最近、立て続けに複数の方々から「シルク・ドゥ・ソレイユに出演してた時、体のケアってどうしてたんですか?」と聞かれる機会がありました。

確かに、毎日こんなことになっていたので


23993881720_a6b37e3379_o.png
※BLACK本人です。

本当に真っ二つになってしまわないよう、体のメンテナンスには気を配っていました。


回答としては、

・週に1回、ピラティスの個人レッスン(約30分)
・週に1回、プロのセラピストの方によるマッサージ(約30分)
・毎日、自分でストレッチ(最低1時間)

の3つが主となります。

ピラティスはインナーマッスルを鍛える筋トレなので、「ケア」という意味ですと、マッサージとセルフストレッチですね。


ストレッチの具体的な内容としては、「バレエストレッチ」と「ジャグリングストレッチ」を組み合わせた独自のメニューを組んでいました。

「決定版!ヨーヨーパフォーマー向けストレッチメニュー!」みたいなものがあれば良かったのですが、あいにくそうしたメニューは知らなかったので、自分なりに向いていそうなものを組み合わせた形です。


バレエストレッチは、以前に渋谷のChacottで初級者向けレッスンを受けていた際に教わった基礎的な内容で、一般的な教本などに載っている内容とほぼ同じだと思います。

「バレエ ストレッチ」などと検索すると、いくつか例が出てきますね。


ジャグリングストレッチは、先輩パフォーマーのまろさんという方にステージパフォーマンスの基礎を習った際に教わりました。

正確には、「ダンス・新体操表現を含むジャグリングパフォーマンス向けストレッチ」といったところでしょうか。

YouTubeでも分かりやすくリストにまとめられているので大変オススメです。



>> JuugEnterprise Stretch Tutorial Youtube list



そしてこれらのストレッチ以外に、道具を使ったストレッチ、筋肉の弛緩も行っています。


32133537323_69113d761a_z.png
ストレッチポール

これはかなり定番品になりつつあるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。
Perfumeの のっちさんも使われていると以前TVでおっしゃっていました。

使い方は単純で、これの上に寝そべってごろごろ転がるだけ。
身体に対し平行にするか垂直にするかで、ほぐし方を変えられます。

>> ストレッチポール公式サイト|StretchPole(R)


32948362905_ec594c4d0c_z.png
そしてもう一つ。Thera Cane。

こちらはあまり馴染みがないかもしれませんね。
私もシルクで初めて見ました。

用途としては、分かりやすく言うと「指圧器」です。
下記リンク先の男性がやっているように、肩の凝りなどをほぐすのに使います。

>> Thera Cane


初めは「なんか原始的だし見た目もダサいし、本当に効くの?」などと疑っていたのですが、すみません。私が間違っていました。

一言で言うと「テコの原理」がめちゃくちゃ効くんですよね。軽い力でしっかりとトリガーポイントを押すことが出来ます。

また、首や肩周辺を押すにあたり無理な体勢を取らずに済むので、「Thera Caneで押さえつつ体勢は自然にして、そのまま首だけ動かす」といった使い方が出来るので、普段は上手く押せない隠れた筋肉も押しやすいのがありがたいです。


両アイテムとも今は自宅にも常備して、ちょっと体が固まっているかなと思ったらすぐ使うようにしています。

凝りがひどいときはスポーツマッサージにも通っているのですが、こうした道具で「思い立った時に自宅ですぐほぐせる」という安心感はとても大きいです。


ストレッチポールとThera Cane、オススメです!






ヨーヨー配信番組Yo-Yo TV第5回、ご覧下さった皆さん、ありがとうございました。

今回は三居 弘典 氏をお迎えしての放送でした。



昨今、一般の方がヨーヨーの情報に触れる機会と言うと、YouTubeやSNSでシェアされるスーパープレイがほとんどかと思います。


今回ゲストに迎えた三居氏は、2002年の世界大会を最後に技術系の競技からは引退されていて、そうしたスーパープレイ動画にはあまり登場しない方です。



しかしながらヨーヨーにかける情熱は凄まじいものがあり、私が知る限り最も人生をヨーヨーに捧げてきた人です。


三居氏がいなければ、現代のヨーヨーシーンは存在しえなかったと言っていいでしょう。


空手着を着てハワイへ殴り込み、新部門の創設、ヨーヨー留学やヨーヨー武者修行など、冗談のような単語が飛び交う対談となりました。

けっこう編集でカットしたのですが、それでも1.5時間の長編となってしまったので(苦笑)、お時間のある時にご覧いただければ幸いです!

↑このページのトップへ