじゃいそう……!
このままお湯で割って生姜湯にして飲みましたが、
ミルクティーに入れてジンジャーチャイっぽくしてもおいしそう♡
明日やってみようっと。

_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1030.JPG

福岡から届いた八女紅茶。
八女茶って、紅茶もあるのね!
ゆずが入っていて、癒される風味♩
さっそくジンジャーシロップを入れてみたら、心も身体もあったまりました。
しばらくの間、お客様にはこのお茶をお出ししよう。

70代後半になってもかわいく元気で現役イラストレーターを続けていらっしゃる田村セツコ先生も、
風邪のときは生姜入りの紅茶だっておっしゃってた!

この冬は生姜で乗り切るぞ!

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0845.JPG

来年にかけてじっくり取り組んでる仕事があるので
先日、かわいいファイルとノートを買いました。

ファイルは色展開とプチプラにひと目惚れ!
女子高生が使うようなやつだと思いますが
ポケットも使いやすく、扱いやすくてなかなか便利です。
LOFTで見つけたよん。LOFTの文具フロア大好き。

ノートにはいろんな設定やスケッチを書き込んでいるの!

『妄想娘、東大をめざす』をつくったとき、
コミックエッセイというものを描くのもまったくの初めてで、
いろいろと試行錯誤しながら急ピッチでガンガン進めたため、
それぞれのキャラの設定とかルックスとかに統一感をだすのになかなか苦戦したという反省点がある。

だから、長い付き合いになる企画のときは、
1冊のノートに詳細をまとめておくことにしました。

自分だけのノートがあると、
そのノートが充実してくるのも嬉しくて、
構想を練ったり直しを重ねたりする作業も、面倒じゃなく楽しくなってくる♩

お知らせはもう少し先になりますが……
がんばるぞー!

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0260.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0261.JPG

いただきものの、MOISANのパン
夢中でかじりついてしまったよ
高級なだけあって、しっかりしたお味でおいしかったなあ〜
1日1コーヒーがやめられない。 

昨夜は、
"メイクスマイルアーティスト"! ミワンダフルさんのイベント
メイクアップレストラン」に行ってきました!

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0646.JPG

世界中のストリートでさまざまな女の子たちにメイクして、たくさんの笑顔に出逢ってきたミワンダフルさん。
枠にとらわれない独自のスタイルで活動されてきたミワンダフルさんだからこそつくれる、
もっとメイクを楽しむための新しい試みが「メイクアップレストラン」なのです。

その名の通り、メイクを体験する「レストラン」。
フルコースに見立てたコスメプレートが一皿ずつ運ばれてきて、
音楽やダンスのショウとともに、メイクのテクニックを習うことができます。

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0631.JPG

開演前はこんな感じ……


ダンサーたちと一緒に登場したミワンダフルさん!
コックやウエイトレスのようでありながら、
未来的でガーリーな衣装もとってもかわいい。

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0630.JPG

オリジナルソングは一度聴いたら覚えてしまうような、キャッチーでキュートなメロディ♩
歌に込められたポジティブなメッセージが、コスメと一緒に肌にのっていくような気分。

メイクアップアーティストがエンターティナーであることを、ミワンダフルさんは教えてくれます。

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0556.JPG
▲ファンデーションもスプーンにのっているとわくわくするね!思わず食べちゃいそう……

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0633.JPG
▲このKATEのファンデ、テクスチャーがやわらかくて、うるおうのにさらっとパウダー状になって使いやすかったな!カバー力もばつぐん。

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0629.JPG
▲コミカルでポップなパフォーマンスもありつつ♩

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0627.JPG
▲メインディッシュはメイベリンのアイシャドウでございます。
ヌードパレット、ちょう便利!12色も入っている!
自分好みの色を選べます。上手な塗り方も教えてもらったよ。

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0647.JPG
▲そしてデザートは、ジェラートに見立てたリップ。
なんと、ほんとのジェラートみたいに冷え冷えで提供されるのです!
ひんやりリップを唇にのせると、スイーツを食べてるみたいに癒される……♡

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0628.JPG
▲スペシャルゲストにはキティちゃんも登場!
生のキティちゃんほんとかわいいー!!
素で興奮してしまう26歳……。

ダンスもミワンダフルさんと息ぴったりでキレッキレです!


ミワンダフルさんのさまざまな活動を紹介するVTRを観ながら、
黒人の女の人がメイクしてもらったあとに見せたとびっきりの笑顔のシーンで、思わずうるっとしそうに……。

「かわいい」は本当にひとつ?
きっと人それぞれの「かわいい」がある。
何が正しいかよりも、ひとりひとりが笑顔になれるメイク。

そんなミワンダフルさんの言葉がとても響きました。

自分の顔に気に入らない部分がある。
自信が持てない。
メイクが義務化して楽しくない……

でもメイクって本当は、自分をときめかせることができる小さな魔法なんだ。
そのプロセスにあるちょっとした工夫こそが「かわいい」なんだ。

会場に入るなりわくわくして、
運ばれてくるコスメプレートに見惚れて、
歌やダンスに心踊って、
すこしかわいくなった自分に、前向きな気分で帰る……

コスメとフルコースとショウが融合して、
そして何よりもミワンダフルさんのパッションを感じて、
メイクのテクニックとコスメ以上のものをいただいた時間でした。

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0653.JPG
▲おまけ:ビフォーアフター☆
だいたいタレ目で疲れた顔なんだけど、リフトアップして顔色が明るくなった〜!


「ホリデイ」と名のつくメニューが街のあちこちできらめいている
そんな今の季節が大好き。

ホリデイシーズンのうちに食べたいものについて描いておこう♡

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0579.JPG
ホリデイシーズンに ほっとする食べ物やドリンクが多いのは
みんなバタバタと忙しい時期だからなのかな。
家族や恋人と過ごすひとときだからっていうのもあるかな。

ああ、チャイが毎日飲みたいなぁ。
むせかえるくらいにスパイシーなやつ。
しっかり甘いのが好き。
チャイを飲み歩く企画がやりたい。

ジンジャーと名のつくものに弱い。
この季節はジンジャーなんとかにたくさん出逢えるから嬉しい。

このあいだスパイラルに行ったとき
ジンジャーマンクッキーのワッペン!というツボすぎるものにひと目惚れ。

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0581.JPG

ひとつ162円でした、たしか。
帽子かバッグにつけようと思ってるの♩

欲しいものは描くことでその欲が6割くらい満たされるんだけど
食べたいものはどうかな……
ますますおなかがすいてくる気がする。

今週はインスタに、ピザ🍕の擬人化の女の子たちを描いているのですが、
描きながらピザが食べたくてたまらないです。

_var_mobile_Media_DCIM_169APPLE_IMG_9297.JPG

息子がまみれた(!?)ため半分くらいしか食べられなかった
スタバのプリンが恋しい🍮


中高時代の美術の先生が東京に来られていて、
久しぶりに連絡をいただいたので、
先輩と三人でお茶しました。

卒業してもう8年(もうすぐ9年!)になるのに、
こうやって気にかけていただいて、
お仕事のことも応援していただいて感謝です。

美術の授業は好きだったなぁ。
あんまり成績は良くもなかったし
先生とぶつかったこともあるんだけど笑

母校は美術の教室だけ離れのような小さな別館になっていて、
その部屋の奥に、『花椿』のバックナンバーや、蜷川実花の写真集などが積まれていて、
私は授業の作品が仕上がらなくて居残りしているときに、そこでいろんなアートの本を見るのが好きだった。

閉塞的な日常の中で、
ひとりの世界に入ることができる隠れ家のような場所。
外の世界への扉でもあったのかもしれない。

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0178.JPG

先生のお好きな青山スパイラルのカフェでお茶。
今の学校の様子などについて伺う。

これは優秀なプリン・アラモード、という感じ。
YUKIの「勇敢なヴァニラ・アイスクリーム」ふう。

それはそうと

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0188.JPG

アイスロイヤルミルクティーが、
私が今までに飲んだミルクティーのベスト3に入ると言ってもいいくらい美味しかった!
思いきり甘くてクリーミーで、紅茶の風味がしっかりする……
(ちなみに他のマイベストロイヤルミルクティーは、ロクシタンカフェの「テ オレ グラッセ ロクシタン」、
フレンチトーストが有名なカフェアリヤのアイスロイヤルミルクティー、
それと宇都宮に行ったときに入った喫茶タフドアのホットロイヤルミルクティー)

またこのミルクティーを飲みにきたいな。
今度はフレンチトーストも食べたい!

_var_mobile_Media_DCIM_170APPLE_IMG_0166.JPG

今日の格好はお気に入りだったんだけど写真うつると謎な感じになってしまったな、、
RUBY AND YOUのタートルネックに
数年前の、Balcony×谷川夢佳ちゃんコラボのキャミ
スカートはMILKの古着。質感と広がり具合がお気に入り。
ベレー帽は古着屋さんでカオリノモリの。

↑このページのトップへ