今日は4月4日、ヨーヨーの日ですね。

「ヨーヨーの日」は実は2種類あって、今日4月4日以外に、6月6日もヨーヨーの日だったりします。


オリジナルのヨーヨーの日は6月6日の方で、ヨーヨーを世界的に有名にした立役者であるアメリカのドナルド・F・ダンカンの誕生日であることが由来。

一方、日本でよくヨーヨーの日として扱われる4月4日は、約20年前のハイパーヨーヨーブームの際、販売元であるバンダイ社の関連団体が制定したものです。

ざっくり言うと、世界的には6月6日、日本では4月4日がヨーヨーの日、といった感じです。


さて、そんなヨーヨーの日に書く記事なので、私が最近ヨーヨーの特性として再認識した「メディテーション」としての効能について書こうと思います。



ヨーヨーは元来、玩具です。

私の場合、それが今では仕事になり、「家で遊ぶ玩具」ではなくなってしまいました。

ショーに際ではステージでプレイしますし、練習も家ではなく練習スタジオで行っています。


ところが最近、再び家でヨーヨーをプレイする機会が増えてきました。

それは何のためかと言うと、「気分転換」です。


ショーの構成を考えたり、講演の資料を作ったりするデスクワークは主に自宅で行っているのですが、ずっと机にかじりついていると考えが煮詰まってしまう事ってありますよね。

そうした際の気分転換に、軽くヨーヨーで遊ぶ、という機会が最近は増えてきました。

「ヨーヨーの仕事から気分転換するためにヨーヨーで遊ぶ」と言うと意味が分からない気もしますが。


私の場合、スタジオで行うのは技の反復練習やショー構成の振付確認が主で、それらは「ショーを意識したちゃんとした練習」という認識なんです。

それに対し、自宅でなんとなく遊ぶのは「慣れた技のリズム感やスムースさによる快感を楽しむ」とでも言いますか。

基本的に何も考えていなくて、手が覚えている動き、気持ちいい動きを繰り返しているだけ。

たまにミスから「お?」という動きを発見すると、それを追求して新しい技ができたりもします。その際も、頭はその動きを見つけることにだけ集中していて、それまで煮詰まっていたデスクワークの事は完全に脳から追い出されます。


昨今、思考の整理や心のリズムを取り戻すといった目的でヨガや瞑想が注目されているかと思いますが、ヨーヨーにも似たような効能があったのかもしれないな、と改めて気づきました。

仕事の行き詰まりや日々の思い悩みから脳を解き放ち、心を無の状態へリセットしてくれる。そんな行為でもあるのかもしれないな、と。


一般的には子供が遊ぶ玩具と考えられがちなヨーヨーですが、実は現代社会に疲れた大人にこそ、心をリセットする道具として向いているのかもしれません。







↓↓ LINE@もやっています。友だちになってもらえたら嬉しいです! ↓↓

btn_lineat.png


拙著「『好き』をつらぬこう」増刷記念のプレゼント企画、多数のご応募をいただき誠にありがとうございます。

プレゼント企画内容・応募方法はこちら
http://lineblog.me/officeblack/archives/257399.html



ヨーヨーをはじめとしたスキルトイは、「できなかった技ができるようになる」というプロセスを遊び感覚で経験できるので、勉強や仕事など様々な分野において「頑張ればできるようになるかも。やってみようかな?」というチャレンジ精神が育まれる側面があると感じています。

もちろん、共通の趣味を持つ友人ができるのも素晴らしい事ですよね!



ヨーヨーとドラムのミックスパフォーマンス、面白そうですね。

個人的には、自然と「家族」を挙げている点にグっときました。



宣伝いただきありがとうございます笑。

自分の好きな音楽に合わせてプレイするだけでも楽しいですが、それが自分で作曲したものだったら気持ちよさもひとしおでしょうね!



熱いツイートですね。

私も学生時代の英語の成績は芳しくなかったので「将来海外で働こうなんて考えなかった」という部分にはとても共感します。

「失敗するかもしれないけど、とりあえずちょっとだけやってみようかな」と一歩を踏み出すと意外とできる事って、実は多かったりしますよね。

可能性を信じる姿勢、素敵です!



プレゼント企画へのご応募は、2017年3月末日締め切りとなっています(あと3日です!)。

twitterもしくはInstagramにて簡単にご応募いただけますので、ぜひご参加ください。

プレゼント企画の詳細・応募方法はこちら
http://lineblog.me/officeblack/archives/257399.html


皆さんのご応募を心よりお待ちしています!





↓↓ LINE@もやっています。友だちになってもらえたら嬉しいです! ↓↓

btn_lineat.png

example_1.jpg


「社内講演」って言葉からは、セミナー講師の方が技術講義やマナー講習をされる様子を想像していました。

新卒入社した企業では、ビジネスマナーとかC言語とか習ったりしたなぁ。



そんな私ですが、今をときめくIT企業 Supership株式会社様にて社内講演をさせていただきました。内容はビジネスマナーでもなくC言語でもなく、「チャレンジの見つけ方」について。

>> Supership株式会社



Supership様では、行動指針として以下の5つのバリューを挙げられています。


SUPER SIMPLE

物事を難しくしているのは自分自身。シンプルに考えれば、シンプルな答えにたどり着ける。シンプルに伝達すれば、相手の理解を高めることができる。

SUPER FOCUS

最も重要なことは何か、まず取り組むべきことは何か。見極めることから始めよう。悩んだときは、ユーザーの利便性を第一に考えれば、やるべきことは自ずと見えてくる。あとはやるべきことに集中してやりきることで、大きな成果につながる。

SUPER CHALLENGE

限界を自分で決めていないか。つねに自分の最高に挑んでいるか。自分の能力の枠を広げることが挑戦であり 、それが大きな価値を生む。

SUPER HONESTY

自分自身に誠実であろう。まわりに対しても誠実であろう。思いやる心にチームは感化され、良い仕事を成し遂げることになる。

SUPER ジブンゴト化

ユーザーの問題を自分の問題として捉え、最高責任者としての気概を持って、やり遂げよう。当事者意識が、問題解決の大きな力となる。


今回は、これら5つのうち「SUPER CHALLANGE」についての社内イベントである「Experts Keynote」の講師としてお招きいただきました。


こうした社内の行動指針を掲げるのは素晴らしい事だと思うのですが、ともすれば「日々の仕事に忙殺されて、一度は掲げたものの実際には形骸化してしまって、あまり意味が無かった」というケースも少なくないのではないでしょうか。

その点でSupership様では、これらのバリューを体現した働き方が出来ているかどうかを評価制度にも組み込まれているそうです(しかも50%もの割合!)。

わざわざ講師料を払って外部から私のようなスピーカーを招いているという点も含め、けっして外向けのアピールではない、社内文化としての実現に本気で取り組まれていることが強く伝わってきます。



講演にて私がお話しさせていただいた内容は、一言で言うと「チャレンジの見つけ方」です。


一般に「チャレンジ」と言うと、「困難をどのように乗り越えたか」という”課題解決”の部分が注目されがちかと思うのですが、私としてはそれ以前に「何に立ち向かうのか」という”課題設定”の部分の方が重要なのではないか、と考えています。

「今日取り組む難題はこれです!さぁ、がんばってね!」と課題を与えられたのだとしたら「それをどう解決するか」を考えればいいわけですが、社会に出ると、そうやって取り組むべき課題を誰かが明示してくれることって、あまり無いと思うんです。少なくとも、私の場合はそうでした。(と言うかそういう上司とかもいない)

となると、「そもそも何に取り組むべきか」という課題設定から考えなければいけなかったんですね。


この講演では、この課題設定の部分、「チャレンジの見つけ方」について、私なりの方法論をお話しさせていただきました。

そしてもちろん、見つけたチャレンジをどうクリアしていくのか、についても。



「見つけ方」と「クリアの仕方」について、前編・後編に分かれています。

ぜひご覧ください!

【Experts Keynote】ヨーヨー世界チャンピオンのBLACKさんから学ぶ「チャレンジの見つけ方」前編

【Experts Keynote】ヨーヨー世界チャンピオンのBLACKさんから学ぶ「チャレンジの見つけ方」後編





↓↓ LINE@もやっています。友だちになってもらえたら嬉しいです! ↓↓

btn_lineat.png

↑このページのトップへ