ついに決まりました!長期ツアーショーへの出演です!

この度、私BLACKは、シルク・ドゥ・ソレイユの最新ショー『Kurios』へ出演させていただく運びとなりました。

>> KURIOS  Cabinet of Curiosities  A must-see to disbelieve!


念願のロングラン公演デビュー





実は、シルク・ドゥ・ソレイユのショーには昨年すでに出演を果たしていました。

>> 2013年9月 シルク・ドゥ・ソレイユのショーに出演しました


ただ、当時の出演は1日限り、しかも関係者の方向けのプライベートイベントであったため、多くの皆さんにご覧いただける形態ではありませんでした。

シルクへの出演そのものは果たしたわけですが、それでもやはり「一般公開の」ショーへの出演を熱望している気持ちが自分の中では強くありました。


一般公開のショーに出演したかった理由





それは、会社員を辞めてプロパフォーマーとして独立した理由に起因しています。


「ヨーヨーで世界チャンピオンになったりはしたが、いつか自分が死んでしまったら、そうした努力の結果は水泡に帰してしまうのではないか」

「それならば、自分が死んだ後も後世に良い影響を残せるような何かを為したい」

「自分は、世界一になっても社会的評価はあまり伴わなかった。他の選手や今後生まれるチャンピオン達の努力が社会的評価に反映される環境を作る事が、自分にできることではないか」

「シルク・ドゥ・ソレイユのような舞台で、それに見合うレベルのヨーヨーパフォーマンスを披露できたら、ヨーヨーパフォーマンスに対する社会からの評価も変わるのではないか」


これが、私がシルク・ドゥ・ソレイユ出演を目指していた理由でした。


それゆえ、昨年のプライベートイベント出演ももちろん嬉しかったのですが、社会的評価を上げるという意味では、より多くの方に観ていただきたい、知っていただきたい、という思いがありました。

その点で、今回出演させていただく『Kurios』は、一般観覧が可能なショーです。まさに自分が出演したいと思っていた場所そのものであり、ついに願いを現実に出来たことを心から嬉しく、また誇りに思っています。


10年前に憧れを抱いたときは、「いつかはそのレベルに達したい」と願いながらも、心のどこかでは「でも、自分なんかが本当にたどり着くのは無理なんだろうな・・・」と思っている部分もありました。

そんな、不可能かと思われた夢を実現することが出来たのは、いつも応援してくださる皆さんのおかげに他なりません。改めて、感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。



どんな形で出演しているの?





僭越ながら、私一人でのソロ演目の枠を用意いただいています。

一部、団体演技に参加している場面もありますが、メインとなるのは個人でのヨーヨー演目になります。


普段行っている和風の演目とは異なり、ショーのテーマ『Cabinet of Curiosities』に合わせた演出、キャラクターでの演技です。

ショー全体に関わる重要な設定と密接な関係を持つキャラクターでもあるため、演技にもそれを反映すべく日々試行錯誤を重ねています。


同ショーの出演者の中で、日本人は私一人。

また、シルク・ドゥ・ソレイユ全体の中でも、ヨーヨーを使ったパフォーマーとして出演しているのは私一人となります。


その責任を果たせるよう、大役を任せていただいた恩に報いることの出来るよう、全力で取り組んでいます。



まずはカナダから、いつかは日本でも・・・?





今回の『Kurios』は、ツアー形態のショーになります。世界各国を回り、各都市で公演を行います。

公演都市は、まずはシルク・ドゥ・ソレイユ本部のお膝元であるカナダのモントリオール。そしてケベックシティ、トロントと回り、以降は米国へ入っていきます。


今のところ日本は公演先の都市として発表されていませんが、来年、再来年など、来日する可能性は十分にあると思います。

いつか日本の皆さんにお見せできるその日まで、しっかりと演技を磨いておく所存です。



公演、実はもう始まっています。そして、まだ私は出演していません。






先月末の4/24(木)に、プレミア公演が幕を開けました。

さすがホームタウンという事もあり、連日満席、大盛況をいただいています。


「カナダへいらっしゃることがあれば、ぜひ観に来て下さい!」

と言いたいところなのですが、実はまだ私は出演していません。


お恥ずかしい話なのですが、到着早々体調を崩してしまい、1週間ほど入院しておりました。



本当に胃に穴って空くんですね



4月中旬にモントリオール入りした、その数日後。

私は、会場で意識を失っていました。


原因は、胃潰瘍に伴う貧血。

胃に穴が空き、胃の中に大量の血が流れ込み、それによって貧血状態が起きていたということでした。


幸い、すぐに地元の病院へ搬送していただき、大事には至りませんでした。

シルク・ドゥ・ソレイユは医療面も含めアーティストに対するケアが徹底されている事で有名なのですが、早くもその恩恵を受ける形になりました。


胃潰瘍になってしまった原因ですが、どうやらストレス性の物であったようです。

おそらくは、自分の中での『シルク・ドゥ・ソレイユ』の存在が思っていた以上に大きく、出演に対する責任を強く感じすぎていたのかな、と思います。


責任感は今後も持ち続けていく所存ではありますが、そのせいで体調を崩してしまっては元も子もありません。

今後は、気持ちの面でも健康を保てる程よいリラックス感と、パフォーマンスを発揮し成長し続けられる適度な緊張感・責任感とのバランスを、改めて探っていきたいと思います。



本デビューは、5月末を予定しています



というわけで、残念ながら現在は長期療養期間中という事で、ショーには出演していません。

すでに胃に空いた穴は縫合済みで、問題なく日常生活を送れる程度には体調も回復しているのですが、体力トレーニングや演技の練習、舞台への出演についてはドクターストップがかかった状態です。

Kurios内の医療チームや、シルクと提携しているドクターと相談しながら、少しずつ身体を慣らし、万全の状態でショーに出演できるようスケジュールを組んでもらっています。


今の所の見込みですと、順調に行けば5月末にはショーにデビューできるかな、という算段となっています。

それまでは、許可されている範囲でのトレーニングに加え、これから年単位で続く海外生活の基盤を改めて整えていこうかなと思っています。


正式な復帰日が決まったら、また改めてご案内させていただきますね。

今後も、シルク・ドゥ・ソレイユ『Kurios』でのBLACKの活躍を応援いただければ幸いです!

>> KURIOS  Cabinet of Curiosities  A must-see to disbelieve!



追記: 日本国内での出演について



しばらくは海外生活が続くため、日本国内におけるパフォーマンス、講演については、お受けできる日にちが限られてくる形になります。


上記の通り今回のKuriosはツアーショーの形態で1~3ヶ月毎に公演都市を移動するため、その際に2週間程度の休演期間があります。

日本には、その休演期間毎に帰国する予定です。もし出演をご希望の日程が帰国期間内であるようならば、ぜひお受けしたいと思っています。


次回の帰国は7月中旬を予定しておりますが、既にスケジュールは埋まっている状況です。

次々回の帰国は、8月下旬を予定しております。


以降の出演可能なスケジュールについては、所属事務所のEmpire Entertainment Japanまでお気軽にお問い合わせください。

>> Contact | ヨーヨー世界チャンピオン BLACK(ブラック) Official Website


なお、各種取材等については、渡航期間中もメール、お電話、ビデオチャット等でお受けすることが出来ます。

こちらも詳細については、所属事務所のEmpire Entertainment Japanまでお気軽にお問い合わせください。

>> Contact | ヨーヨー世界チャンピオン BLACK(ブラック) Official Website