月別アーカイブ / 2015年05月




本日5月24日、KURIOSのカルガリー公演も無事に千秋楽を迎えることができました。


到着直後は 4月にもかかわらず雪が降る などカルガリーの洗礼を受けた気分でしたが、フタを開けてみれば、約2ヶ月の滞在中に雪が降ったのは3,4日程度。

ファーのジャケットやスノーブーツなども用意していましたが、登場の機会は数回程度でした。


気温も夜や朝方は0度を下回ることもあるものの、日中に陽が差してくると20度近くまで上がる事もあり、常に寒いというよりは、寒暖の差にどう対応するかが課題だったように思います。

ショーを行うにあたり気温は身体の動きに直結する要素の一つなので、上着を羽織ったりストレッチを入念に行ったり、試行錯誤しながら過ごした2ヶ月間でした。


そんな毎日を過ごし、カルガリー公演も残り数日とせまったある日、街中を歩いていると、華やかな香りと共に写真の風景に気がつきました。

ちょっと遅れた春が来ていたのだな、と。


ようやく春の訪れたカルガリーに別れを告げなければいけないのは残念な気持ちもありますが、このあたりはツアーショーの定め、といったところでしょうか。

後ろ髪を引かれる思いを押さえつつ、笑顔で旅立ちたいと思います。


Thank you, Calgary!

And see you soon, Denver!



シルク・ドゥ・ソレイユの設立は、1984年。
昨年2014年は、ちょうど設立30周年の年でした。




写真は昨年撮ったモントリオール本部。


そんな記念すべき年を祝うべく、シルクファンのAyakaさんという方が、これまで上演されてきたショーのイラストを描いてくださいました。

昨年の1周年から、実に1年間もの時間をかけて作品を仕上げて下さったそうです。

作品の中には私が出演しているショー『KURIOS』のイラストもあり、描かれているアーティストの中には、なんと私の姿も。






KURIOS以外のショーのイラストも、Ayakaさんのtumblrでご覧いただけます。

>> costumeball


ご覧いただくと一目瞭然ですが、どの作品も本当に丁寧に描かれています。

細部まで書き込まれていることはもちろん、それぞれのショーの雰囲気を反映した色使いや雰囲気、アーティスト達の表情。

シルク・ドゥ・ソレイユに対するAyakaさんの愛や思いが伝わってくる、どれも本当に素敵な作品ばかりです。


そんな思いの込もった素敵な作品に、自分も登場しているという不思議。

元は一ファンの一人であり、憧れを抱きながらも、「出演アーティストの方々は特別な人達で、自分とは違う世界の人。自分には入団は難しいだろうな」と諦めている気持ちさえ抱いている時期もありました。

そんな自分が実際に出演を果たし、ファンの方に描いていただける対象となった事に対し、光栄であると同時に不思議な感情を覚えます。


ただ一つ言えるのは、シルク・ドゥ・ソレイユ出演のみならず、今日の自分に至ることができたのは、応援してくださる皆さんの支えあってこそであった、という事です。


不可能を可能にしたり、前人未踏の領域に挑戦するには強い精神力が必要であり、弱い私は時に心くじけそうになる事もありました。

そうした際に、応援して下さる方がいるという事は大変心強く、「あと少しだけ、もう一度頑張ってみよう」と再起する原動力となり、何度背中を押していただいたか分かりません。


これからも、世界中の多くのファンの皆さんが憧れるシルク・ドゥ・ソレイユの一員として、そしてBLACKという一アーティストとして、皆さんのご期待に添えるよう努力を重ねていきたいと思います。




KURIOSのカルガリー公演も残り2週間と差し迫る中、地元のラジオ番組『CBC news』様に出演させていただきました。


お話しさせていただいた内容は、私の簡単なプロフィールや、ショーの見所、シルク・ドゥ・ソレイユの一員としての出演に懸ける思いなどについて、英語で約10分ほど。

当日は収録時間がかなり早く、寝起きの状態で英語でのインタビューにきちんと受け答えできるか心配だったのですが、地元でも人気の名パーソナリティの方のとても親切な進行のおかげで、問題なく収録を終えることが出来ました。


改めて、学生時代は英語を苦手としていた自分が、「ちょっと大変そうだな」と思う場面であっても問題なく英語でお話しできている現状は、どこか不思議な気持ちです。

『好きこそ物の上手なれ』、英語の習得そのものを目的とするのではなく、好きな事ややりたい仕事のためのツールの一つとして英語に接していると、無理なく楽しく使えるようになるのでしょうね。

(と言ってもまだまだ完璧にはほど遠いので、これからも精進する所存ではありますが!)


>> Cirque du Soleil's yo-yo master shows off

↑このページのトップへ