久しぶりの育児コラムです。


育児コラム5でジュースだけはもらう機会があっても、「断乳の時のために飲ませてないから」って言って断ってきていました。


私は潔癖&神経質だと自覚しているので、そうじゃないタイプの人からしたらひくこともあると思います。笑


好んで潔癖&神経質なわけではないので、そう思われるのはあまり好きじゃありません。あ、でもブログで潔癖公開してからは、潔癖なこと言う方が楽なんで潔癖はもう隠さず生きてます。笑


でも、「神経質な人やな〜」って言われるのは、やっぱりあまり嬉しくないので、神経質じゃないフリしてます(*´ω`*)←ブログでは神経質って言うてるけど。笑


例えば、まだチョコレートを食べさせていなくても、もらったらOK!もらったらもらった時にあげる!って決めてました。(2歳まではまだあげてませんって断ってたんですけど。)


もう3歳にもなってるし、まだチョコレートあげてませんって言ったら神経質な人だなって思われるかな…とか思っちゃうので、チョコレート今では断ったりはしていません。







3歳過ぎあたり、我が家のともくんは私のこと大好きで夫のことは………( ´Д`)みたいな時があって…


あまりにも夫がかわいそうだったので、ママはラムネやビスケットまでは買ってあげるけど、チョコレートは買ってあげない。パパはチョコレート買ってくれる♡みたいなプレミア感を出しました!笑


そして夫が休みの土日の朝、チョコレートをパパからもらえる♡みたいな感じでチョコレートをあげていました。量は、飴みたいな袋に入っている小粒のチョコレート1粒です。そんなに大量にはあげていません。


最初は土日だけだったのですが、平日も(チョコレートでパパになつくので)あげちゃってました。1粒とか多くても1日2粒ですが…


でも、このチョコレートで好感度アップ作戦してから、なんとなく落ち着きがなくてチョコレートをもらうまでギャン泣きしてわめく…ということも出てきて…


夫と2人で「チョコレート依存みたいになってない?」「え?でも1日1粒とかやのに?」と、チョコレートがなんだか怖くなってきました。


チョコレートって、他のお菓子と比べて違うことは、虫歯になるだけじゃなくて、カフェインが入っていることなんですよね。


たった1粒のチョコレートですが、ほぼ毎日食べていたので、軽いカフェイン中毒になっていたのかもしれません。


小さな体で軽いカフェイン中毒だったと思われるので、チョコ断ちしてから3日目にはチョコチョコ言わなくなりました。子どもの体は小さいから、カフェイン中毒になるのも早けりゃ、抜けるのも早いみたいです。


専門家でもなんでもないので、根拠はありませんが、チョコ断ちしてから、嘘のように落ち着きました!チョコ断ちするだけで育児楽になった感…!


今では誰かにもらったら食べていいことにしていますが、私・夫・祖父母はチョコレートをあげないって決めてます。


カフェインの怖さを体験しました。「チョコレートって何歳からあげる?」ってよく話題に上がったりしますが、やはりチョコレートって、ラムネやビスケットとはちょっと違って大人の食べ物なんだと思います。





これが絶対!って言ってるわけではないし、押し付けてるわけではなく、私が2人目でもそうしよう!と思っていることを書いてます。


考え方は人それぞれだと思うので、こうじゃない人をダメだと言ってるわけではありません。


ただ、毎日あげてるわ!って人がもし辞めてみて、子育てスムーズになったらいいなと思って今回はこの記事を書きました。





チョコは買わないけどソフトクリームならいいよ…ということで、ゴールデンウィークに食べた、サービスエリアのソフトクリーム♩
d3uvl1n78N.jpg
嬉しそうな顔するから、ついついあげたくなっちゃうんですよね(*´Д`*)


あ!3歳半の今では、パパ大好きって言うくらい、パパのこと好きみたいです!チョコあげなくてもちゃんとパパのこと好きってなりました♡笑



ではまた!






育児コラム、ぜひ第1弾からご覧ください!


過去の育児コラムは、
 #おおまえさんちのおひるねアート育児コラム
の下のタグからご覧ください。