発売から3か月目に『えんとつ町のプペル』をWeb上で無料公開し(本屋さんでは2000円で売ってるヨ)、誰でもスマホで見れるようにしたところ、
「市場崩壊だー!」
「『金の奴隷』とか言って、真面目に働く人をバカにしてるー!
「炎上商法だー!」
「クリエイターをナメているー!」
「そんなことをしたら、クリエイターが買い叩かれるだろっ!」
と散々っぱら叱られる始末。

そして、そういう抗議の声とはまた別で、
口にしたくないような罵詈雑言や、
正面突破の嫌がらせもあります。

とくに、
とある声優さんが僕の絵本の無料公開に対して、批判の声を上げておられたので、反論したところ、「名指しで反論するなんてゲスだ!」「謝罪しろ!」「吊し上げするなんて糞だ!」だの、ついには、本物の人間の糞の写真を送りつけてこられる始末。
これに関しては、「プロが公の場で批判したのだから、反論されても仕方ないよね」と僕は考えているので、完全に無視。
10万人以上のフォロワーがいるプロの声優さんからの批判で、僕とウチのスタッフの生活には少なからず影響が出ているので、こちらからの反論ぐらいはご容赦・ご覚悟くださいな。

とまぁ、ごらんのとおり炎上しとるわけですが、しかしながら、こちとら週4ペースで炎上しとりまして、デビューから数えて、かれこれ17年ほど燃え続けている信頼と実績の炎上芸人なので、今回も通常運転。

そんなことより、Webで無料公開したことによって、多くの方に届き、多くの方が本屋さんに足を運んでくださったことが僕は嬉しいです。


そして、昨日、『えんとつ町のプペル』はまたまた重版が決定し、これで25万部を突破しました。

本当に皆様のおかげです。

これを受けて、人数が人数なので(参加イラストレーターは33人)、本当に僅かではありますが(でも、できるかぎり頑張って交渉したのよ!)、『えんとつ町のプペル』の制作スタッフさん全員に『臨時ボーナス』という形で、プラスお給料をお渡しできることとなりました。
(※制作会社のスタッフさん達には、僕から個々でお渡しできないので、まとめて制作会社にお渡しすることになりました。)


こんな仕事をしているもんで、僕には絵描きの友達もたくさんいて、昨今問題になっている『絵描きの買い叩き問題』は対岸の火事ではございません。

当然、良い状況とは思っていないけれど、
しかし、
インターネットによって国境なんて無くなり、日本人の絵描きと、アメリカ人の絵描きと、中国人の絵描きと、タイ人の絵描き、さらにはコンピューターが、横並びで競争している時代なので、キチンと戦略を練って、「自分は何に時間を割くべきなのか?」と自答していかないと、飲み込まれてしまいます。

「市場が崩壊するだろー!」と叫ぶことが問題解決に向かっているとは僕は思わないので、
なので、僕は朝から晩まで自分のエンタメに時間を費やして、僕のやり方で戦って(強要はしませんよ)、1円でも多くお給料がお支払できるよう努め、手が届く範囲のスタッフとスタッフの家族を守ろうと思っています。

「そんなことしちゃダメだ!皆、仲良く!」という人達とは、分かり合えないかもしれません。
ここは、学校や会社と違って、99.9%が脱落するチョット激しめの競争社会なので。



何度も申し上げますが、絵本『えんとつ町のプペル』は超分業制です。

僕が描いた下書きがコチラ↓
IMG_1318.jpg
(※西野のInstagramより)

この下描きを受けて、いろんなスタッフさんと議論を重ね、いろんなスタッフの手が入ったことにより、こうなりました↓
964de9ef-c06f-49ea-8f5d-bfb7108ec856.jpg

僕は色を塗ることができないので、これは僕一人では絶対に描くことができません。


こちらは、僕が描いた下描き(右)と、チームで描いた完成画(左)です。
20170124_082653.jpg

あの、青色のホワホワしたエネルギーみたいなのは、スタッフさんからの提案。

〔スタッフ〕
「心臓の回りに、青色のホワホワしたエネルギーを足しませんか?」

〔西野〕
「超いいっすね!やっちゃいましょう!
 
…と、こんな感じ。
実際に絵を描くだけじゃなくて、アイデアなんかもいただきました。
僕はまぁ、真ん中で偉そうに、ふんぞり返っていただけです。

僕より絵の上手い絵描きさんは、日本中にゴマンといます。
『えんとつ町のプペル』の制作スタッフの中では、僕が一番ヘタクソです。

そのくせ、僕の作品のように語られてしまう時があるし、僕の作品のように語らなければならない時があります。
『えんとつ町のプペル』の広告として表に出る時は、『えんとつ町のプペル』が一人でも多くの人に届くように努めなければならないので、スタッフ全員の名前を発表するスペースがありません。

「申し訳ないなぁ」と思うので、その分、作品をしっかりと世に届けて、スタッフの生活の後押しを、できるかぎりやろうと思います。


『えんとつ町のプペル』は25万部突破。
皆様のおかげです。
本当にいつもありがとうございます。




絵本『えんとつ町のプペル』を買って読みたい方はコチラ↓


2017-01-23_20.48.46.jpg














インターネットによって時間や距離を飛び越えられるようになり、Google先生や、YouTubeや、TwitterやFacebook、エトセトラ…といった『お金』から解放してあげることで、広く世間に知れ渡り、逆に『お金』を回せるようになっているサービスがポコポコと出ていて、僕も当然のようにその恩恵を受けて暮らしているのに、
僕は僕が提供する、もしかすると今の時代なら無料化できる(すべき)イベントや品全てに『金』を絡めてしまっていて、そして、そのことに疑いを持っていない自分に危うさを見て、『お金の奴隷解放宣言』と銘打ち、『えんとつ町のプペル』をWeb上で無料公開。
小学生のチビッ子に「これで、Web上なら無料で見れるよ」と言ってみたところ、
クリエイターを名乗る方々から、
「そんなことをすると市場が崩壊する!」
「クリエイターにお金が回らなくなる!」
「お金を貰うことが悪なのか!お金を貰って働いている人を侮辱しているのか!」
と散々っぱら怒られる。

「お金を貰って働いている人を侮辱」も何も、僕や僕の周りにいるスタッフが今、抱えているほとんどの仕事は"お金を貰って働いている"ので、侮辱するハズもなく、「この部分(今回でいうとWeb上の無料公開)はもう『お金』から解放できるし、してあげた方が、皆が幸せになるんじゃね?」という提案をして、ブログを最後まで読んでいただければ、お金の奴隷というのは僕自身のことを指しているのは理解していただけたと思うのだけれど、まぁ、このご時世、文章は切り取られるし、そもそも、ブログ全文を読む義務なんてお客さんにはないから、「お金を貰うことが悪なのか!お金を貰って働いている人を侮辱しているのか!」と受けとる人もいるよなぁ。誤解を生む表現をしちゃってごめんなさい。

ただ、それとは別で、
「『子供の為に』なんて綺麗事だ!」
「経済のことを何も考えていない!」
「焼畑だ!そんなことをすると後には何も残らない!」
「自分のことばかり考えて、市場のことを何も考えていない!」
という批判の声も後を絶たなかったので、

「ならば、綺麗事は一切抜きで、お金の話一本勝負で、市場的にこの方がメリットがあるということを理屈と"結果"で説明しますね」

と、『絵本とフリーミアム』という記事を書いたところ、今度は、

「子供の為じゃねーのかよ!」

とイタチごっこ。


とりあえず、自分としては建前(綺麗事)も本音(お金=市場貢献)も回収しているつもりなんだけれど、もう、このイタチごっこは止まらない。


これに対して、
「そんなヤツらに時間を使うことないよ」
「無視して、自分のことに時間を使いな!」
と言ってくださる方が本当にたくさんいて、
本当にありがたく、
皆、本当に優しいなぁと思うのだけれど、
黒西野は、そのアドバイスは受け入れません。
そのことについて、昨日、お友達の村本君がTwitterで言及しておりました。
20170123_094154.png
「金をどんどん入れてる」というゲス汚い表現は、もう少しオブラートに包んで欲しかったのですが、しかし真理。

「是非のイタチごっこ」こそが最大の無料広告で、近年だと、『アイスバケツチャレンジ』がその代表格。

僕にはやりたいことがいくつかあって、「ウォルト・ディズニーを倒す」といった諸々の目標の実現もそうなんだけれど、
これは、とても綺麗事で、とても上から目線な表現になってしまうんだけれど、「スタッフと、その家族を食わせたい」というのがあります。

予算の折り合いがつかず、どうしたって『気持ちばかりの友達価格』で仕事をお願いすることがあって、その時、そのスタッフの子供の顔が浮かんできて、いつも申し訳なくなる。
だからキチンと払える時はキチンと払いたいし、なるべくなら1円でも多く払いたい。

なので、『えんとつ町のプペル』は「100万部売る」と決めた。
Web上で無料でたくさんの人にも届けるけれど、紙の絵本としてキチンと100万部を売る。
その数字に近づけば近づくほど、次にスタッフに支払える給料が増えるから。
あと、リアルに言うと、今、自分がやっているライブや個展の美術費に回したり、自分の次の作品制作に投資できるから。
これが僕の正義です。

こういうことを言うと、その前段階で「お金から解放してあげられる部分は解放する」と説明していても、『【えんとつ町のプペル】をたくさん売って、スタッフにお金を回す』という部分だけを切り取って、「お金の奴隷解放宣言じゃねーのかよ!」と、またイタチごっこが始まるんだけれど、先程も申し上げましたとおり『えんとつ町のプペル』絡みのイタチごっこは、黒西野にとってはプラスでしかないのでオールオッケー。

そのうち、「脱・お金の奴隷解放宣言!」とか言い出して、「っざけんな西野!お金の奴隷解放宣言しろや!」と世間の皆様から怒られるシナリオもいいと思っています。
まぁ、芸人に常識なんて求めんでください。

とりあえず『えんとつ町のプペル』を発表した僕が、僕の為にやらなければいけないことは、Amazonの検索人数を増やすこと、
本屋さんに足を運ぶ人を増やすこと、
数多あるエンタメの中で、『書籍』を選ぶ人を
増やすこと。
少なくとも、個人では、この2~3日は出版業界に一番貢献したと思います。
気持ちとかそういう不透明な部分ではなくて、数字で。

面白いモノを作ります。
あと、ウォルト・ディズニーを倒します。




『えんとつ町のプペル』を全ページ無料で読みたい方はコチラ↓


received_10211958690504629.jpeg









『【「お金出さないと買えない」は悪じゃなくて正常】
わたし小学生みたいな脳しかないから実際はもっと色々複雑だと思うけど、出来る限り単純化して書いてみた。Nさんが個人で無料で誰かに何かをあげたところで市場は潰れないと思うけど、その考え方って誰も得してないよね(得した気になった錯覚だけ 』
IMG_20170122_054543.jpg※コメントと画像は『しぃたま@育児絵描き系母さん』のツイートより。
しぃたま@育児絵描き系母(@pota141113)さん | Twitter
https://twitter.com/pota141113


…というツイートが回ってきまして、また、多くの方がこの考えに賛同していると聞いて、
どう説明すれば分かり合えるのか、
また、何が原因でこんなにこじれているのか(いや、ほとんどは僕のキャラクターが原因なんだけど)、少し考えてみました。


まず、このイラストが大きく間違っているのは、僕は「別の場所で稼いでいるから、お金いっぱいあるんだー」と言って、絵本を無料で配布などしていないという点。
20170122_061045.jpg

何度も申し上げますが、絵本『えんとつ町のプペル』は今日も2000円で売られているのです。
子供が『えんとつ町のプペル』を買おうと思ったら、頑張ってお小遣いを貯めなきゃ買えないんです。

『金持ちNさん』たる僕が「お金はもう要らないよ」と言ったのは、紙の絵本という物質ではなくて、データの部分。
事情があって買えない人でも『えんとつ町のプペル』が読めるように"Web上のみ"無料したわけです。


つまり、本屋さんの立ち読みをWeb上でできるようにしたわけです。

その上で、
「お金を出して買いたい人は、本屋さんで本を買って、無料で読みたい人はWeb上で無料で読んでね
と、「お金を払う・払わない」の選択権をお客さんに委ねたわけです。

これに対して、「お金が回らなくなる!」「クリエイターが食いっぱくれる!」と叫ぶ方が大勢いらっしゃるので、「お金を持ってないチビッ子でも読めるようにする」という(皆さんが言う)綺麗事は一切抜きにして、今から、おもくそビジネス(お金)のお話をしますね。
…ていうか、最初からビジネスの話だけをしていたら、もう少しご理解いただけのかもしれませんね。ごめんなさい。


今回の件はビジネス用語でいうところの『フリーミアム』という戦略。

フリーミアム(Freemium)とは、基本的なサービスや製品は無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能については料金を課金する仕組みのビジネスモデルである。」
(by ウィキペディア先生)

本の場合だと、Web上で受けとることができる『データとしての絵本』と、本屋で売られている『物質としての絵本』の価値は、実は、イコールではありません。

ぜなら絵本は『読み聞かせ』という、親と子のコミュニケーションツールとしても機能しているから。
スマホで無料で見ることができるけど、読み聞かせをするとなると、紙の絵本の方が…
というのが、Webには無く、超アナログな紙の絵本が持っている『高度な機能』なわけです。
Webで無料公開とされているのに、本屋さんで2000円で売られている紙の絵本の付加価値は
『物質である』という部分。
絵本『えんとつ町のプペル』は、ここに料金が発生しているわけです。

して、「紙の絵本を買いたい」となってもらうには、まずは、とにもかくにも知ってもらわねばなりません。
なのでWeb上で無料にしました。
その方が買ってもらえるから。
その方が『お金が回るから』。

僕は今、36歳なのですが、デビュー当時から応援してくれているファンの方が、子を持つ親になっているんですね。

僕は毎年、数千枚のライブチケットを手売りしていたり、ライブをしたり、オフ会をしたり、個展をしたり、一緒に汗を流して町を作ったりしていて、おそらく(…いや間違いなく!)日本で一番、ファンの方と直に触れ合っていると思うのですが、
そこで、お母さんになった子達の悩みを聞くと、お母さんはとにかく頑張っていて、朝から晩まで本当に忙しくて、自由に使えるお金も、自由に使える時間も、本当に無いんです。

絵本は安くありません。
なので、『絵本を買う』となると、絶対にハズすわけにはいかないので、まずは本屋さんで(若干、店主の目を気にしながら)最後まで立ち読みすることが少なくありません。

ただ、当たりの本に出会うまで、何冊も何冊も、何日も何日も本屋さんに通う時間もありません。

これが、結果的にどうなるかというと、「子供の頃に読んだ絵本を買う」という決断に至ります。
絵本業界は、もう何十年もそのループを繰り返しています。
おかげで今でも本屋さんの絵本コーナーでは、もう何十年も昔に出版された作品(『ぐりとぐら』や『はらぺこあおむし』)が今でも平気で平積みされています。
昔の作品が素晴らしいのはもちろんですが、仕組み上、新陳代謝が起こりにくいのです。
仕組み上、若手の絵本作家さんが、なかなか入っていきにくいのです。
クリエイターが食いっぱくれ続けているのです。

これを突破するには、Web上で無料公開し、時間の余裕のないお母さんに"自宅で立ち読み"してもらい、まずは「買うか・買わないか?」のステージまでもっていかないといけません。

絵本とフリーミアム戦略は、とても相性が良いと僕は考えます。
というか、もはや、その方法でしか、この絵本業界に何十年も続いているループを抜け出せないと考えています。

『フリーミアム』はインターネットが生んだ概念で、インターネットが登場する前は存在しませんでした。
この絵にはインターネットがゴッソリ抜けているのです。
IMG_20170122_054543.jpg
IMG_20170122_054558.jpg

これに対して、堀江貴文さんがTwitterで「アホだな」とバッサリとお斬りになられていたのですが、たしかに、この絵だけを見るとアホだと思ったのですが、ただ、このイラストを描かれた方の他のツイートを見ていると、たしかに今の時代の流れをご存知ない点は多々見られたのですが(『評価経済』という言葉を知らないのは驚いた。)、アホというより、職人気質な方だと感じました。
なにより、誠実な方だと感じました。

それを思ったのが、この方がリツイートされていた、こちらのツイート。↓

『キンコン西野の「自分の本をお金のない人にも見てもらいたいから無料にして払いたい人だけ払う」ってのは別にいいんですよ。西野の問題だし。ただ、「金の奴隷解放宣言」と謳って創作という「労働」を無償にするべきだとも捉えられてしまうことを主張したのが大問題と言っているんですよ(原文ママ)』

このツイートに対して、また別の方から、こういうコメントがありました。↓

『これの何処に「労働」を無償にするべきだとも捉えられるような要素が有るのか。
自分もお金が無ければ回らない仕事は数多く有るが、無償で公開しても問題が無いと判断した作品をできる範囲で公開するというだけで、この人は創作という労働を全て無性にしろとは言っていない。(原文ママ)』


もちろん、僕の言い分は、後に紹介させていただいたツイートの方ですが、前のツイートのように捉える方が今回は本当に多かった。

ずっと、これに対して「なんでなんだろうなぁ」と思っていて、つい先程、スッキリしました。
つまり、僕が『お金の奴隷解放宣言』というブログで書いた、この文章(原文ママ)が原因ですね。
・・・・・・・・・・
20170122_075620.png
・・・・・・・・・・
これが、
「西野は『労働は無償にすべき!』と言っている!!
とか、
「クリエイターにお金が回らなくなる!」
という意見が大量に発生する原因となっていたわけですね。

なるほど。
「お金が無い人には見せませーんってナンダ?糞ダセー」の後にある、こちらの文章(原因ママ)が切り取られていたわけですね。
・・・・・・・・・
20170122_060032.png
・・・・・・・・・
あのイラストを描かれた方も、先程のツイート
を書かれた方(1人目の方ね)も、ネットニュースか何かで切り取られたモノを真に受けて、"正義感"から行動を起こされたのだと思います。

部分的に無料化した方がお金が回る場合があります。
部分的に無料化した方がクリエイターが救われる場合があります。
少なくとも今回の『えんとつ町のプペル』はWeb上のみで無料公開したことによって、Amazonや楽天で1位になり、本屋さんでもたくさん買っていただけました。
お金は回りましたし、次回はスタッフさんにお支払いする給料を増やすことが決定しました。

フリーミアム戦略をとるかとらないかは、個々の自由です。
ただ、僕がやらなかったとしても、アメリカや中国(漠然としたイメージで言ってます)といった海外の連中がオラオラやってくるでしょう。

もう、本当に、
「市場が崩壊するー!ルールを壊すなー!」
とか言っている場合じゃなくて、
その時に備えて、作品の強度を上げることに集中して、あと、本当にもう少しだけ、インターネット登場前後で、スマホ登場前後で、お金の価値や流れが若干変化したことを、問屋さんだけでなく、クリエイターさんも学ばれた方がいいと思います。
ここを学ぶことを放棄すると、クリエイターさんはどんどん苦しくなり、どんどん生活が困窮していきます。

あなたの為を思って言っているのではなくて、あなたの人生がジリ貧になると、
日本がジリ貧になると、
僕にとっては損失だから、自分の為に言っています。
絵描きのライバルは絵描きではなくて、可処分時間を取り合っている全てのエンタメだから。
僕の場合だと、まずは絵本業界が盛り上がった方が効率が良いし、まずは日本が盛り上がった方が効率が良い。
なので
「こういう時代になってきたよ」
「そのやり方もあるけど、こういうやり方もあるんだよ」
と、これからも何度も言い続けると思います。

「子供に届けるため」といった綺麗事を抜きで、今回は完全にビジネス目線から書いてみました。
伝わったかなぁ。


『えんとつ町のプペル』を無料で読みたい方はコチラ↓

『えんとつ町のプペル』を買いたい方はコチラ↓



 

received_10211958690504629.jpeg


























↑このページのトップへ