山本裕典さん、溝端淳平さん、池田エライザさんなどが所属する、エヴァーグリーン・エンタテイメントが事務所イベントを開催!

4月2日(土)、4月3日(日)の2日間にわたり、抱腹絶倒のコメディあり、感動の舞台あり、そして普段なかなか見ることができない出演者全員によるトークやお楽しみ抽選会、出演者とのハイタッチ会など盛りだくさんの内容を予定しています。出演者のみなさんにお話を聞いてきました!

_02A0006


  (後列左から、佐藤汛、栗原類、上遠野太洸、山本裕典、溝端淳平、佐野岳、鈴木勝大、秋元龍太朗、前列左から、岡本夏美、池田エライザ、岡本玲、柳ゆり菜、坂田梨香子、樫本琳花)

――前回のショーでは山本さんが脚本で、溝端さんと岡本玲さんが演出をされましたが、手ごたえはありましたか?

山本裕典さん(以下、山本) 我ながら反応はよかったかなと思っています。僕はエヴァーグリーン・エンタテイメントショーに来てくれるファンの方の好みも、今までの5回を通してわかってきて、僕らがけいこ場で笑えることが、お客さんも笑ってくれるだろうなという実感があるので。けいこ場でも、ショーに出ていないメンバーたちが見て、笑ってくれたりしたので、やる前から手ごたえを感じていて、実際も手ごたえありました。でも、見に来てくれたテレビ局のディレクターの方に「どっちが良かったですか?」って聞いたら、僕のじゃなかったです(笑) でも僕は業界人向けに作ってるんじゃないので!

溝端淳平さん(以下、溝端) いや、一番業界ウケを気にしてるの裕典くんだと思う(笑)

山本 でも僕は2回連続でやりますけど、彼ら(溝端さんと岡本玲さん)はやらないわけですよね。逃げたってことです!

溝端 僕からも言わせてください(笑) 前回演出をやらせていただいて、大変だったんですよ。演出家という立場で現場にいると必要な視野が違って、これはほんとに難しいんだなということがわかったんです。僕は演出というのは圧倒的な才能がないとできないと思う。だから山本さんみたいな圧倒的な才能がある方がやったほうがいいと思って、今回身を引きました(笑)

山本 みなさん、見てください、僕のことを圧倒的な才能を持っているとは思ってませんよ(笑)

溝端 (笑) 前回はものすごく勉強になりましたね。自分のことを演出するのもまだまだおぼつかないのに、人のことを演出するというのはおこがましくて、できないです。圧倒的な才能がないとね(笑)

_02A0052


岡本玲さん(以下、岡本) 女子はお芝居経験がない人が多かったので、今までファンのみなさんにキレイな部分だけを見せている子もいました。でも前回のお芝居では女性の観客のみなさんも知らない女の子たちのキレイだけじゃない魅力をちょっとはお見せできたのかなと思いました。そういう意味での手ごたえがありました。

溝端 出演者はほとんど女性だったので、エヴァーグリーンの女子の気合いを感じて、本番が始まると、自分は出てないからさみしくなるんですよ。お客さんがウケてたりすると、演出家の人がよく感じるという、自分の手から離れて行った、みたいな、感覚が。すごい俺、えらそうだね(笑) そういうのは感じました。

山本 コメントだけは圧倒的な才能があるよね(笑)

溝端 そうなんです(笑) 人にこうしてほしいって言うのに、自分もできてなかったりとか、なかなか伝えることとやることも違うし、モノづくりは難しいなと。

山本 性格もマジ出ますね。岳とか上遠野とかはやってくれよ、って言ったら、けっこうそれに忠実な感じでやるんです。でもこいつ(鈴木さん)は賢いから俺のこと見下してるんですよ(笑) やれっつっても、ちょっと自分を出してくるんです。こいつ(溝端さん)なんか最悪ですよ、最後あきらめてました(笑)

溝端 僕と裕典くんは真逆なんです。サッカー選手と野球選手です。野球選手にサッカーボールでやれって言われてるようなもんで、僕の個性を殺す演出をするんで(笑)

_02A0041


――今年の舞台の内容についても教えていただけますか?

山本 act1は僕が演出をします。前回の続編なんです。「ミラクルエキセントリックロボ」というのの続編で、新たなキャラクターたちが登場する続編を書きます。act2は昔、僕がWaTのおふたりのツアーのときにやったactで、僕も立たせてもらった「スーサイドストア」という自殺志願者たちが集まるツアーのコメディです。

そのキャスティングは後日発表で。act3は戦争ものや核だったり、そういうシビアな題材をやらせてもらっているんですけど、今回もちょっと笑って泣ける感動のactをやりたいなと思っております。

溝端 僕らがいまやりたい、みなさんにも知ってほしいというactを毎回やっているんですけど、それを今回、裕典くんとか僕とか玲ちゃんを中心に、前回は安保とか原発のことだったり、今、逆にやらないだろうというようなこと、今だからこそやるべき。考えるきっかけになってくれるといいなというのを一本やっています。

山本 「オサエロ」という戦争もので特攻隊員の役をやります。演出に携わって下さっている藤森一郎さんのアクアスタジオというスタジオで上演されている名作を今回の舞台用に構成します。

佐藤汛 特攻隊員の話でひとりだけ飛行機の故障で取り残されて、仲間たちはみんな死んで、自分が生きていていいんだろうかと、ずっと葛藤しながら、おじいさんになるまで生きていて、それをある女性が手紙を見せて過去を振り返りながらつづっていくストーリーです。「オサエロ」というタイトルは特攻兵が操縦官をぐーっと押さえながら飛んでいくというところからきている話です。

山本 内容は笑って泣ける話です。

溝端 イベントもファンの方に喜んでいただけるように毎回考えて、今回は告白タイムを用意しています。抽選で当たった方ひとりひとりにいろんなシチュエーションを考えて「付き合って何年」「プロポーズ」とかを女子はお客さんの男子に、男子は女子にやります。前回は筋肉対決をやって「腕立て伏せ対決」とかやったんですけど、見えない方もいて。今回は遠いお客さんも一緒になって楽しめるようにと、みんな独自で考えて、一世一代の告白をします。

山本 ハイタッチや抽選会もありますし、楽しんでもらえると思います。



――ありがとうございました!

_02A0059

山本さん、溝端さんからメッセージもいただきました!

山本 自分が前回に引き続き、脚本・演出するショートコメディをやらせていただけるので、まだ台本を書いていない状況なんですけど、プランは頭の中でいろいろとあるので、台本にして形にしていく作業をするのはこれから大変ですけど、楽しんでそういう作業もやっていけたらと思います。 みんなとこうやって年に1回集まって、ファンの方々のためにこういうショーをやるというのは前回やってから早いペースで今回なので、毎年のお祭りということで定番化してきているので、楽しみにしてくれている方もいると思うので、精一杯みなさんを盛り上げていけたらなと思います。

溝端 僕は出演5回目になりますが、俳優やモデルというのは、なかなかファンの方に直接会って自分たちが考えたことを伝えたりといった場所がないので、このエヴァーグリーン・エンタテイメントショーは応援してくれるファンの方々への感謝と、自分たちの成長と、そこでしかできないものに僕らもチャレンジできる場だと思いました。

今回も裕典くんが脚本・演出する作品があったり、自分たちが考えて、こういうことをやったらファンの方に喜んでもらえるんじゃないかな、という案を出し合って、みなさんの前で共有したいと思っています。ファンの方に喜んでもらえる、自分たちも楽しめるイベントです。年に1回集まって事務所内の結束力が固まるというプラスにしかならないものでもあるので大事にしていきたいし、ぜひ初めて来る方にも見ていただきたいので、ずっとずっと続けていきたいイベントです。よろしくお願いします。

_02A0054

_02A0061

◆4月2日(土)、4月3日(日)開催!

Ever Green Entertainment Show 2016 Vol.5 詳しくはコチラ!

◆4月3日(日)のみ、エヴァーグリーン・エンタテイメントと雑誌『ストリートジャック』が合同開催する『カミコレ!』最終オーディションをショーの中で行います。 即、芸能界入りできるチャンス! 興味のある方は、オーディションにも参加しよう!

『カミコレ!』オーディション 詳細はコチラ

山本さんと溝端さんのかけあいが本当に面白く、出演者のみなさんも仲が良いので、行くだけでパワーをもらえるイベントになりそうです!

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。 イケメンと美女の集団は見ているだけで元気になります♪ それでは、また。

(撮影/杉 映貴子、取材・文/Mikity)