12月22日にTETSUYAのディナーショー「TETSUYA Christmas Dinner Show 2016」が開催された。昨年に引き続き2度目の開催となる今年の会場も、グランドプリンスホテル新高輪 大宴会場 飛天。豪華絢爛な会場にドレスアップしたファンが集い、一足早いクリスマスムードに満ちた美しい夜となった。‬会場入口ではTETSUYAのオフィシャルキャラクター“MUKIMPOくん”が来場者を迎え、ディナー コースではバナナベースのオリジナルカクテルが振る舞われるなど、TETSUYAらしい遊び心もうれしい。

美味しいディナーとアルコールで和やかに温まった会場の照明が落ち、スーツスタイルでクールにキメたTETSUYAとバンドメンバーが登場すると、待ってましたとばかりの拍手と歓声が起こった。

YCXVSvue3F.jpg


‪1曲目に披露されたのは『WHITE OUT ~memory of a color~』。ソロデビュー15周年を迎えてますます深みを増した歌声に、ごまかしの効かないアコースティック サウンドが心地よく重なる。

今年リリースされた新曲の「Make a Wish」は、キラキラと輝くようなピアノサウンドが印象的なアレンジで披露された。疾走感溢れる爽やかさはそのままに、同曲の新たな魅力を伝えてくる。‬この日のサポートメンバーは重実 徹(Piano)、山口 周平(Acoustic Guitar)、Lyn(Chorus)、notch(Percussion)。TETSUYAのアコースティック編成ライヴではお馴染みの面々だけあって、すっかりバンドとしてのグルーヴ感が完成されていた。

「メリクリ!‪ みんな、お食事はいかがでしたか? 僕もみんなと同じものをいただきました。(ディナーショーは)‬2回目で何が正解か分かってないんですけど……(笑)」‬

アットホームなMCの後は、バラエティー豊かなラブソングのセクションへ。‪『魔法の言葉』‬は、ラグジュアリーな会場にピッタリのロマンチックなラブソング。シャンデリアにライトの光がキラキラと反射する中、まっすぐに愛を歌うTETSUYAの柔らかな声が響いた。

続く『In My HEART』では、‪TETSUYAの歌声とLynのコーラスが美しく絡み合い、最高のハーモニーで会場を満たす。そして流れるように‬‪『empty tears』へ。ノスタルジックな同曲を、‪眉根を寄せて切なくセクシーに歌い上げるTETSUYAに、ファンはうっとりと聴き入った。‬

7qA1O2Qpzf.jpg


L’Arc~en~Cielの9作目のアルバム『SMILE』収録曲のセルフ カバー『Time goes on ~泡のように~』を熱唱し、ヴォーカリストとしての実力をたっぷりと見せつけた後、「‪普段と違って着席でしっとりめな感じなんで、1人だけ熱唱してると恥ずかしい‬な(笑)」と照れたように笑うTETSUYA。隙の無い一流のサウンドと、コミカルなMCのギャップもまた、彼の魅力だ。
「何の話聞きたい~?」と問いかけると、「FNS~!」と反応があったことから、「いやー、BOØWYと言えば俺やん?(笑)」と、FNS歌謡祭での‪BOØWYとのコラボについての話題も飛び出した。‬


そして、‪「クリスマスっぽい曲いってみますか?」‬との曲振りから、‪TETSUYA流クリスマスソング『lonely girl』を披露し、ショーもいよいよ後半戦。‬‪ライヴ定番のアッパーチューン『Roulette』ではノリノリなハンドクラップが起こり、‪歌詞を口ずさむファンの笑顔が印象的だった。

‪「2016年も、もう終わりですね。今年は色々やってますよね!(笑) 何にもやってない年とかあったもんなあ(笑) 10月のツアー以降も、色々やってましたよ。レコーディングしてました!」‬ ‪TETSUYAの口から、‪来年の活動への意欲的な言葉も飛び出すと、ファンの間にうれしそうなざわめきが広がった。ファンにとって、何よりのクリスマスプレゼントになっただろう。

ショーはいよいよクライマックスへと差し掛かる。サウンドの温度感や、ギターのサスティン、語尾の掠れの一つ一つがじんわりと響くようなメッセージソング『15 1/2 フィフティーンハーフ』で歌の世界にまた引き込み、‪ラストは『流れ星』で締め括られた。透き通ったTETSUYAの声が、‬‪広がる星空の情景を描き出し、曲が終わっても惜しみない拍手と歓声がやまなかった。‬

4buJAXJ0kD.jpg


アンコールパートでは‪TETSUYAがサンタ帽を被って登場し、『Fantastic Wonders』を披露。‬彼らしいポジティブなアッパーチューン‬に、‬会場が一体となって盛り上がった。

‪「ちょっとしたプレゼントがあります! 後で新曲のMusic Clipをロビーで流すよ!」‬

なんと終演後‪には、初公開の新曲Music Clipをロビーで流すというサプライズまで。最後までサービス精神溢れる充実の内容に、会場を後にするファンは、外のイルミネーションにも負けないような輝く笑顔だった。


【‪SET LIST‬】
‪1:WHITE OUT memory of a color
‪2:Make a Wish‬
‪3:魔法の言葉‬
‪4:In My HEART
‪5:empty tears‬
‪6:Time goes on  ~泡のように~
‪7:lonely girl‬
‪8:Roulette‬
‪9:15 1/2 フィフティーンハーフ‬
‪10:流れ星‬

‪EN1:Fantastic Wonders‬

TETSUYA 公式ブログ

アプリでフォローする

友だち追加数

(撮影/緒車寿一、取材 文/高崎光)