タイトルを『クレヨンしんちゃん』みたいにしてやりました。特に意味はありません。

絵本『えんとつ町のプペル』が「第3回沖縄本屋大賞」に選ばれました。
IMG_20170321_162834_352.jpg
沖縄の書店員さんが"今、一番読んで欲しい本"として推してくださったのです。
本当にありがとうございます。

世間的にはNONSTYLE井上君の次ぐらいに嫌われている僕を、沖縄は優しく受け入れてくれたのです。
なんと寛大な土地でしょう。
当然、梶原なんぞは見捨てて沖縄に移住することが決まり、なんでも受け入れてくれる沖縄に甘えて、記者会見で気を良くする私。

聞けば、去年の受賞者が同じ事務所の又吉君で、しかも『えんとつ町のプペル展in沖縄』開催中のこのタイミングでの受賞ということなので、会見の冒頭の挨拶で「吉本興業との癒着を感じずにはいられません」とボケたら、賞を返上したいぐらいゲロスベリして、鼻血を出して死にました。
20170322_075219.jpg
芸人が絶対にやっちゃいけない顔をやっちゃってます。
20170322_075246.jpg
スベって死ぬ直前というのは、こんな顔になるんですね。
釘が打てるぐらい、顔面がカチコチに固まっています。

かくして僕は地獄にメンソーレしてしまったわけですが、昔からウチの母ちゃんが表彰状が大好きなので、死ぬ前に親孝行ができて良かったです。
『えんとつ町のプペル』を選んでくださった書店員の皆さま、そして『えんとつ町のプペル』を手にとってくださった全ての皆さま、本当にありがとうございました。

絵本『えんとつ町のプペル』は、また増刷(17刷目)がかかり、発行部数は27万5000部となりました。 
目標の100万部までは、まだまだですが、引き続き頑張りたいと思います。

沖縄では26日まで『えんとつ町のプペル展』が開催されています(入場無料)。
この機会に、是非お越しくださいな。

以上、キングコング西野からのお知らせでした。



絵本『えんとつ町のプペル』のサイン本(自宅から配送します!)をお求めの方は→コチラ
1490070922608.jpg