image

新刊『超現代語訳戦国時代』がヒットしているブロードキャスト房野さんから戦国時代の話を教しえてもらうライブが11月21日に決定しました。

会場は私の個展『えんとつ町のプペル展』がおこなわれているギャラリーの地下2階イベントスペースでございます。
image

イベントに参加希望の方は→コチラ




さて、ブロードキャスト房野さんが語る戦国時代とは、一体どんなものなのでしょうか?


新刊『超現代語訳戦国時代』の中から、『真田三代』について書かれた文章を抜粋して、ご紹介したいと思います。

これが分かりやすいのなんのって。


コチラ



・・・・・・・・・

【華麗なる一族が放つ若草物語】


味方だけでなく、敵からも絶賛された真田一族って何者よ!?




「真田日本一の兵(つわもの)
いにしへよりの物語にもこれなき由(よし)」

(真田は日本一の武将だ。古くから伝わる物語にもこれだけのやつはいない)

今回は、今大河ドラマでも取り上げられている、真田一族(俗に「真田三代」と言われたりしますね)についてです。

戦国時代の中でも、こんなに知略(頭をふんだんに使って計画することって感じ)に優れて、こんなに勇気ある一族はいないんじゃないかってくらい、優秀な人達です。


その才能は、織田、豊臣、徳川、武田、上杉という、戦国時代のスーパースターたちにも認められ、そして恐れられました。

冒頭に書いた「真田日本一の兵…」というのは、真田信繁(幸村って名前で知ってる人もいるかもですね)のことを語った言葉です。
image

信繁が最期の戦いで見せた勇姿を、当時の人がこう言ったのだそうです。

その見事すぎる戦いっぷりに、味方だけでなく、敵からも絶賛された武将でした。
「真田日本一の兵」は、彼へ向けられた賞賛の声の中の一つです。

このたった一回の戦いがあまりにも鮮烈で、現代にまで語り継がれる真田信繁という男。興味をそそられませんか?
真田の血がどう紡がれていったのか、そのルーツを紐解いてみましょう(カッコつけてルーツ紐解くとか言いましたが、そんなに詳しく書かないんで、ルーツ紐解けないと思います)。

まず、真田さんとこの、ざっくりしたプロフィールはこんなかんじ。
「真田三代」
というのは、一般的には、真田幸綱(おじいちゃん)――真田昌幸(お父さん)――真田信繁(息子)、のことを言います。
ちなみに真田家が使用した家紋。旗印(旗に描く目印だよ)は、「六文銭(ろくもんせん)」でした。

image

当時の小銭を並べた感じ。

死んだ後に渡る、三途の川って聞いたことあります? 
六文銭はそこを渡るのに必要なお金の数です。
これを掲げるってことは、「戦う時、死ぬ事さえ恐れない」っていう意気込みがあるってこと。とか言われてます。カッコいいー。

さて、真田家は
「国衆(くにしゅう)」
という立場でした。国人とか、国人領主とか、豪族とか、いろんな呼び方があります。

ちなみに大名(だいみょう)っていうのは、自分の力だけで、その地域の政治や経営をしてる人のことです。
ホントに独立してるから、その地域のことを「国」って呼んでる感じかな。
甲斐国(かいのくに)とか、尾張国(おわりのくに)とかいいますよね。
国衆っていうのは、「さすがにちょっと独立はキツイかなー…」っていうくらいのレベルの村の代表者で、大名に「守ってよ!私を守ってよ!」って感じの人たち。

大名の下についているけど、その村の経営は独自でやらせてもらいますみたいな。

大名が「戦うぞー! 兵を出せー!」ってなったら、「わっかりましたー!」って国衆は従います。

規模で言うと、
  大名→県知事
  国衆→市長、町長、村長

形で言うと、
  大名→学校一のお金持ちお嬢様
  国衆→それに従うプチ金持ちお嬢様

てな具合。
全部が当てはまる訳じゃないけどね。


戦国時代は、力あるものがどんどん上に昇りつめる世の中でした(まさにこの世は世紀末)。
国衆でも、だんだん力持っちゃって大名になるパターンもいっぱいありました(徳川家康さんや毛利元就さんがそうです)。

真田という姓を名乗り出したのは、信繁のおじいちゃん、真田幸綱(幸隆って名前もあるよ)の頃でした。
海野(うんの)という武将が、真田郷(さなだごう。長野県の村)をゲットして、
「オレ! 今日から真田! この村の名前とって真田! 真田幸綱!」
image

って宣言したところから、真田さんのスタートらしいです(この辺の名前の流れ、ひじょーにややこしいんで、はしょりまーす)。


幸綱さんが真田と名乗ったこの頃、海野棟綱(うんのむねつな)って人の下についていました。

海野さんは、幸綱さんのお父さんとも、おじいちゃんとも言われてる人です(資料少なすぎてよくわからないんだって)。
そこは切り離して考えて、とにかく上司と部下の関係だったといっていいでしょう。

じゃ、国衆の幸綱さんが従うから、海野さんは大名?
いいえ、そうではないんです。
海野さんも国衆の一人でした。
(普通の女子高生が、自分よりちょっとだけお金を持ってる女子高生に従ってて、出来れば、どこかのお金持ちの令嬢に出会いたい状態。なんだこれ。変なの!)

そんな、国衆たちが肩を寄せ合って(たかどうかは知りませんが)、仲良く平和に暮らす(わけないですが)、村に、悪の大魔王がやってきます。
しかもセオリー無視して、3つ同時に。

まず武田信虎(武田信玄のパパ。大名)、
さらに村上義清(超強ぇー国衆)、
でもって諏訪頼重(超強ぇー)、その連合軍。


幸綱たち「僕たちの村は…僕たちの村は! 自分たちの手で守ってみせる!! 魔王の好きにはさせない!! 来てみろ!! お前たちのような卑劣なやつに、僕たちは決して負けない!!!」


負けます。

image


そりゃやっぱり負けます。大名クラスが3ついっぺんに攻めて来たんですから。
そして、幸綱と、海野棟綱(父ちゃんかじいちゃん)と、矢沢頼綱(幸綱の弟)は、別々の道を辿ります。

幸綱「僕たちは生き残るために、別々の主を見つけよう。でもいつか、また必ずこの地に集おう!(多分こんな事は言ってません) 10年後の8月また出会えるのを信じて!(さらに絶対言ってません)」

ここで、3人はバラバラに。
そこで幸綱は、長野業正という武将を頼ります。



自分たちの土地を追い出されて、しばらく経ったある日のこと…



知らせを持ってきた人
「幸綱さん! 大変です!」

幸綱
「どうした、知らせをを持ってきた人」

知らせを持ってきた人
「武田信虎が、息子の武田信玄(この時は晴信って名前ですけど、めんどくせーから信玄って書きますね)に、甲斐国(今の山梨県)を追い出されました!」

幸綱
「何!? それは本当か、知らせを持ってきた人!!」

知らせを持ってきた人
「はい! ですから甲斐国は武田信玄が大名ということに!」

幸綱
「これはとんでもない知らせだ…知らせを持ってきた人、知らせを持ってきてくれてありがとう!」


…甲斐国でクーデターが起きたのでした。息子が父親を追い出すという。
(今川という大名のところに自分の娘を嫁がせている信虎は、娘の様子を見に行ったまま、そこで身柄を拘束されたんです。これは全部信玄が仕組んだことでした。
戦争ばかりして、領民(自分とこの民)のことを考えない親父に対して「こいつダメだ」って考えた信玄の結論だったんだね)


幸綱
「信虎は敵だったけど、信玄になったってことは、もう敵じゃないよな……」


この後、幸綱は武田信玄に仕えることになります。
(信玄の部下になるタイミングが、文献によってバラバラ。理由もバラバラ。誰かに推薦されてとか、自分から進んでとか、信玄から声をかけてとか。もうバラバラ。とにかく仕える。)

幸綱は信玄の元で、いっぱい働きます。

その中でもデカい働きは、対、村上義清戦のときでした(武田と村上は、信虎のときは連合軍だったけど、信玄の代になったらケンカしてるんだよね)。

知ってる人も多いと思いますが、武田信玄は戦国大名の中でも最強とされた武将です。
本人も超優秀なら、家臣も超優秀集団。

後に、あの織田信長が「こいつとは出来ることならケンカしたくねーな…」って感じで、信玄に貢物送ってるくらいです。
(その後、信玄の娘と、信長の息子が結婚するくらい仲良くなってるんだよ。ま、仲良いのは、ある時期までですが…)

その信玄が、村上義清に負けてるんですよ。
しかも2回も。
しかもボッコボッコに。(1回目は重要な家臣を、2回目はとんでもない兵士の数を失ってます)
image


2回目の戦いは砥石城(といしじょう)ってとこで負けてるので「砥石崩れ」っていう名前の戦いです。

それを、真田幸綱はたった1日で攻略してしまうんです。
そのやり方は…よく分かってません。
文献にも、「砥石の城真田乗っとり」としか書いてません。(一番知りたいとこなのに!なんでよ!)ただ、おそらく少人数で、謀略(人をおとしいれる計画)によって。

謎が多すぎるけど、スゴすぎる幸綱。

村上義清が支配していた一部が、幸綱に与えられます。
ここで幸綱は、晴れて真田郷を取り戻すのです。

幸綱
「しゃーーーーー!!!!!!!」


村上義清は、幸綱に敗れたことをキッカケに、どんどん力を失っていきます。
で、ある人物を頼ります。

長尾景虎。
後の
上杉謙信
です。
image


武田信玄 VS 上杉謙信(有名なライバル)は、けっこう村上義清さんキッカケみたいなとこあります。

その後も、有名な川中島の戦いとか、様々な戦で活躍をみせる真田幸綱。
武田家の中でも、昔からいた家臣と同等の扱いを受けるようになっていきます。

真田一族の礎(いしずえ)を築いたのはおじいちゃん、真田幸綱だったのです。

その意思は、息子、真田昌幸へと受け継がれていきます。
しかし、昌幸が真田家の頭領(トップ)になるいきさつは、自然の流れではありませんでした。
そこには悲しいからくりが……

(つづく)

・・・・・・・・

image

【Amazon】
『超現代語訳戦国時代』
















全国各地の学校で授業中のスマホの使用が禁止されているそうで、「スマホで遊んで、授業を聞かなくなるから」という先生方の前向きな言い分はものすごく分かるのですが、その先生方に対して私は少しだけ思うことがあるので、(デリケートな問題)慎重に言葉を選んでお話したいと思います。



前から思ってたけど、オマエらホントバカだな!!


何を食べたら、そこまでバカになれるんだよ!?


どのビタミンをとったら、そこまで低脳に仕上がるのか教えてくれよ、先生!!


おお!!?


「スマホがあったら、生徒が授業を聞かなくなる」
だぁ?


スマホが無い時代から、面白くない授業は聞いてなかったよ!!

ノートに落書きしてたよ!

教科書にパラパラ漫画を書いてたよ!!

消しゴムのカスを飛ばして、遊んでたよ!!

手紙を回してたよ!!
image


お前も、学生時代振り返ってみろや!!
心当たりあるだろーがっ!


先生全員に言ってるわけじゃねーぞ!
中には素晴らしい先生もいらっしゃるからな!!
ここでの標的は、『授業中にスマホの使用を禁止するバカな先生』…オマエに言ってんだよ!


生徒が話を聞かない理由はスマホじゃねーよ!
テメエの能力不足なんだよ!!
すべては「授業が面白いか、面白くないか」だ!!


それとも何か!?

「学校は先生の言うことを聞く場所だ」とか、寝ボケたことを言うつもりか?
残念脳ミソちゃんよぉ!

いつまで軍隊教育やってんだ、バカ!

オマエらはバカだから、もしかしたら知らないのかもしれないけれど、今は、2016年なんだよ。

わかる? 2016年って。

今、口に出して言ってみな。

「にせん…じゅう…ろくねん」

はい、よく言えました!
やれんじゃん!!
image



オマエらが知らない2016年という未来の話になったから、ついでに言うとな、
2016年の学生はな、スマホというのが『生活インフラ』なんだよ!

オマエらの時代でいうところの、
ノートであったり、
シャーペンであったり、
ボールペンであったり、
カラーマーカーであったり、
消しゴムであったり、
辞書であったり、
時計が、スマホなの。


わかる?


オマエらの時代と、生活インフラが変わったの。


オマエらがやっていることはな、

「パラパラ漫画を描いたりするから、授業中のノートとペンは禁止。これからは、筆と半紙を使いなさい」

と言ってるようなものだ。


困るだろ?


ボールペンで書いた方が早いのに、
いちいちスズリで墨を擦って、
筆にチョンチョンつけて、
先生が黒板に書いたことを、半紙に書かなきゃいけねーとなると!
image


筆で半紙に書いたところで、学校が終われば、使っているのはノートとペンだから、なんなら、半紙に書いた内容を、帰宅後に、ノートに写しかえなきゃいけない。

スゲーことさせるね、オマエらは!
image


授業内容を筆を使って半紙に書いて、
半紙に書いたことをノートに…おかげで、まるで勉強に集中できないよ。


で、オマエらはいいよねぇー。


テメェの能力不足を棚に上げて、
時代のせいにして、
子供たちから『勉強効率』を取り上げて、
それでも飯が食えるんだもんねぇー。

いい仕事見つけたねぇー(*^^*)


ラクだろ?

子供が苦しんでようが、おかまいなし。
システムに従ってさえすれば生活できるんだもんね。
image




あと、オマエらはたぶん知らないから、一つだけ教えておいてやるけど、今、『Google』とか『Yahoo!』というのがあってね、文字を打って検索すると、何でも出てくるんだよ。

つまり、オマエらは毎日せっせと脳ミソに情報を詰め込んでいるけれど、GoogleさんやYahoo!さんが僕らの脳ミソの数億兆万倍の情報を保管しておいてくれているから、情報を脳ミソに詰め込むことに昔ほど価値がなくなったの。

物知りの東大生よりも、
検索上手なギャルの方が、情報量では上回ってんの。

まぁ、ここまで言ってもバカだから、この意見を耳に入れずに、反発して、5年後も10年後もその場にいるんだろーな、オマエラは!
バカだから!!




…ということを、昨夜、友達の村本君が言っていました。

image


僕は耳を疑いました。
たしかに授業中のスマホの使用を禁止する先生や学校は救いようのバカですが、バカなりに一生懸命やっているわけですし、「私達だって頑張ってるんです!」というバカもいるハズです。

どうせ村本君は、そういう先生に対しても、
「オマエらが頑張ってるかどうかなんて、知らねーよ。金とってんだったら、プロだったら、結果で示せや!」とヒドイことを言うのでしょう。

そんなことを言ったところで、この時代に授業中にスマホの使用を禁止してしまうような脳ミソを搭載してしまっている(二行以上の文章を聞くと混乱して確実にゲロを吐く)バカに、村本くんの正論が理解できるハズがありません。

本当にヒドイと思います。

この時代にスマホの使用を禁止する低脳学校や低脳先生の皆様。
この度は村本くんが失礼なことを言ってしまって大変申し訳ございませんでした。

ちなみに、「申し訳ございません」というのは、皆さんにも分かりやすく言うと、「ごめんなさい」という意味の日本語です。


僕は超低脳な先生方の味方です。

そんな僕が絵本を描きました。
image

image

image


『えんとつ町のプペル』という絵本です。
色もたくさんありますし、皆様に分かりやすいように平仮名もたくさん入ってます。
難しい漢字には、上に小さく平仮名も入れています。
image

image


海外の方向けに、日本語文章の下には英訳もいれているのですが、英語を見ると混乱してゲロを吐かれると思うので、この部分は切り取ってください。

絵本『えんとつ町のプペル』を宜しくお願い致します。
image

【Amazon】
『えんとつ町のプペル』












4年半の歳月をかけ完成させた絵本『えんとつ町のプペル』を片手に、「反撃させていただきますよ」と宣言してから2週間が経ちました。

image


絵本『えんとつ町のプペル』は発売1ヶ月半前に(予約だけで)Amazon絵本売り上げランキング1位を獲得。
先月出版したビジネス書『魔法のコンパス ~道なき道の歩き方~』は10万部を突破。

んでもって、反撃宣言と同時にスタートさせたクラウドファンディング「キングコング西野の個展『えんとつ町のプペル展』を入場無料で開催したい」の今の状況は、こう。

image

(キングコング西野の個展『えんとつ町のプペル展』を入場無料で開催したい)

支援総額は目標金額の1019%となる
【1835万0287円】
支援者数は
【3639人】
となりました。


この支援者数は国内のクラウドファンディングの歴代4位の記録らしく、そうなってくると気になるのは「歴代1位は何人なんだ?」

調べてみると、国内のクラウドファンディングの支援者数第1位は【5188人】と途方もない数字。

トップはもちろん、ランキング上位は企業発信の企画が占めているのですが、こちとら「ウォルト・ディズニーを倒す」とか寝ボケたことを本気で言っとりますもんで、もちろん個人で企業に勝ちに行きますし、当然『クラウドファンディング歴代1位』の称号は頂きに行くしかありません。
image



…とは言うものの、

歴代1位を頂くには、ここから1500人以上の方に支援してもらわなければならないのですが、その種となる『リターン(お礼の品)』は、もう、ある程度出し尽くしましたし(売り切れた)、イベント系(トークライブなど)も出し尽くして、売り切れてしまいました。


困りましたね。

使える『追い風』は全部使ってしまったのです。


…となると、あとは『向かい風』を使って前に進むしかありません。


ベストセラーとなったビジネス書『魔法のコンパス ~道なき道の歩き方~』の中で、僕は、「すべての物事を【ヨット】のように捉えろ」と説きました。
image


ヨットは追い風で前に進みますし、
向かい風でも、帆の傾け具合で前に進みます。

一番やっかいなのは『無風状態』で、
こうなってくると前に進む力がないもんですから、手漕ぎでエッサホイサしなくてはなりません。
これは本当に大変です。

追い風であろうと、向かい風であろうと、
どの方向からであれ、そこに風が吹いていれば全て追い風で、向かい風を消す行為は追い風を利用しないのと等しい、とてもバカげた行為なのに、
僕らはバカで、感情を優先して、人生においての向かい風(嫌なこと)を消そう消そうとします。


この『ヨット理論』を実際の現場で分かりやすく表現したのが『渋谷ハロウィンのゴミ問題』
image

image

一昨年、一晩で100万人を集めたハロウィンの翌朝の渋谷の街はヒドイ有り様で、テレビをつければ有識者の皆様による
「ゴミを出すな!」
「大人が何をしてるんだ!」
「ハロウィンなんてやめてしまえ!」
の大合唱。

「大量のゴミが出る」というのは、ご多分に漏れず『向かい風』ですから、皆様、とにかくこれを消そうとします。潰そうとします。

せっかく『向かい風』という名の追い風が吹いているのにです。


「大量のゴミが出る…これは使わない手はない」
と西野さんは考えます。
image



そして、

「ハロウィンの夜に『ゴミを出すな』と言うのではなく、ハロウィンの翌朝に『ゴミがないと盛り上がらないイベント』を作っちゃおう」

と提案。

「仮装したオバケ達が出したゴミ…つまりオバケのカスを退治するのは、アイツらしかいないだろう」と、ボランティアスタッフ総勢600名で、ハロウィンの翌朝に、こう。
image

image

朝6時に渋谷ハチ公前に集合して、大規模なオバケ退治が行われたのです。

これには渋谷区も全面協力。
区長もキッチリと恥ずかしい格好をしています(最高!)。
image


ついには、本家の『ゴーストバスターズ』も。
image

音楽やロゴを自由に使わせてもらえたのです。
ありがたや。

集めたゴミで巨大なアート作品(「いつか枯れますように」と願いを込めた)『ゴミの木』を作ることで、目的が『ゴミ拾い』から、『アートの材料集め』に変わり、皆、ゴミを奪い合ったのでした。
image

image

(当日の様子はコチラ)


「向かい風を消すのではなく、使う」というのは、つまり、こういうこと。


しかし、ここで黙っちゃいないのが2ちゃんねらーの皆様。
『西野の企画を潰そう』というスレッドが立ち上がり、なんと、ボランティアスタッフが集合する朝6時の、さらに2~3時間前に渋谷ハチ公前に集合し、西野の企画を邪魔する為に渋谷のゴミを拾ったのです。

2ちゃんねらーの皆さんがハチ公前のゴミを拾ってくださったので、我々は「ごっつぁんです」とばかりに、他の場所へ向かうことができて、作業時間もかなり短縮することができました。

後日、『キンコン西野の企画で渋谷が綺麗に』というニュースが流れると、「俺たちの手柄を横取りしやがった!」とブチ切れる2ちゃんねらーの皆様。
平和なアニメの悪者みたいで素敵です。
image




さて、ずいぶんと長くなってしまいました。


もうお忘れかもしれませんが、この記事の本題は、

「クラウドファンディングの支援者数を増やす為のリターンが何かないかしら?」

です。


ムフフ…



あったのです。

またもや、2ちゃんねらーの皆様が力を貸してくださったのです。



先日、鳥取で一般の方が僕のトークショーを企画してくださいました。
僕のあとにミュージシャンの方の出番が控えていて、照明やら何やらがミュージシャン対応になっていたので、会場の雰囲気は、こう。
image


舞台に登場した僕の第一声は

「新興宗教の集会じゃん。『ともだち』じゃん!」

です。

image




写真撮影は禁止だったのですが、
「せっかく、こんな雰囲気だし、トークショーの前に教祖っぽく写真を撮ろう!」
と盛り上がり、撮った写真がコチラ。
image


伊勢谷友介を意識したオールバックも相まってか、実に教祖っぽく、少しムーディー勝山っぽいです。


お客さんが、この写真をSNSにアップしたところ、右から左へ受け流さないのが、2ちゃんねらーの皆様。
「キンコン西野」でエゴサーチをかけたところ(2~3時間おきにエゴサーチをかける私)、タイムラインを埋めつくした投稿がコチラ。
image

image



いただいたぁぁ!!

これは使えるぞぉぉ!!
image



さっそく、クラウドファンディングのリターンで、こんなものを用意しました。


・・・・・・・
【限定100名】

『キンコン西野の完全に怪しい交流会』
(※11月20日開催。子供は入場無料)
image

・・・・・・・

おかげさまで、
『2ちゃんねらーの正しい使い方』
という完全にムカつくタイトルを付けることができたので、このブログ記事は、そこそこの人数に届くことでしょう。


クラウドファンディングの支援者数歴代1位は2ちゃんねらーの皆様の力も使って、完全に狙いにいきます。

「なんで『1位』にこだわるか」って?

ニュースにする為です。

「なんでニュースになりたいか」って?

えんとつ町のプペル』を一人でも多くの人に届ける為です。

image


僕は、この作品の親なので育児放棄はしません。
一生懸命育てます。



11月20日は『キンコン西野の完全に怪しすぎる交流会』でお待ちしております。
イベントに参加される方はコチラ↓

キングコング西野の個展『えんとつ町のプペル展』を入場無料で開催したい
image





































↑このページのトップへ