月別アーカイブ / 2016年08月

最近、髪をオールバックにしております。
image


まあまあイケていると思っておりまして、自分的には伊勢谷友介さんのつもりで、日々、過ごしているのですが、
image

(とっても素敵な伊勢谷さん)

友人やスタッフからは『ムーディー勝山』と言われてしまいます。
image


悔しいですが、たしかに似てる。
image

image


そんな中、『ハミダシター』のスタッフから

「西野君とムーディー勝山、似てるから合成してみた」

と写真が届き、その写真があまりにも清水アキラすぎるので、紹介させていただきます。

これだ。








image
















絵本『えんとつ町のプペル』のサイン本のご予約はコチラから→サイン本
image







ビジネス書『魔法のコンパス ~道なき道の歩き方~』の売り上げが絶好調のようで、発売三日後に重版が決定し、重版した分の入荷を待たずして、またもや重版(3刷目)が決定しました。
ありがとうございます。
image

(※画像「このナルシスト、何言うとんねん」の瞬間)


次回の入荷は9月2日だとか、3日だとかで、今現在、Amazonや楽天、そしてほぼ、どこの本屋さんにも在庫がない状態なのですが、大阪のスタンダードブックストアさんのサイトには在庫がまだあるそうなので、お求めの方はコチラから
image



さて。

先日、『魔法のコンパス ~道なき道の歩き方~』のプロモーションで『めざましテレビ』に出させていただいたのですが、そこでのインタビュアーさんとのやりとり、そしてその後のマネージャーのジャッジが強烈だったので、今日は、そちらを紹介させていただきます。






イ=インタビュアーさん
西野=キングコング西野
image



イ「西野さんって、肩書きをコロコロ変えるじゃないですか? なんで、そんなことをするんですか?」

西「はい。えっとですね…」

イ「迷走してるんですかぁ?」

西「…いや、あの~大前提として、大前提としてですね」

イ「なんで『大前提として』を二回言ったんですかぁ?」

西「…あ、すみません。あの、大前提として、全ての職業には寿命があって、これから、ものすごいスピードでいろんな職業が無くなっていくと思うんです。その時に備えて、『肩書きをコロコロ変えることは悪いことじゃないよ』という空気を作っておかないとマズイと思うんです」

イ「気をてらって、目立とうとしてますぅ?」

西「…いや、ですから、目立とうとかそういうのではなくてですね、今みたく『なんで肩書きを変えるの?迷走してるの?』という空気のまま、肩書きごと無くなってしまう未来を迎えてしまうと、身動きがとれなくなるので、『肩書きをコロコロ変える』という選択肢も用意しておこうと」

イ「炎上商法ですかぁ?」

西「…あの、いや、炎上商法とかそういうのではなくて…」

イ「ちょっと何言っているか分からないので、話題を変えますね」

西「…あ、はい」

イ「西野さんって、何がしたいんですかぁ?」

西「あー。僕は楽しいことがしたいです。それが漫才かもしれないし、コントかもしれないし、絵本を届けることかもしれないし、町を作ることかもしれないし、その時々で…」

イ「なんで、ひな壇に出ないんですかぁ?お笑いを辞めちゃったんですかぁ?」

西「いや、ですので…ひな壇に出たい方はひな壇に出ればいいと思いますし、僕はひな壇で上手に立ち振舞う才能もありませんので、自分が楽しんでやれる場所でやろう、と」

イ「なんで、芸人なのに、絵本を描くんですかぁ?」

西「あの…その…ですので、『芸人は◯◯をして、△△はやってはいけない』と決めるのではなく、○○をやりたい人は○○をやればいいし、△△をやりたい人は△△をやればいいと思うんです。みんな、自分の人生なので」

イ「へー、ちょっと何言ってるか分からないですけど…」

image





この他にも、こんなやりとりが延々30分続いた取材の帰り道、マネージャーの岸ちゃんに、

「俺、そんなに難解なこと言ってるかな?」

と訊いてみたところ、ものすごい一言が返ってきました。





「キチンと一から話されているので、理解できないことはないと思いますよ。ただ、西野さん、圧倒的に嫌われているから『西野の言うことなんて理解したくない』とは思うでしょうね」



死んだ。



image






そんな悲劇の西野が今、前掛けを作っております。

image


お求めの方はコチラ

















昨日、『SNSのブロックに過剰反応するブスどもへ』という記事を書きましたところ、大変な反響でして…
その記事をお読みになった女性の方から、私のFacebookの方に、

「私は何も攻撃的なコメントをしていないのに、ブロックされました。ヒドイ!」

という旨のコメントをいただきました。
私の伝え方に不備があったのでしょう。大変失礼しました。
上手く伝わっていないようなので、もう少しだけ、丁寧にお話させていただきます。





オマエ、本当にっ、バカだな!

何を食べたらそこまでバカになれるんだ? 
今度、オマエが毎朝食べている偏差値激減パンの売り場を教えてくれよ。


いいか?糞ブスかたつむり!

オマエのコメントが攻撃的であったか、どうかを判断するのは、オマエじゃない。
俺だ!

なぜなら、俺のSNSだからだ。
俺の家のルールは俺だし、
俺の店のルールは俺だし、
俺のSNSのルールは、俺なんだよ。

オマエがいくら正しいと思っていても、俺にとってそれが不快なものであれば、俺はブロックするんだよ。

俺のSNSはパブリックスペース…おっと、悪い。
バカなオマエに横文字を使ってしまった。
つまり、俺のSNSは学校や公園のような公共空間じゃなくて、俺の場所であり、
何があってもオマエとフラットに喋る為に存在している場所じゃねーんだよ!

なんで俺の場所で、俺とオマエが対等だと思ってんだよ。

俺の空間のジャッジは俺が決める。
公共空間のジャッジは世論や法律が決める。
それを混同させてんじゃねーよ、タコ壺まみれ!



ただ言っとくけど、公共空間でもオマエの

「私は悪いことをしていないのに!」

などという貧乏くせぇ言い分は、ほとんどの場合、通用しねーからな!


被災地に千羽鶴を送って、
被災地の方が「今、千羽鶴を送られても困るんです」と声をあげたら、

「私たちはあなた方のことを想ってやっているのに、その気持ちを踏みにじるんですか?」

とギャースカ言ってたバカがいたろ?

オマエはあのバカ連中と一緒だよ!


ありがたいか、どうか?
攻撃的であったか、どうか?

それら全てを判断するのは発信側じゃねーんだよ!

受けとる側なんだよ!




「私は、あなたの為を思ってやっているのに」

知らねーよ、ブス!
オマエと焼き肉に行って、オマエの為に焼き肉奉行になって、お腹いっぱいになって欲しいから、3秒に一枚のペースで肉を焼いてやろうか!!?

image


おお?

オマエ、当然、全部食べるんだろうな?





なんで、こんな単純なことが理解できねーんだよ!
そりゃ、そんなウズラの卵サイズの脳ミソのオマエから、毎日のように、「そういうことじゃないんだよなぁ」というコメントが届いたらブロックするよ!!

タイムラインを流すのが面倒だからな!
有益なコメントだけを効率よく見たいから、オマエをブロックするんだよ。
これも俺の場所での、俺のルールだ。

いいかけん、目を覚ませや!!!










というようなことを、友達の村本くんがそろそろ言いそうな気がするので、「そんなヒドイことを言っちゃダメだよ。お客さんあってのボク達じゃないか」と今度会ったときに言おうと思っています。
image


村本くんはこんなヒドイことを言いますが、でも悪い奴じゃなくて、ときどき、言い過ぎちゃうみたいです。
ボクから謝っておきます。
ごめんなさい。

そんな友達の為に頭を下げられる心優しいボクが描いた絵本『えんとつ町のプペル』が間もなく完成します。
image


サイン本の御予約も承っております。
サイン本→コチラ

是非、買ってニャン。
ニャンニャンニャ~ン(=^ェ^=)
ボク、猫とか子供とか大好きニャ~ン(ФωФ)






















↑このページのトップへ