春から高校生になる3人のMCと小学生DJの4人組ヒップホップユニット・MAGiC BOYZ(マジックボーイズ)が3月29日にシングル『3.141592』をリリース! 卒業・入学シーズンにぴったりなこの新曲の発売を記念して、V.I.P. PressではLINE BLOGのフォロワーさんたちから、メンバーへの質問を募集、代表で5名の方の質問に答えてもらってきました!
学校生活のことや友だちのこと、メンタルのことなどふだんは聞けない質問も!  個性的なメンバーたちから果たしてどんな回答が飛び出すのか? ではさっそく答えていただきましょう。

本番_02A0092.jpg


──それではフォロワーさんの質問に答えていただきたいと思います。400件以上の質問をいただきました。その中から5件をピックアップします。

まずは「なぽたろう」さんからの質問です。

私は春から高校生なのですが、どうやったら仲のいい友達がたくさんできると思いますか? マジボの皆さんはどうやって友達と仲良くしますか? 今から不安でいっぱいです 。


リュウト変に高校デビューしようとすると、浮いちゃうからね。たとえばクールキャラを目指そうとするとただの陰キャラになります。僕は本当に、なりました! 中学校入学したばかりの頃に窓辺の方見ながら本を読んでたら、「ただぼーっとしてるヤツ」になっちゃって(苦笑)


──マンガの登場人物だとそういうミステリアスなクールキャラっていますけどね。


マヒロ  現実はそうはいきませんからね。

リュウト「アイツバカじゃないの?」みたいな。

マヒロ クールぶってると「あの人機嫌悪いのかな?」と思われちゃうこともありますし。初日からキャラを固定してしまうと、後から修正が効かないから止めたほうがいい。

トーマ 初日が一番大事かも。

マヒロ  僕の場合は、初日に席の近い子が話しかけてくれたらベストで、声をかけてくれなかったら自分からちょっとずつ話しかけて様子をうかがって、徐々に自分と相性の合う友達を探していくって感じです。

リュウト サバンナでの生き方みたい。

ジョー 入学式のときの周りの友達がすごく積極的だった。最初から気を使わない方が仲良くなれた。その子とは今でも一緒に遊んだりする。

マヒロ だから、堂々としてましょう。

本番_02A0646.jpg


──次は「しおり」さんからの質問です。


期間限定ではありますが、大人のZEN-LA-ROCKさんと活動されていた皆さんに質問です。どんな大人になりたいですか?


マヒロ 大人、20歳だとしたらあと5年くらいだよね。

ジョー いいなあ。

トーマ ジョーも中学になったら逆に大人になりたくないなあって思うよ。

リュウト  税金とか払いたくないよ〜。スネをかじっていたい(笑)


──まだ大人にはなりたくはない?


マヒロ   今、この状態で楽しいので。

リュウト  でも僕、大人になったらやりたいことあるよ。

マヒロ   何?

リュウト  スタバでMacBookを開いて仕事したい!

マヒロ   今でもできるじゃん、ダンボールでMacBook作ってやるよ(笑)

リュウト できる男=スタバでMacBookってイメージが俺の中にあるんです。

マヒロ
  僕は大人になってもチャラチャラしたくないですね。

リュウト たしかに、自分の考えは持っていたいですね。

マヒロ  チャラチャラした結果、もし何かトラブルが起きてしまったら、アーティストとしてダメですし。大人になっても自分はこういう立場にいるんだということをしっかりわきまえて、信頼される人になりたいです。


──その言葉を聞いて「もう大人だな」と思いました。ジョーさんは?


ジョー 子供の頃我慢していたことをやりたい。欲しかったゲームを買うとか。


──「大人買い」ですね。


マヒロ 大人になったら自由にはなりますよね。

リュウトでも責任も増えますよね。それこそ税金が(笑)

本番_02A0595.jpg


──次は「なつみ」さんからの質問です。


みなさんは何か辛いこと、嫌なこと、失敗してしまったことがあった場合はどう気持ちを切り替えて乗り切りますか?


マヒロ  辛かったことや、苦しいことも、ライブでHOMiEさんたちを見ると乗り切れる、支えになります。これは心から言ってることですよ(笑) 

トーマ  僕はとりあえず深呼吸をします。そうするとちょっと落ち着きます。それでもダメなら寝て、起きてからがんばろうって思います(笑)

リュウト 趣味で発散するね、好きな音楽をかけるとか。

ジョー 枕を顔に当てて「ぎゃ──!」とか「ばかばか!」って叫びます。

マヒロ 体動かしたり叫んだりするのはストレス発散になりますよね。全部ライブでできる(笑)

リュウト  あとは「自分だけの身体じゃない」って思うことかな。俺を待ってくれる人、家族も友達もHOMiEさんたちもいる。俺になにかあったら、そういう人に迷惑がかかるって考えます。そうすると「くよくよしてる場合じゃないよね」と、失敗した部分が小さく見える。

マヒロ  大人になったな〜、リュウトは(笑)

リュウト  中学の頃に運命論みたいな本をすごい読みまくったりして。起きてることは全部必要なものなんだな、失敗も必要なんだなって思うようになったかな。


本番_02A0625.jpg


──では次は「まさき 」さんからの質問です。


1日だけ女の子になれるとしたら何がしたいですか?


マヒロ
 僕たちのグループは女性のファンが多いじゃないですか。ライブでどういうアプローチをされたらうれしいかというのを知りたいですね。それがわかれば次の日から男の僕が実行できるじゃないですか。男性と女性の目線は違うので、その気持ちになってみたいです。

トーマ 貴重な女の子らしいことをしたい。朝起きて……、メイクしてかわいい格好をして、スタバで女子トークをしたい!


──皆さんの考えるガールズトークとは?


リュウト
「このネイルサロンどうだった? ブランドが〜? カラオケ〜? パリピ〜?」みたいな(笑)


──「パンケーキおいしい」みたいな?


マヒロ女子は本当にそれがおいしいと思うんですか? パンケーキの写真撮って半分くらい食べて「焼肉食べたい」ってなりそう(笑)

リュウト これは僕の偏見なんだけど、パンケーキの行列に並んで、パンケーキの写真を撮って「そんな私がカワイイ」って思ってそう!

マヒロ   うわ〜、どうなんだろうね(笑)

ジョー うーん。


──今ジョーさんがポカーンとしてますね。ジョーさんは1日だけ女の子になったら何をしたいですか?


ジョーみんなで「このグループかっこいいよね〜」みたいなアイドルの話とかしたいですね。


本番_02A0634.jpg


──最後は「まやめっこ」さんからの質問です。


私は4月から高校生になります。単位制の高校なので単位が取れなければ卒業できません。中学生のときは全然勉強していなくて、ほぼノー勉で試験を受けてました。さすがに高校生になったら勉強しないとなと思います。MAGiC BOYZの皆さんはどうやって勉強していますか?



マヒロ 勉強せずに試験受けてたっていう方がすごいと思うよ!(笑)


──皆さんはMAGiC BOYZの活動と学業の両立は大変ではありませんか?


リュウト  たしかに普通の中学生よりは忙しいんですけど、本当に忙しい時の方が「空いた時間にやろう!」って気になったし、受かったときは気持ちよかった(笑)

マヒロ  これは僕の考えなんですけど、1回(やる気の)スイッチが入ると延々とやりつづけられるけど、そこを無理にやろうとしたら逆に集中できない。あとは解ける問題からやるとか。

トーマ  僕はあんまり集中できないタイプだから、似たような問題を何回もひたすらやります。

リュウト「体に入れる」みたいな。俺問題解いてると口に出してしゃべっちゃうね。そういうふうに自分なりのやり方を見つけるのがいいのかな。

トーマ  僕もしゃべっちゃう。「これは織田信長だろ〜」とか言いますね。ゲームだと思ってやると楽しい。

ジョー  僕はダブレットを使ってやってます。勉強するとレベルも上がるっていうのが楽しい。

マヒロ 本当にゲームみたいなんだ!

リュウト 「勉強」と捉えすぎるのは良くないかもね。楽しんでやれる自分なりの方法を見つけられるといいんじゃないかなぁ。


──気持ちの持っていきかたで悩みも解決、楽しい毎日に変えられるんだなとみなさんの回答を聞いていて感じました! 今日はみなさんありがとうございました!


MAGiC BOYZ新曲リリースインタビューも公開中! チエックしてね!
大人顔負けの実力派! 進化を続ける学生ヒップホップユニット・MAGiC BOYZのやんちゃな素顔を直撃! : V.I.P. Press 公式ブログ
V.I.P. Press初登場となるMAGiC BOYZ(マジックボーイズ)は春から高校生になる3人のMCと小学生DJの4人組ヒップホップユニットです。2014年9月に結成され、幾度のメンバーチェンジを経て現体制になりました。そんな彼らが3月29日にシングル『3.141592』をリリース。表題曲はT
lineblog.me


_02A0313.jpg

_02A0415.jpg

_02A0480.jpg

_02A0278.jpg

質問が採用された方にはMAGiC BOYZのサイン入りチェキをお送りします! LINE BLOGの「お知らせ」からご連絡いたしますので、お楽しみに!






精神的に「大人であること」に年齢は関係ない。MAGiC BOYZのメンバーのお話を聞いていて本当に思いました! 春からの新生活、メンバーと一緒にみなさん楽しんでいきましょう!

会いたい "あのひと" を身近に── LINE BLOG。
新しい環境に飛び込むのは怖いですが、勇気をもって飛び込めば案外すぐに慣れるものかもしれません。
それではまた。

(撮影/杉映貴子、取材・文/藤谷千明、藤坂美樹)

編集部おすすめ記事