月別アーカイブ / 2005年12月

イベントには出演していないのに、
忘年会にまで顔を出すという謎なことをしてきました。

18日のパーティでお世話になった
QUENAさん、美幸さん達と。

面白そうな話もいろいろと出たので、

実現

"するといいな"

ではなく

"させなきゃな"

じゃないとね。


がんばってこー。


P.S. merciさんへ

この日に、迷子の手袋さんが
無事戻ってまいりました!

ご心配おかけしました!

美幸さん、ありがとうございました!

先に謝っておきます。
ごめんなさい。
傲慢ぶちかまします。

「あぁ、何てつまらない、
何の印象も与えてくれない演技なんだろう。」

そんな演技が非常に多かったです。


フリースタイル = 自由型

という解釈からすると
何をやるのも選手一人一人の自由です。
何が正しいという事もありません。

でも、一個人の感想として、
あまりにつまらなくて。

この人は、何がしたいんだろう?

ヨーヨーを使った3分間の演技を通して、
見る人に何を伝えたいんだろう?

そう思わずにはいられませんでした。


僕が求めすぎなのでしょうか?

もちろん、先程述べた通り
フリースタイル演技を行うにあたって
そのようなメッセージが込められていなければならないという事はありません。

フリースタイルの経験が少ない人は
トリックを並べて3分間の構成を作るだけでも
難しいと思いますし。
ショーではなく大会なので、
勝つことだけ考えたら
仕方ない事なのかもしれません。

それでも、人前で演技を行う以上、
そこに最低限の配慮は
あってもいいのではないでしょうか。

今回出場した選手もそうでない方も、
一度胸に手を当てて考えてもらえればと思います。

ご意見・ご感想お待ちしています。


--追記--

しげぞー先生からコメントをいただいたので
ちょっと追記です。

今回は、デモという形でフリースタイルを披露させていただきました。

言い方は悪いですが、

"みなさんのフリースタイルを見たから"

やらずにはいられない気持ちになったので、急遽。


テーマは

"LIVE"

でした。

LIVEなので生で感じてほしいということもあり、
オフィシャルビデオの公開は辞退させていただきました。

見てくれた方に、
少しでも僕の言いたいことが伝わっていたら
うれしいです。

↑このページのトップへ