先週の『エゴサーチTV』のゲストは、ひろゆきサン。
話が二転三転し、最終的に、ひろゆきサンは"相手をイラつかせる顔芸のスペシャリスト"という結果になった。
本当に面白い人だった。
途中、「AbemaTVって、やっていることがテレビとバッティングしているけど、テレビとバッティングしたら勝ち目なくね?」という話題なり、これについては、『エゴサーチTV』のオファーをいただいた時に、オンラインサロンのメンバーと散々議論したことであって、個人的にとても興味がある案件だったので、「テレビとバッティングしているって、どういうことですか?」と、あらためて真意を訊いてみた。

AbemaTVがやっていることは、
AEONが根付いている町に、新たにショッピングモールを作るようなイメージで、決して否定なんかではなくて、「どうやっていくんだろうな?」という興味があるので、『エゴサーチTV』のお話を受けることにした。

ちなみに、SHOWROOMは、AEONがある町にスナック街を作っているイメージで、
商品を売っているAEONと、
待ち合わせ場所を売っているスナックとで、
似て非なるものであるから、なるほど理解ができる。
あとはスナック街がどこまで拡大するのかに興味がある。

とにもかくにも、AbemaTVとSHOWROOMの向こう1~2年は、現場で見届けたいし、現場で応援したい。どうなるのかな?

"プラットフォーム"という意味では、自分が今作っている『しるし書店』がそうだ。
クラウドファンディングの期間を長くしすぎて、若干、間延びしている。
クラウドファンディングは1週間ぐらいで良かったな。次から気をつけようっと。

言うは易し。
アイデアや、結果論には何の価値もない。
「俺も同じことを考えてたんだよー」という奴なんて100万人以上いるので、考えていただけでは何の価値もない。
カウントされるのは『行動』のみだ。

たくさん間違って、たくさんズッこけて、
好き勝手に言われて、
それでも立ち止まらずに軌道修正を繰り返す。
地道な作業のようだが、その都度都度で第三者の議論が発生し、他人の時間を頂戴しているので、結果的にコスパがいい。

そういえば、『エゴサーチTV』を始める時もスタッフさん達に「吊し上げる番組にするのはやめましょう。今の時代、ツッコミ側にまわるよりもボケ側にまわった方がコスパがいいので、とにかくボケましょう」と、ここでも「コスパ」という言葉を使ったなぁ。
どうやら「コスパ」が好きらしい。

テレビでワイドショーを見る時も、「いかに、ここにいる人(MCやコメンテーターさん)達に、僕のことを話させるか?」しか考えていない。とにかく効率の悪いことが苦手で、なにより宙規模のナルシストだ。

『行動』は最大のボケだ。
時折、あまりにも的外れな批評が飛んでくると(しかも、それが先輩からだと)、その批評がいかに浅はかであるかを1から100まで語って、徹底的にねじ伏せようとする僕がいるんだけれど、次の瞬間、相手に時間を使ってしまった自分を殺したくなる。
まだまだだなぁ。

昨夜、7時間ほど、ブッ通しで打ち合わせがかった。
ずっと自分達に時間を使っていたので、心地良かった。




公式LINEをやっています。
『キングコング西野』で検索&フォローしてください。
Screenshot_20170517-091815.png