国民的人気コミック『3月のライオン』(羽海野チカ・講談社)が連載10周年を迎える今年、ついに実写化されます! 前編が3月18日、後編が4月22日公開。17歳の将棋のプロ棋士・桐山零が悩み苦しみながら成長していく青春ストーリーと手に汗握る将棋の対局シーンが織り交ぜられた、息つく暇もないエンターテインメント映画、原作ファンもそうでない人も見れば深い感動に包まれるはず。


今日は主演の零役・神木隆之介さんと零の心の居場所となっていく川本家の姉妹を演じた倉科カナさんと清原果耶さんに映画の見どころや撮影秘話をうかがってきました。


決定_02A0091.jpg


──映画拝見いたしまして、本当にすてきな作品でした! 原作の雰囲気にもとても合っていて、すんなりと実写に入り込めました。みなさんそれぞれのキャラクターのイメージにぴったりでしたが、役柄を演じられた感想から教えていただけますでしょうか。

神木隆之介(以下、神木) 零は最初、つかみどころがないように感じて、演じるのが難しかったです。おとなしい人なのかなと最初は思ったのですが、実は全然そうではなくて、男らしいんです。根性もきちんとあって、それこそ後藤(伊藤英明)に立ち向かっていけるぐらいなので、結構気が荒いところもあるんです。原作の中でも笑ったり、人の言うことに突っ込みを入れたり、表情がころころと変わります。しかし、なぜおとなしく感じたんだろうと考えてみたら、おそらく、零が持っている孤独がいろいろな場面で垣間見えるからなのかなと思いました。



──零は幼いころに両親を亡くして、孤独を抱えて生きているので、ふつうの17歳とは違いますよね。

神木 はい。その零を演じるにあたって、零の持っている崩れそうな儚さや孤独感をいかに持っていないように見せながら、かすかにそれを漂わせるかを意識しました。原作や脚本を読んで感じた、一見おとなしそうに見えるけれど、実は違うんだよ、というところを表現したいと思いました。それぞれのシーンでどれくらい感情を出すかという塩梅がすごく難しかったです。撮影が始まってすぐはつかみづらかったので、監督とも「零だとどれくらい(感情を出す)だと思う?」ということを話しながら、徐々に零を捉えていきました。



──監督が映画のパンフレットで、神木さんは幼いころから俳優として活躍されていて、零もプロ棋士として活躍しているところがカブるとおっしゃっていましたね。

神木  それは直接監督からおっしゃっていただいて気づいたことでした。零とは歩んできた人生も違うので、あまりカブるとは思っていなくて。しかし、零と感覚を共有できるところはあるだろうなと思いました。零も年は若くてもプロの棋士なので、対局で目の前に座っている対戦相手も零のことを中学生だ、高校生だと思って対戦していないですよね。それは現場で僕が今までプロの俳優として立つように親から言われてきたことなんです。零も立場は一緒なのかなと思いながら、演じました。


R_02A0039.jpg


──倉科さんは役柄についていかがですか?

倉科カナ(以下、倉科)私も最初あかりを演じるのは難しかったです。衣装合わせの時点で、監督にあかりはどんなふうになろうか、って言われて、「どんなでしょうね」って返しました。あかりを実写化するにあたって思ったのは、あかりというのは夢が詰まっているキャラクターなんです。地に足がついているようでいてついていないような、メルヘンな部分を持っている。この女性をどう演じるのか、私は最後までつかめませんでした。逆に前半戦のほうがまだつかめていた気がします。あかりは物語の中で能動的に動くというよりは受け手だったので、他の人の動き一つでこちらの芝居も変わってきたり、アドリブが必要なシーンも多かったです。


神木  アドリブは多かったですね。



──後編のほうが難しかったのはなぜですか?

倉科 受け手でありながら攻めていく場面が出てきたので。どれくらいその攻める感じを出していくのかがすごく未知数で。これぐらいかな?って演じてみて監督からOKが出ても、自分の中でこれでいいんだろうかって思ったり。あとで仕上がった映像を見てみると、私、前編より後編のほうが低音が出ていたんですよ。前編のほうが声が柔らかめで、後編は低くなっていて、私、こんな低い声を出していたのかなって思ったら、監督が低音を音の調整で響かせていたらしいんです。少しあかりのことを強く見せたかったのかな。それにしてもあかりは難しい役でした。ふわっと存在するのは簡単ですけど、そこに個性だったり内なる強さや生活感を出していくのは難しかったですね。


決定_02A0030.jpg


──ありがとうございます。清原さんはいかがでしたか?

清原果耶(以下、清原)私もひなたはすごく難しかったです。原作を読み込んで、自分なりのひなた像を作って現場に入ったんですけど、監督の思うひなたと自分が思うひなたが違う時もありました。ひなちゃんは表情がころころ変わる子なので、そこをうまく伝わるように、どう繊細にお芝居するのかがすごく難しかったです。基本は明るいですが、負けず嫌いな部分もあり、お姉さんのあかりさんにも見せない心に秘めた感情も持っています。そのあたりを表現するのがすごく難しかったです。



──零君と川本家の姉妹とのシーンは、緊迫した将棋の対局シーンもある中で、ほわっとあたたかくなるシーンでした。

神木  僕も川本家のシーンでは自分が棋士だということをすっかり忘れていました。



──川本家はおうちもとてもすてきでしたね。原作から抜け出してきたようなイメージぴったりのおうちでした。実際に映画スタッフの方々がイメージに合うおうちを探し回って見つけたそうですが、最初にあのおうちに入ったときはいかがでしたか?

神木  原作そのままという雰囲気が本当にありました。階段の1段1段が高くて、のぼっているという感覚があるのがいいですね。僕の実家もそのような階段なので、親近感を感じました。


決定_02A0049.jpg


──原作のこんな部分も再現されていたんだ、と思ったところはありましたか?

清原  こたつが置いてあるリビングにモモちゃん(川本家の末娘)が遊ぶような折り紙とか、おもちゃが置いてあるところですね。普段からここで遊んでいるんだなと感じることができました。


倉科  四季をとても感じられる家でした。特に縁側が印象的で、四季折々の花が見えたりとか。結構すきま風が多くて寒かったりもするんですけど、ちゃんと人が住んでいて生活している香りがするんです。それが川本家のあたたかいシーンを作り出していたのかもしれません。


清原  私はああいう歴史のあるおうちに入ったことがなかったので、すごく新鮮で、実際に住んでみたいなという気持ちになりました。過ごしやすくて落ち着くおうちで原作にぴったりでした。



──共演の感想をうかがっていきたいのですが、零君の人生を変えてしまうような川本家との出会い、神木さんは倉科さんのあかり、清原さんのひなちゃんとの共演は自分の光となる存在として、いかがでしたか?

神木  基本的にはこの3姉妹と僕(零)とのあいだには壁があるのではないかと思っていました。零は川本家と一緒にいることはできても、家族の中に入ることはできないんです。それは現場でも感じたことがあります。撮影の前に3姉妹がお泊り会をしたのですが、僕もそこに少しお邪魔させていただいたんです。そこで、家族とそうではない人というのは少し距離を感じるものなのかなと思いました。


倉科さんのあかりは本当にあたたかい方なのですが、家族ではないという1枚の壁があって、その1枚越しに優しくされている感じがしました。でも本当の家族のように優しくされたら、零も全然違う態度になっていたのではないかと思います。この人たちのために何かをしてあげたい、という想いも、違うベクトルに行っていたかもしれないと思います。川本家と零は程よい距離で、近いようでいてやはり他人なんだと思う優しさでつながっていたので、零も成長できたのだと思います。


倉科  でもみんなで撮影中に花札やったよね。


神木  やりましたね。撮影の最終日まで姉妹と少し距離があったのですが、倉科さんから「花札やろうよ」と言っていただいて、とても驚きました(笑)


倉科  その日は祭りのシーンだったから、ちょっと気持ちが陽気だったんですよ(笑)



──倉科さんにとっては神木さん演じる零はどんな存在でしたか?

倉科  
本当にプロでした。どうやったらこんなに繊細なお芝居ができるんだろうと思いました。年齢は私のほうが上ですけど、芸歴は確実に神木君のほうが上ですし。普段のたたずまいが謎なんですよ(笑)こんなかわいい容姿をしていて、凛としているのに中身はおっさんなんじゃないかと思うことがあって(笑)その神木君の謎さは零君がいろいろなものを抱えている感じとリンクしていましたね。でもそんな零くんを守ってあげたい、かわいいな、って思いました。


倉科  あと神木君はよく寝ます。


神木  食べるシーンが多かったので、お腹がいっぱいになったらポカポカしてすぐ眠くなっていたんです。ひなちゃんはその隣で元気に過ごしていました。


清原 私はわりと神木さんを見守ってました(笑) 


神木  見守っていてくださいました(笑)清原さんはしっかりしていますよ。本当に中学生とは思えないです。


清原  神木さんは本当に寝てましたね。川本家には2段ベッドがあるんですけど、そこで空き時間にぐっすり寝ていました。でもカメラが回ると、さっきまで寝ていたとは思えないような演技をされるので、本当にすごいなと思っていました。


R_02A0014.jpg


──清原さんは倉科さんとの姉妹役での共演はいかがでしたか?

清原  倉科さんとお会いした最初のころに「姉妹役だから敬語じゃなくていいよ」と気遣っていただきました。『3月のライオン』は人間のあたたかさを描いている映画でもあるんですけど、撮影現場でも倉科さんと神木さんが一緒に支えてくださり、それを身近に感じることができたので、撮影にもいい影響があったんじゃないかなと思います。



──最後に、完成した映画をご覧になった感想をそれぞれいただけますでしょうか。

神木  前編と後編とは色が違うのですが、こんなにも人の気持ちをリアルな時間の流れで描かれているのがすごいなと思いました。このような映画は今まであまり見たことがないですし、実際の映像の撮り方も監督が長回しでゆっくり撮っていく方法で。何分かけて良いですし、このセリフが言いづらければ言えるようになるまで待つ、と監督もスタッフの皆さんもそのような姿勢でいてくださいました。対局のシーンも3姉妹とのシーンも、すべてのシーンにおいて、僕たちの、人間としての気持ちの変化を丁寧に撮ってくださっています。

なので見たときに、フィクションなのですが、ドキュメンタリーを見ているような気持ちになりました。みんながそこに存在してきちんと生きているような作品です。実際に起こったことを切り取ったようで、そこに緊張感や愛情、あたたかさ、色々な感情をとても近くに感じることができる映画だと思います。


倉科  私、ちょうどこの作品を見たとき、女優について考えていた時期だったんです。ちょっとくじけそうになっていた時期で。他の作品ともいろいろ重なっていて忙しかったこともあって。でも映画を見て、対局のシーンの緊張感がすごく今の私と重なりました。自分自身を切り刻むように血を流しながら人生を賭けて将棋を打っている感じ、白熱した内なる戦いがすごく繊細に描かれていて。零君がそんな中で川本家と関わって、少しずつ愛を知って、変わっていくのを見て、私もがんばろう、人生を賭けて、血を流しながら進んでいこう、と思えたんです。自分自身の評価はどうであれ、この作品に参加できてよかったと心の底から思いました。それで女優をやっていこうと思えたのはとても大きなことでした。



──本当にご自身の中でも大きな作品になったのですね。清原さんもお願いします。

清原  私も3カ月の撮影でいろんなことを学ばせていただきました。撮影の中で悔しいことやうれしいこと、たくさんの感情を抱くことができました。女優のお仕事をこれから続けていくにあたって、助けになるのではないかなと思っています。



──出演者の方にとっても今後を変えてしまうような力のある作品になったのですね。ありがとうございました!

決定_02A0120.jpg






零が孤独を抱えながらも少しずつ前に進んでいく姿には、誰もが共感し、励まされるはず。見た後に「懸命に生きてみよう」と思える、まっすぐでリアルな映画です。

会いたい "あのひと" を身近に ── LINE BLOG。
怖くても明日に立ち向かってみること。そこから道が開けると信じたいです。
それでは、また。

(撮影/杉映貴子、取材・文/藤坂美樹)