絵本『えんとつ町のプペル』の話。

当初、出版社からは「初版は1万部」と言われていて、その数字は大変な判断ミスだと思ったけれど、「もっと売れますよ。これは機会損失です」と叫んだところで説得力がないので、自分で1万冊を購入して、発売日までに1万冊を手売りで予約販売することを約束したら、初版が3万部になり、よいスタートが切れた。
IMG_20161230_080940_372.jpg
(※写真は領収証の一部)
僕は一旦、2000万円以上を支払うことになるが、1万冊程度なら確実に売り切れる自信があったので(実際に1万冊は発売日までに売れた)、僕にとってみれば、博打でも何でもなかった。

 
そのことをブログで書いたら、アンチ西野を名乗る方々から「西野は本屋の仕事を奪っている!」という批判コメントがたくさん届いて、毎日何を食べていたら、ここまでバカに仕上がるのかを考えた。

初版1万部だったところが、僕個人で1万冊を買い取ることで3万部になったのだから、本屋さんが販売する冊数は、その時点で1万冊増えている。
『1-0』を、『1-1』にしたわけではなくて、『3-1』にしたのだ。

僕は友人が本屋さんを経営しているので、本を出す時は、当然、本屋さんのことを考える。
本屋さんを助ける為に、僕ら作り手ができることは、ただ一つ、ヒット作を生むことだ。
イ(部数)を拡大させることだ。

エンタメは可処分時間(自分の意思で自由に使える時間)の陣取り合戦。
ファミレスや、カラオケ、ライブや、美術館…星の数ほどあるこれらの選択肢の中から、まずは『本』に目を向けさせることが大切だ。

そして、ここを押さえておかなければいけないのが、本に限らず、『売れているモノが売れる』ということ。

まずは、力業であろうが何であろうが、《売れているモノ》にしなければならない。
たった1万冊手売りするだけで、《売れているモノ》になるのであれば、いくらでもやる。
その方が、友達の本屋さんが潤うから。

絵本『えんとつ町のプペル』は現在23万部。
この作品は何としてでも100万部を売る。
1481410750553.jpg
1481410754777.jpg
その数字に見合うだけの作品だし、個人的には電子書籍よりも紙の本が好きだし、
なにより、友達が本屋さんをやっているので。
友達が上手くいった方がいい。

絶対に100万部を売り切るので、見届けてくださいな。

あと、アンチ西野の皆様は、今年もその調子で宜しくお願い致します。
明けましておめでとうございます。

 



絵本『えんとつ町のプペル』のサイン本(配送します)のお求めは→コチラ


1481410730143.jpg