現在の支援総額はこんな感じ。
20170321_074559.png
この数字だけを見て、「1週間で500万円ってことは、あと72日もあるから、とんでもないことに…」と計算する方もおられるのだけれど、まぁ、そうはいかない。
ご用意しているリターンは、ほぼ完売したので、ここから数字が急激に伸びることはない。

僕は別にそれで構わないと思っていて、
というのも、クラウドファンディングで大切なのは《支援総》ではなくて《支援者数》で、つまり今回だと「何人の人が『しるし書店』を本腰を入れて面白がっているか?」という部分。
この数字が、『しるし書店』というサービスをスタートさせてからの力となる。
今だと854人だ。

支援額はさておき、この支援者(共犯者)数は増やしたいと思っていて、お時間ある時にでもサイトを覗いていただけると嬉しいッス。
今のところ御支援いただけるリターンは以下のとおり。
20170321_080014.png
20170321_080108.png
20170321_080132.png
20170321_080227.png
20170321_080334.png
一番人気のリターンは、『支援』で、リターンとは名ばかりで、これといった見返りがないヤツ。
つまり、企画の面白さを買ってくださっているわけだ。これは本当に嬉しいし、それだけに半端なことはできない。背筋がシャンとする。

BOOK・OFFにも売ることができず、いずれ処分される運命にある"しるし本"は、世間一般のニーズはなくても、誰かにとっては宝物だ。
IMG_8482.jpg
綺麗な本ではなく、東大生の"しるし本"を欲しい人がいる。
綺麗な本ではなく、子育てママの"しるし本"を欲しい人がいる。
その"しるし"には価値がある。
世間的には"汚れ"と判断される、その"しるし"にこそ価値がある。
dacb0251.jpg
「この本は売れない」と「その本を買いたい」を繋ぎたいなぁと思いました。
しるし書店』、引き続き応援のほど宜しくお願い致します。
FB_IMG_1489723020197.jpg

今日の夜は沖縄の『えんとつ町のプペル展』の会場でトークショー。
『しるし書店』の話も少しできるといいな。
沖縄の皆さま、後程です。
img_5ed7429b11574c6ed64eab5ffc6dbe7957999.jpg

『しるし書店』の御支援はコチラから。








絵本『えんとつ町のプペル』のサイン本(配送します!)をお求めの方はコチラ
20170313_134443.jpg